人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

サカイヨシノリちゃん

命ーサカイヨシノリちゃん

新型コロナウィルスの話でネットも世間ももちきりだ。家に居てネットサーフィンをしていたら、「空席に座る子」というサイトに出会った。
若い夫婦(といっても20代後半)が病気で幼児を失い、その傷を互いに癒えないまま憎しみあっているという間柄で起きたことを報告した記事。その夫婦は和解しようと、その子供が生前行きたがっていたディズニーランドへ出かけて、園内のレストランで亡き子供をまじえて食事を取ることになっていた。二人だったが、4人掛けのテーブルを予約していた。二人で座った。店内は混んできて、店員から席を替わってほしいと懇願される。生真面目な父親は実は昨年亡くなった子供の命日で、出来たらここで祝いたいと申し出る。事情を聴いた店員は謝って退いた。その後、二人の元に3人分の料理が届く。一つはお子様ランチ。そして突如バースデイソングが鳴って、サプライズのケーキが夫婦のテーブルに運ばれてきた。我が子の死後、ギスギスしていた(離婚を覚悟していた)夫婦は言葉を失い、居るはずもない愛児の席に幻がパパとママに向かって呼びかける。という「tearjerking物語(お涙頂戴)」だ。
 分かっていたけど思わず泣いた。サカイヨシノリちゃんの両親と兄の思いを60年経て想起したのだ。
  私は車の運転が出来ない。免許は一発でパスしたが、いざ路上に出ると体が強ばってしまうのだ。だから免許は70歳のときに返上したが、50年間に3回しかハンドルを握っていない。
中学校1年の春、私は交通事故を目撃した。ちょうど中学へ進学する直前の春休みで、友達と疎水のほとりで木片を船に見立ててレースをやっていた。そこへ元気のいい幼稚園生が3人ほどやって来て、このレースをしばらく見物していた。着ているスモックはグレイでキリスト幼稚園の子供らだなと気づいた。小川の流れは意外に急で木片は土手のあちこちにぶつかりながら下流へ流れて行った。「ああ面白かった」といって、ヨシノリちゃんらは帰って行った。10㍍ほど先の国道8号線に向かって走っていった。私は立ち上がって、その方向を見送っていた。先頭のヨシノリちゃんが横断しようとしたとき、下手から走ってきたダンプカーが襲いかかった。園児の小さな体をオオカミのような獰猛な口がヨシノリちゃんを飲み込みそして吐き出した。その瞬間がスローモーションとなって目に焼き付く。ヨシノリちゃんは背中をこちらに向けてポーンと弾き飛ばされた。一瞬何が起きたか混乱した。恐怖はなくむしろ驚異だった。だが、すぐにその場面は私のトラウマとなった。その後何度も悪夢を見るようになる。そして、数年後、自動車学校に通って車の運転を始めたとき、ハンドルを握ると言い知れない恐怖で脂汗が出た。
 1年経った頃、私はわたしの両親が通うキリスト教会の礼拝に出た。そこは幼稚園も経営していて、その教室を抜けて礼拝堂に行こうとしていた。そこで真新しいオルガンが設置されていることに気づいた。なにげにオルガンの鍵盤を見ると、譜面立ての下に何かが書かれていた。「寄贈サカイヨシノリ」とあった。電撃が走った。
 事故を見た恐怖、ヨシノリちゃんの悲劇は頭にこびりついていたが、御両親の悲しみなどまったく考えたことがなかった。しかし、そのオルガンを見たときどれほど父上と母上そしてお兄さんはどれほどヨシノリちゃんを愛していて、その喪失が苦しく悲しかったかを一瞬にして知った。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-04-08 23:49 | Comments(0)

ケータイの紛失―老い先の運命か

ケータイの紛失―老い先の運命か

 昨日の午前から正午にかけてケータイが行方不明になった。午前中まで電話をかけていた記憶があると思うが、どうもそれは一昨日の午前だったと家人は言う。なくしたのは一昨日の夜半の酩酊のときに目黒駅前の酒場もしくは路上で紛失したのではというのが外部の見立て。私個人の主観は昨日の午前まで枕元にあって充電していたはずと認識するのだが、客観情勢はどうも分が悪い。最近、記憶の把握がやばい。出来事の順序や物事の生起が逆転したりするのだ。おまけに記憶の出来事そのものの印象はあるが、その日時や場所などのディテールがおぼろになりつつある。つまり記憶のエッジが溶けてきている。これも古希を越えての老いの道かと思うが、周囲に言わせると昔からではないかという。
ケータイ紛失はこれで4度目だ。最初は梶原一騎未亡人の取材で訪れた練馬の原っぱで紛失。これは発見できず、番号を変更して新しいのを購入した。次は8年ほど前に訪ねたタイのチェンマイの空港だ。税関を通るとき、タイ側にケータイを置いたまま通過。周章てて引き返そうとおもうと停止を命ぜられ、それを取り返すには再入国が必要だと警告された。飛行機の出発時間も迫っていたので、次に来るときに奪還しようと泣く泣く諦めた。そのリベンジと思いつつ時は流れ、そのケータイも流れた。
3番目の紛失は何があったか失念したが、これもやはり番号変更して新しいスマホにした。買い換えたのが昨年の11月だから、まだ半年も経っていないのにまた紛失したのだ。自分の馬鹿さ加減に呆れる。とにかく一つのことに想念が集中すると、他がぽかーんと脱けるのだ。だからこれは老いの惚けでもなく元来の私の資質らしい。あほらしい。
:::
といって、洗濯機に放り込んでいたものを取り出して干そうと思ったら、靴下の片一方がない。洗濯機の水槽にも、風呂場の前にも、ベランダの干し場にもない。さっきまであった靴下の片方が行方知れず。こりゃあ、「神隠し」のたぐいが悪さをしておるんかのお。話はずれるが、季語で「桜かくし」というのがある。桜の花の季節に、季節違いの降る雪を指すという。ついでにお金をかくすのもある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-02-19 20:57 | Comments(0)

寒さきびしき句会かな

寒さきびしき句会かな

今年最初の句会が白金で行われ参加した。名門の社中ゆえ出句の一つ一つに厳しい目が注がれる。当日3句提出の義務はなかなか気が重いものがある。
だが昨年末以来、ずっと舌頭千転を繰り返して形にした3句を恐る恐る出してみた。豈はからんや、そのうちの一句は3票も入った。この日最高位は4票だから新人としてはかなり高い評価を頂いた。その句とは。
そのかみに彫(え)りしキトラの冬の星
20年前にスクープしたキトラ古墳内の天文図を詠んだ句だ。下のフレーズ、“キトラの冬の星”の調べがよいと評価された。発掘調査が行われたのもこの日のような大寒の厳しい日であった。おおぜいの関係者が見守るなかで、ファイバースコープが天井の天文図を捉えたときはまことに感動した。1000年も前に彫られたとは思えないあざやかな星群が楽し気に輝いた瞬間は今も眼裏に焼き付いている。
ビギナーズラックか、他の2句にも選が入った。
靴下の行方不知火肥後の海(くつしたのゆくえしらぬいひごのうみ)
調べは悪くないが季語がないのが画竜点睛を欠いたと減点された。靴下はてっきり冬の季語と勘違いしていたのだ。
荒星や地平すれすれ瞬くも
提出句は「地平すれすれに」字余りだったが、削ったほうがいいと満座の意見に沿って訂正。

この日の会で最高句になったのは次の句。
一椀の白湯におさまる淑気かな
見事な造形だ。“おさまる”が効いている。白湯(さゆ)も含めて字面もいい。私はこういう志向ではないが、鍛錬を経た人の技を見た。この句会では勉強になる言葉が飛び交う。本日も、「俳句は調べが命」石田波郷とか「女の心は煮凝(にこご)り」などメモしたくなる言葉が華麗に舞った。
# by yamato-y | 2020-01-27 21:46 | Comments(0)

日本のSFの巨匠のひとり

日本SFのレゲンデ

本日は寒さも少し緩み、青空が見えた。はるばる護国寺まで行った。講談社のある町だ。その音羽の町内にSF作家で評論家の石川喬司さんが住んでいる。今年90歳になられる。日本SF界の草分けである。あの1963年に日本SF作家クラブが創設されたときのメンバーの一人。そこに小松左京、星新一らに混じって大伴昌司がいた。私は大伴の番組を作った縁から石川さんと知り合い、その後長く交流してきた。ところが、10年ほど前から石川さんは現役を退き、なかなかお会いする機会が減っていった。でも講談社に用事があるときなど、途中で会いに行った。「もうすっかりボケてね」と口癖のように言うのだが、話を聞き出すと、昭和60年代のSF界の出来事を克明に語るのだ。あの小松左京や星、さらに筒井康隆などの巨匠たちの伝説がよみがえる。思いがけない文壇のエピソードなどを聞いて胸を轟かせた。この僥倖を味わいたくて、私は石川さんをときどき訪ねてきた。
「今起きたばかりでね」と照れながら現れた先生。私の顔をしげしげと見て、「いやあいい顔になったね。頼もしいよ、こんな男性になって」と思いがけない言葉をかけてくださった。自分らの世代はほとんど昇天した。憎まれ口をきく相手もいない。しかし、2世代下のあなたらはまだ現役。しかも表現することを50年近くやってきて実績もある。そういうものが相まっていい顔を作り出したんだよ、と先生は褒めてくださった。照れくさいし、そんなはずはないと否定したが、石川さんは嬉しそうに私の顔を正面からじっと見てくださった。「ぼくは小説家だから嘘はいわないよ」と矛盾した言葉を発する先生。だって、作家は「嘘」を書くではないか。それが仕事だろうと内心思ったものの、誉め言葉が気持ちよくて、つい私も顔がほころんだ。なんだか、隠居の先生を励ましに行って、逆に先生に生きる意欲を賦活された気分だ。
# by yamato-y | 2020-01-24 22:48 | Comments(1)

6回目の年男となり

6回目の年男となり

今日で6回目の年男となった。なんと72歳。まさかここまで「長生き」するとは思わなかった。亡父が71で昇天したから自分もせいぜいそれぐらいだろうと思っていたが、なんと本日誕生日を迎えて、その禁忌を破ることになった。複雑な心境だ。
団塊の世代として、生きてきた青春、働き盛り、の時代は躍動に満ちていて楽しくかつ苦しいつまり楽苦しい人生で悔いなどなかった。むろん辛いことや悲しいこともあったが、過ぎてみればそれもあっての人生と振り返ることができるポジティブなものであった。
だが仕事が消滅するにつれ生きる意味がすこしずつ希薄になっている。日本の国も世界の経済もなんだか先行きが暗い。あまりこれからは見たいものがない。平知盛ではないが「見るべきほどのことは見つ」の心境が最近だった。
 何か、こうしたいという意欲が湧かなかった。だからブログを書くこともなかった。本日は自分にとっても特別の日だから、すこし奮い立たせようと思って、パソコンに向かった。
 まったく柄にもないのだが、ここ1,2年クラシックにひかれる。まったく無縁できたが、大江光、若林暢を通して知ったクラシック音楽が私を安心させてくれる。今、惹かれてやまないのはベートヴェンの「悲愴」。こんな音の流れがなぜこれほど身に染みて、人の生きてきた道を振り返らせることができるのだろうか。とにかく、今日中に何かを刻んでおきたいと思って書いたブログ。
 荒星や地平すれすれの瞬き
# by yamato-y | 2020-01-19 23:16 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧