人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

花房山たより4号

花房山たより4号

昨年、インバウンドで最高に伸張した航空産業。COVID-19のおかげで2月から運航が激減し、現在は国際便の8割ほどが周航を停止している。昨年並みに戻るのにあと4年かかると言われている。空港は人影は消え、こころなしか照明も薄暗い。落ち込んでいると思いきや、新しい業態を目指して航空各社がさまざまな試みを始めていた。座席の密度を減らす策として3席の真ん中のシートを反対向きにして密接の度合いを下げる。そして境界にはアクリルの透明パーティションが建てられる。東南アジアの航空会社は客室乗務員は医療従事者と同じような完全防護服で接客するという。これまでのキャビンアテンダントのイメージとおよそ遠いものだが、ニューノーマルはこんなふうにして新しいフェーズを準備していくのかもしれない。

 今夜のNスペは「世界同時ドキュメント 私たちの闘い」は世界各地で起きたCOVID-19禍を現地の当事者たちが撮影したスマホ動画を使って構成されていた。海外取材どころか国内取材も県域に制限されているなかで、撮影ができないという苦難を乗り越える一つの試みとして興味深かった。むろん素人が撮影しているから、細切れの映像だがそれをオムニバス風にして、一つ一つのシークエンスを成り立たせていた。難しい編集だが、味のある作品に仕上がっていた。
 実は、わがチームもそれと同じことを目論見て、イタリアのロックダウンの苦難を描くつもりでリサーチを開始していたし、企画を提案したのだが、どうもイタリアのみの主題が今夜のNスペよりスケールが小さく見えたのかもしれない。だが、物語性はむしろ当方の方が豊かだと自負する。もう少し積極的に売りこみを掛けるつもりだ。トスカーナがなぜ最小の被害で済んだか、その"奇跡の軌跡"をたどろうというものだ。

 高輪ゲートウェイ新駅は、泉岳寺の真ん前にある。品川海岸の段丘が高輪台地で、尾根伝いに家々が並ぶ。おそらく新駅は今年のオリンピックに合わせて開発をしていたのだが、延期やコロナでややゆっくりと進められている。ここは交通が便利にも拘わらずそれほど大きな賑わいがなかったが、このあとブレイクしそうな地の利だなと愚考する。港区の高輪、三田、麻布、には大使館がたくさんあって、暮らしがハイソで垢抜けた店舗が多いのが特徴。成城や田園調布の匂いがする。JRを挟んで海側はまったくまだ開発されていない。目ざといAPAホテルが入り込んではいたが。
 それにしても赤穂浪士の泉岳寺はなかなか趣がある。12月以外は混雑もなく江戸の御代を味わうには悪くない。今、紫陽花が薄紫の花額をつけていた。

 武士(もののふ)のあはれや梅雨入り泉岳寺






来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-05-31 23:18 | Comments(0)

花房山たより2号

血は立ったまま眠っている-緊急事態宣言解除から3日

新型コロナウィルス拡大による緊急事態宣言が4月16日になされてからおよそ一月、5月25日に解除された。水中で呼吸を止めていて水面に出て大きく息を吸ったような開放感を得た。これで一息つけると安堵したのも束の間、28日になって北九州市感染の第2波が起きているらしいという情報が入った。やはりかと苦いものがこみ上げ憂鬱になる。ウィルスという原始生物は途轍もなく手強い。自分の細胞すら持たない極小生物のくせにどこに悪巧みする“知性”があるのだろうか。
自粛の間、体力低下を防ぐため夜間にウォーキング10000を心がけた。出来るだけ人のいない地域を通って、目黒の我が家から四方1万歩の地域を回遊した。Aコース:目黒→恵比寿→広尾→西麻布→麻布十番。Bコース目黒→白金→高輪→ゲートウェイ→泉岳寺→三田。Cコース目黒→五反田→不動前→林試の森→武蔵小山→環7。Dコース目黒→目黒川→中目黒→代官山→神泉。このコースを往復するとだいたい12000~14000歩になる。1時間40分ほど。4月26日から5月28日まで、休んだのは2日だけ。総歩数404972歩。4000歩で3.2キロ行くから323キロほど歩いたことになる。東京から大津ぐらいまでか。

本日は目黒から白金台を抜けて四の橋から南麻布に入り仙台坂を下りて麻布十番を目指したが途中から激しい雨に降られ、仙台坂上で方向転換して有栖川宮公園に向かった。そこまで行けばバス道に出られるし、目黒駅行きのバスが走っているからだ。たいがいのことではバス電車には乗らないと決めているが、さすがにTシャツはずぶ濡れでこのまま1時間雨中にあれば風邪をひくなと警戒した。驟雨で街角から人が消え、額咲きの紫陽花が可憐で美しかった。
目黒の駅前でなじみの居酒屋で熱燗を飲んで体を暖め、もつ鍋で精気を入れた。

飲食店はかなり店が開いたが、大型書店は依然閉鎖のまま。代官山ツタヤは昨日からオープンしていた。久しぶりに新刊書を目にしたが、あまり心に響かない。
コーヒースタンドでは隣との間仕切り透明スクリーンが設置され、食堂へ行っても一席ごとに間を空けて座る。スーパーへ行けば、レジ前のビニールカーテン。至るところでソーシャルディスタンスが実行されている。半年前はインバウンドの外国人が目にとまったが、今は対人距離装置ばかり目につく。
ふと山小屋を思い出した。白山の山頂にあった山小屋で雑魚寝したこと。まるでオイルサーデンのようにぎっしりと詰められて眠った50年以上前の出来事はまるで夢のようだ。






来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-05-28 23:17 | Comments(0)

花房山たより 1号

花房山だより 1号
2020年5月23日、コロナ事態を受けて、日々聞き込んだ市井の話を書き残すことにする。昨夜(22日)のクロ-ズアップ現代で、精神医学者で作家の斎藤環が記録することの重要さを100年前のスペイン風邪を通して語っているのを聞いて、まったくその通りだと思った。およそ5000万人がスペイン風邪で犠牲になったにも関わらず、その記録は驚くほど残っていない。終息と同時に正視できないほどの傷を負った人類はそれを忘れようとしたのだろう。うっかり忘れたわけではない。思い出したくなかったのだ。その気持ちは理解できるが、今度のコロナは人類の苦い体験として苦しくとも残すべきだと斎藤は語っていた。

昨夜、右下の奥歯が痛んだ。激痛に耐え兼ね渋谷の歯科医の予約をとった。午前中に定期診断の神田小川町のクリニックで胃の経過観察を受けることが入っていたので、スケジュールをやりくりして、午後一番に歯科のアポを取った。一日に2つの医療施設を廻ることになったのだ。そして全歩数は16364歩となる。

 小川町ではスポーツ衣料品店は軒並みシャッターを下ろし、飲食店も地下鉄駅周辺しか店を開けていない。朝が早かったのかもしれないが、古書街がひっそりとしていることが気になった。新刊本屋も2割以上売り上げを下げているとか。中国製品で店の棚を埋めていたスポーツ店もどんどん店仕舞いするのではないかと噂されていた。小ぬか雨が降って肌寒い。コロナ冷えとでも呼びたかった。

 午後、雨があがった。日が射すと蒸し暑くなった。渋谷神山町の歯科医に行く。センター街は閉まった店が多いが、繁華街から少し外れオフィス街に入ると、意外に10余りの飲食店が開いていた。店頭にテイクアウトの弁当を並べている。価格は850円から1200円まで。持ち帰りにしては値が高い。コンビニ弁当なら500から700円ですむのにと、恨めしく思う。
 有名なフランス料理店の店頭販売をちら見したら、サラダとドレッシングをセットで売っていたので、450円で購入。帰って家で食すとドレッシングが抜群に旨い。さすが三ツ星レストランと感心した。奮発して特売していたルーマニアの白ワインも買っておけば良かったと、悔やむ。

 M歯科では厳重な感染防止の態勢になっていた。この医院のいいのは従業員はおらず先生一人でやっていること。だが現在は院内の除染まで仕事が広がってやや草臥れている。土足は厳禁でドアの外でスリッパに履き替える。医師はけっして正面には向き合わない。飛沫感染を互いに避けるためだ。いつも陽気なM先生も趣味の渓流釣りが出来ないとショゲていた。奥会津の只見川に行きたいが、県外ナンバーで出かけると自粛ポリスに罰せられそうで怖いとこぼしていた。歯痛の原因は虫歯でなく歯周病だと診断された。お迎えも近いのに、高い金で歯を治療するのも馬鹿馬鹿しい、それなりの痛み止めで結構と開き直ったものの、やはり痛みで夜眠れないのは嫌だということで、ドリル(削岩機)の刑も甘んじて受ける。

 日伊ハーフの女性プロデューサーがいる。ボローニヤの大学を卒業後に来日して、映像活動を始めた。出身地のミラノにはおおぜいの幼馴染がいるということでフェイスブックを通して、イタリアの封鎖の状況を友人たち10名以上に取材してもらった。一応、イタリアは5月初旬にロックダウンを終えたのだが、けっして平穏な日常に戻ったわけでないらしい。厳しい実態がいくつか見えてきた。
 日本の自粛と違って、イタリアの封鎖は家からの外出は厳禁で、戸外どころかマンションの廊下にも出られない。一週間に一度だけ家族の中のひとりが食材生活必需品を買うときだけ時間制限で許可が出る。破ると400€の罰金と軍隊警察の厳しい注意を受けるというのだ。住人は疑心暗鬼になり、互いに行動をチェックして、ついには密告のような陰湿な行為も現れたと嘆く声があった。

 医療崩壊はすさまじく、病院へ行って診察を受けたいと願っても、順番がなかなか回って来ないということで老人たちは家に閉じこもり、きちんとした治療を受けられないまま死んでいくケースもかなりあったという。現在イタリアのコロナ犠牲者は28000人となっているが、実際にはコロナ直接ではないが、その巻き添えで亡くなった、いわゆるコロナ犠牲者を含めると49000人に登ると噂されている。

 そこで小川町の検診クリニックへ話が戻る。主治医のN先生はこんなことをもらした。
「今回の騒動で、あらためて災害弱者の存在が浮き彫りになった。普段は検診で指摘されても、糖尿病が少しあってとか血圧が高くってとかいって適当に考えていた人たちは、ことが起きれば犠牲になりやすいということが分かったはず」 トリアージュ(患者選択)の際にはこういう持病のある人は一般病院に廻されて、助かる可能性のある無病、若年を優先して人工肺などの処置を施すことになる。持病のある者は治療の対象から外されやすいというのだ。こういう存在を災害弱者と呼んでいるとN医師は深刻な顔つきで話してくれた。

 これだけたくさんのメディアや開放性が担保された表現が増えたというのに、流言飛語が甚だしい量で飛び交っている。市民は何を信じて何を警戒するのか分からない。自らの知性を信じて、ひとつひとつ吟味してかつ他者の評価などを参考にして自己判断する以外ない。あの太平洋戦争のさなか軍部の暴走に隷従してプロパガンダで民衆を巻き込んだマスコミ(新聞、ラジオ)。その渦の中にあって、永井荷風は自らの欲望と美意識と文学への渇仰に指針を見出し、正気を保ったという。いささか美談めくが、この逸話は忘れがたい。

追記 花房山由来 :目黒駅西口からほど近くにわが家がある。花房山と呼ばれる小高い丘で、坂を下ってゆくと五反田に至る。隣は池田山。姫路城主池田候の屋敷があったそうな。このあたり旧大名の下屋敷が軒を連ねた江戸郊外だった。花房もそういう候の一人。
 藤の花 房は切られて黄泉(よみ)の国





来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-05-24 22:59 | Comments(0)

飛騨の友人へ

飛騨の友人、T君へ

 50年前に金沢の大学に入って友人になったT君がいる。彼は飛騨高山の出身で、文学と音楽が好きなこともあってすぐ友人になった。サントリーレッドを呑みながら夜通し人生論や文学論を語った仲だ。
卒業後、道はそれぞれ違ったが、薄く淡く交流は続けてきた。今となっては数少ない故友だ。
 本日、飛騨地方で数回地震が起きた。地震お見舞いのつもりでメールを書いたら、とんでもない文章となった。こんなSFみたいなことを俺はずっと思っていたんだと知って、自分でも吃驚した。
 ***
 Tくんへ
おーい、地震が頻発しているようだがダイジョウブか。飛騨と信州の国境で起きているようだな。おそらく大事には至らないとは思うが、用心するに越したことはない。
世界的には新型ウィルスで、国内にあっては自然災害の到来と、我らの人生の終盤で終末論的なことが立て続けに起きている。戦後70年、人類は少しズに乗っていたな。この地球という乗り物は人間の独占物のように考えてきた。鳥類も魚類も植物も鉱物もすべて人間に与えられた果実だと誤解してきた。よく考えればそんなはずはない。地球の歴史46億年のうち、生物が出現したのが5億年前。恐竜がのさばっていたのが1億年前。ヒマラヤが造成されたのが4500万年前。類人猿が現れたのが2500万年前。ヒトが姿を現したのがおよそ700万年前と言われている。そこから人間にとっては気の遠くなるなるような時間として650万年が流れて北京原人が出て来た。そして3万年前にネアンデルタール人が滅亡して、1万6500年前に青森にヒトが居た痕跡がある。この頃は日本海が出来て日本列島になっていた。おそらく北方から南方から大陸から太平洋の対岸からいろいろな人種民族が長い時間をかけてやって来たのだろう。富士山は爆発を起こし火を噴いていた。信州の火山群も現役だったはずだ。列島の海沿いにヒトは住んだ。人種民族は交配を続けて「日本人」を形成していた。この頃まで新型コロナウィルスも森に住む獣や鳥を宿主として人間の近いところに棲息していたのかもしれない。
お見舞いのつもりでこのメールを書き始めたが、俺の関心がすこし外れはじめたようだ。すまん。でも前から気になっていたことをここに少し書く。
「日本人」がある程度たまり始めた後に、「ヒダ人」は遅れてこの島にたどり着いたのではないか。かれらは先住のヒトよりも進んだ文明をもっていた。しかも数も一桁二桁多い集団で、他とも交わることもしないでも生き延びる知恵を持っていた。海浜は先住が占拠していたので、山間に入った。進んだ文明というのは道具を作ったりそれを活用して住居を構築したりする文化のこと。これがわずか5千年前のことだと推定する。もしT君の家が先祖伝来そこに住んでいたとすれば、ヒダ人だ。俺は父が白山麓の山中出身だから距離的にはそれほど遠くないが、おそらくまったく交流のない種族だったろう。この両者が出会うのは50年前に俺たちが大学で遭遇したことで始まる。おそらく俺の町で俺以前に飛騨と交流をもつものはいなかった。たった50年の間に、人間はすべてを制服しすべて知ったつもりでいた。人類3000年は、この50年に指数関数的なスピードで急進展した。地球の陸地はすべて踏破し開発し、森を殺し川や海を汚した。地球の環境すら危うくさせることとなった。森の奥に追い詰められたウィルスはもはや逃げ場を失い、人間に牙をむいたのだ。
# by yamato-y | 2020-05-19 23:54 | Comments(0)

24時

24時

4年前にこのブログに書いた「E君」という記事を読み返した。68歳のときに書いたものだ。
江口は神戸に生まれ神戸で生きてきた。大学時代だけ金沢に住み、そこで私と出会った。業界新聞の記者として関西で活躍した。1995年に阪神淡路大震災に遭遇する。そこから20年経ったと長い手紙を送ってきた。来し方を見つめ恬淡と述べてあったが、最後の段落で数年前に癌を患い、いままた網膜剥離という「眼」を病んでいるという言葉が気になった。そこで、高山に住む谷口に声をかけて神戸に会いに行った。40年ぶりに再会を果たした。江口は大きくやつれていた。半年後に訃報を聞いた。
 江口の手紙をもらったときに書いた「E君」に、私は自分の年齢を3で割って、22・66666という数字を書き残している。人生年表を午前0時に生まれ24時に終わりとすれば、そのとき私らは午後10時半過ぎにいるということをたしかめた。だが江口は午後11時をむかえる前に死んだ。少し早いよ。
そして今、私は72。3で割ると24と出た。――そうか、ノーサイドの時刻を迎えていたのだ。感傷ではなくその数字をじっと見つめる。
うどんを食い、どんぶりを横に置いて、ベッドのそばでパソコンを打っている。シーツを取り換えに来た家人がどんぶりを見て、出しっぱなしにして、だらしない。早く片付けろと悪態をつく。




来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
# by yamato-y | 2020-04-10 10:00 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧