定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

冬のソナタクイズ③

 冬のソナタクイズ③

前回のクイズ分かりましたか。答えを発表します。その前に、もう一度問題のおさらいです。
 
第2問 ▲人気投票20位  第2話「はかない恋」のあるシーンです。
放送部の仲間と行ったキャンプ。そこでユジンは道に迷いました。そしてチュンサンが助けにきます。その帰り道。チュンサンは「ポラリスだけは絶対動かない。いつも北の空に輝いている」とユジンに語ります。このポラリスの話をするとき、マフラーを巻いていたのは誰でしょう。
(問題)ポラリスの話しをする時のふたり。マフラーはどうなっていた?
1、 ユジンだけがマフラーをしていた。
2、 チュンサンだけがマフラーをしていた。
3、 ふたりともマフラーをしていた。
 さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。






正解は、1。ユジンだけがマフラーをしていた。

次の問題です。
第3問 ▲ 第6話「忘却」の切ないシーンからです。
酒に酔ったユジンが、ミニョンをチュンサンと勘違いする場面。目をさましたユジンは、ミニョンに抱きつきます。抱きつくユジンに、ミニョンは何と言ったでしょうか?
(問題) 抱きつくユジンに、ミニョンは何と言った?
1、 そんなに僕に会いたかった?
2、 やっぱり、そうか。
3、 僕だって会いたかったよ
さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-02 17:49 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

世界わが心の旅

 世界わが心の旅

「世界わが心の旅」というシリーズを作ったことがある。番組のテーマ音楽はむせび泣くようなヴァイオリンの切ない曲で、一度聞いたら忘れられない名曲だった。今も、衛星第2の午前中に再放送しているから、「名曲だった」と過去形で語るにはまだ早いかもしれない。
 著名人が世界の各地に飛び、その地にまつわる自分を語るという旅ドキュメンタリーだ。1993年に始まり2003年まであしかけ10年続いた、衛星放送の看板番組だった。私は後半の1年余りを担当した。実際に現地まで出かけて撮影し編集まで関わったものから、編集に関わっただけのものまでおよそ20本制作した。
 実際に旅に立ち会った作品は、オノヨーコとノルウェー、葉祥明とアッシジ、太田治子とオランダ、檀ふみとニューヨーク、堀江謙一とサンフランシスコ、などである。
 かつて海外渡航ブームで日本人が世界に出かけた頃、この番組は大いに受けた。この数年の不景気で海外熱もやや冷めた観がある。番組が終了したのも当然かもしれないが、この番組がもっていたエネルギーは、私自身にとっても大きな力を与えてくれた。作品回顧とは別に、折に触れて「世界わが心の旅」のエピソードを語っていこうと思う。

 檀ふみさんとニューヨークを訪ねたのは冬だった。かの地の寒さは東京に比べて圧倒的に厳しい。ダウンタウンを数分歩いただけでも寒気が体全体を包囲する、そんなかんじだった。ふみさんの旅はお父さんの足跡を辿る旅。父、檀一雄は「火宅の人」で知られる無頼派の作家。本当は太宰治らと文学を追求する真摯な作家だ。戦後流行作家として活躍する。実生活は文字通り火宅の人だった。というよりも人生を振り返ると、それは火宅――家がドタバタで混乱すること――以外なにものでもないと自己認識したのではないだろうか。
檀はある女優と恋に落ちる。ふみさんたち家族の元から愛人宅に通いつづけついには同棲するまでとなっていた。だが、ふみさんたち兄弟姉妹にはいい父だった。
 やがて檀は女と別れ、家族を残して世界旅行に旅立つ。最初がアメリカで、ニューヨークでは長い逗留となった。彼は自殺未遂を起こす。顛末は小説「火宅の人」に書いてある。番組はこの出来事をふみさんが現地でみつめる旅としたのだ。
 当初、檀一雄を世話したユダヤ人の秘書が出演してくれる予定であったが、高齢で体調がはかばかしくないという理由で断られた。予定が狂った。さあ困った。大事な証言者がいないのでは番組の骨格が崩れる。あれこれ考えジタバタ動いた。ますます混乱する。
 ディレクターと私は知恵を振り絞った。挙句、檀が自殺騒ぎを起こしたホテルの一室にふみさんを「押し込めて」自分と父檀一雄のことを深く見つめてくださいと、引導を渡した。ひどい話だ。さすがにふみさんも眉を少しひそめたが、わかりましたと言って「火宅の人」1冊をもって部屋に閉じこもった。
 翌日、部屋を訪れてカメラを向けたとき、ふみさんは実にすっきりした顔で、父の気持ちが少し分かった気がすると話し始めた。その話は感動的だった。むろん、この朝の撮影の数日前から檀の足跡をたどってニューヨークをふみさんが歩いたこともあって檀の動きを把握したからだろうか、ふみさんは檀の当時の苦悩をよく把握した。共感を示した。そして父と太宰の関係をてがかりに檀一雄の文学と正面から切りこんだのだ。
父のことを語るふみさんの表情は懐かしさにあふれていた。この時のサブタイトルは「父よ、ニューヨークの悲しみよ」。
今も時折ブラウン管で見るふみさんはケラケラ笑う明るい女優で、ニューヨークのあの表情とは格段に違う。でも父のことを語るふみさんは凛として美しかった。
私は檀一雄の最期の句を、今頃になると思い出す。もがり笛とは木枯らしのこと。花とはむろん桜のことだろう。
  もがり笛 いく夜もがらせ 花に逢わん
この句の碑は、檀一雄ゆかりの福岡の能古島に立っている。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-02 15:02 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(2)

冬のソナタクイズ②

 冬のソナタクイズ②

 さあ、前回のクイズ分かりましたか。ここで、もう一度問題のおさらいです。
 
第1問 ▲人気投票第28位   1話「出会い」より
(映像)
  高校時代、チュンサンがユジンの前でピアノを奏でる名場面からの問題です。
  チュンサンがピアノを弾けることにユジンは驚きました。
  この時、チュンサンは驚くユジンに何と言ったでしょう?
(問題) 驚くユジンに、チュンサンは何と言った?
1、 弾けないわけじゃない
2、 弾けないなんて言っていない
3、 これくらいなら弾けるうちに入らない

 正解は、2番。「弾けないなんて言っていない」でした。


次の問題です。
第2問 ▲人気投票20位だった名場面からの問題です。
第2話「はかない恋」のあるシーンです。
(映像)放送部の仲間と行ったキャンプ。そこでユジンは道に迷いました。そしてチュンサンが助けにきます。その帰り道。
チュンサンは「ポラリスだけは絶対動かない。いつも北の空に輝いている」とユジンに語ります。
このポラリスの話をするとき、マフラーを巻いていたのは誰でしょう。

(問題)ポラリスの話しをする時のふたり。マフラーはどうなっていた?
1、 ユジンだけがマフラーをしていた。
2、 チュンサンだけがマフラーをしていた。
3、 ふたりともマフラーをしていた。
 さあ、正解は1、2、3、のどれでしょう。


人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-01 17:32 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

冬のソナタクイズ①

 冬のソナタクイズ①

 「冬のソナタ」のグランドフィナーレを三千人のソナチアンと共に開いたときのことです。
何かソナチアンの情熱を表現したいと考えました。どの人もドラマの知識は半端ではありません。このことをクイズで表せないかと考えました。スタッフ全員が頭をひねって30個ほど作り上げたのです。実際会場で使用されたのは10個ほど。さらに放送されたのは5個ほどでした。結局オクラに入って陽の目をみなかったクイズがたくさんあります。なんかそのクイズたちが可哀想でいつか世に出したいなあと、自分の制作ノートにメモしておきました。
ある時、ユン監督に見せたら、自分も知らなかったことがたくさんあるねと、驚いていました。それをこれから順に紹介しようと思います。
ルールは、最初にその問いを紹介します。答えは翌日か次回に発表します。と同時にそこで次の問いもさらに紹介しておくという、チェーン化したクイズ形式にします。
 ちなみに、すべて冬のソナタの画面から出題したものですから、必ず第何話にあるかを銘記しておきます。さらに、それは人気投票の第何位かも書いておきましょう。

第1問 ▲人気投票第28位   1話「出会い」より
(映像)
  高校時代、チュンサンがユジンの前でピアノを奏でる名場面からの問題です。
  チュンサンがピアノを弾けることにユジンは驚きました。
  この時、チュンサンは驚くユジンに何と言ったでしょう?
(問題) 驚くユジンに、チュンサンは何と言った?
1、 弾けないわけじゃない
2、 弾けないなんて言っていない
3、 これくらいなら弾けるうちに入らない

 さあ、1か2か3か、どれでしょう。答えは次の回に。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-03-01 12:23 | 冬のソナタクイズ | Comments(0)

ブログコミュニケーション2

日米の違い

ITが苦手だ。先日古い携帯電話を写メール付きの新しい型に変えたがいまだに電話をかけることと受けることしかできない。着信者に返事する方法を知らない。情けない。
 その私がブログを始めたのだから、友人たちに言わせれば「驚天動地」のことだ。だがこのブログの操作は実に簡単に出来ている。文章を書くだけでレイオウトはしっかりシステムがやってくれる。それだけ基本設計が周到綿密になされたということか。
 だが、まだ文字以外の機能を使いこなさせない。いただいたコメントに答えをつけることも、その都度若者に聞いてでなければできない。トラックバックと言う強力な技は知ってはいるが使ったことがない。いわんや写真を貼り付けることもできない。資料の写真は一杯あるのだが、まずパソコンに取り込むことがまだできない。何とか、1ヶ月以内に写真の技術をものして、このブログをもっと充実させたいと、本気で願っている。
今朝の朝日新聞にブログの日米における流通についての記事があった。それによると、めざましい勢いで世界的にブログの人口が増えているのだが、利用の仕方に日米の差があるという。日本のブログは身辺雑記の日常つづり型に対し、アメリカは言論発信型だという。イラク戦争に関する政府高官の発言をめぐって、全米のブログが論争を起こしたという。アメリカでは井戸端のおしゃべりでなくジャーナルな言論にブログはなりつつある。
一方、日本人は古来より日記文学というジャンルがあるほど身辺雑記が好きだ。特に「徒然草」から永井荷風「断腸亭日乗」まで隠棲をきめこんだ人間の作品を好んだ。
 私の「定年再出発」は隠棲の記録のつもりはないが、そうならないように自戒しよう。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-28 12:10 | ブログコミュニケーション | Comments(0)

冬のソナタの秘密7

初恋幻影

特番を作るために、「冬のソナタ」を見た人の手紙1万通余りを読んだことがある。
その中で、不思議に思ったことがある。
 特に中年の女性(40、50代)からの手紙に多かったのだが、このドラマを見ると若い頃のことが懐かしい、高校時代を思い出して胸がキューンとなったと書いているのだ。その数は百や二百でない、三桁以上の女性が書いている。こんなに大勢の人が純愛を体験しているのだと感心しながら、一方腑に落ちなかった。
 ある機会があって、何人かにインタビューした。「うらやましいですね、そんな体験をお持ちなんて」と尋ねると、「全然ありません」「そんなことはありませんでした」と答えるではないか。
 体験したことなどないのに、「冬のソナタ」を見続けているといつしか自分が体験したような気になるらしいのだ。私はそれを「初恋幻影」と呼ぶことにした。この傾向は圧倒的に年長の女性に多い。
 ある女性は自身を振り返って、こう分析している。
日本の女性は年々強くなり、仕事ではキャリアを求められ家庭では賢い妻、良い母を演じさせられてきた。気付かないうちに、胸の奥に哀しみやつらさをしまいこんで鎧(よろい)をきていた。誰からも褒められることもなく認められることもなかった。そんなときミニョンさんの笑顔を見ると肩の力が抜け、切ない場面で涙が滂沱と流れてくる。その涙は心の奥にたまっていたいろいろな想いを洗いながしてくれるのだ。…

 昨年4月、ぺ・ヨンジュン氏が来日したときの騒動を、マスコミはいい年をして女子高生のような黄色い声をあげてとからかっていた。年がいもなくのぼせあがってと冷笑を浴びせていた。
 彼女たちの心の背後に女性の置かれた苦しい立場を読み取った記事は皆無だった。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-27 20:47 | 冬のソナタの秘密 | Comments(1)

新しい番組を構想して

少年の日に

 早春が近づくと思い出す詩がある。

小道がみえる
白い橋もみえる
みんな
思い出の風景だ
然し私がいない
私は何処へ行ったのだ?
そして私の愛は


矢沢宰という21歳で亡くなった“少年”が書いた最後の詩だ。彼は腎臓結核のため入退院をくりかえし、三度高校復学を願っていた春3月に逝ったのだ。最後に書いた詩であるらしい。
今朝のように、夜来の雪もあがって融けた日は大気が澄んでいて陽光がまぶしい。乾いた道がひときわ白く見える。矛盾した言い方になるが、そんな道は現実というより心の中に浮かぶ道のように思える。――矢沢少年も末期の中で見ていた道。
彼が亡くなったのは昭和41年。私が大学に入った年だ。その翌年、出たばかりの詩集「光る砂漠」をプレゼントされて読んだ。同世代のあまりに早い死にその彼が書いた美しい詩に惹かれた。
 長くこの詩のことを忘れていた。定年をむかえて本を整理していて詩集を見つけ手に取り、そして思い出した。詩の美しさのみならず矢沢宰という人の美しい生き方にも心を奪われたことを。こんな生き方(死に方)をした日本人がいたということを若い人たちに伝えたい。番組にしたいと考えている。

人気blogランキング

c0048132_14354097.jpg

[PR]
# by yamato-y | 2005-02-27 12:46 | 新しい番組を構想して | Comments(0)

冬のソナタの秘密6

メロドラマ論のつづき

1943年頃公開されたアメリカ映画「深夜の告白」は殺人メラーと呼ばれた。メラーとはメロドラマのスラングだ。当時、アメリカ映画におけるメロドラマとは「アクション、冒険、スリル」を中心とする男性的な映画を意味したそうだ。(『映画/言説の文化社会学』岩波書店)
 その後、70年代に入って映画研究家の中でメロドラマはロマンスや家庭生活を中心とする女性的なジャンルと見られるようになった。
 メロドラマ「冬のソナタ」にもメラーの名残りがあることを知っているだろうか。崖にぶら下がるという意味の「クリフハンガー」のことだ。これは連続活劇をさす業界語だ。主人公が危機一髪というところで終わって、続きは次回作でということになる。そういう手口をハリウッドではクリフハンガーと呼んだそうだ。
 冬ソナは連続活劇ではないが、連続ドラマとしてその精神を受け継いでいる。心理的に「崖にぶら下がる」というシーンは必ず最後に出てくる。続きが気になってならないという思いにユン監督は引っ張っていくのだ。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-26 22:45 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)

ブログコミュニケーション

 

瓶(びん)の手紙

名も知らぬはるか彼方より流れ寄る瓶の手紙――ブログに書き込むことは、大海に手紙を入れた瓶を流すようなものだと思っていた。あてなどないが、何時か誰かが偶然流れ着いた瓶に気がつき、その中の手紙を読んでくれるようなことだろうと想像していた。
 ところが、ブログを始めてわずか10日足らずでこの「瓶の手紙」を読んでくださる人が300いると知って驚いた。気まぐれな手紙ではなく読者がいることを覚悟したメッセージを送り出すべきだと、自分を叱咤する。
 定年までの30余年間、放送という巨大だが顔の見えない視聴者と向き合ってきたが、このブログという手段はそういう限界をぶち破る可能性に満ちたものだということを実感する。


人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-26 22:42 | ブログコミュニケーション | Comments(2)

夏の香りチェック

 「夏の香り」チェック

 「夏の香り」の第7話まで見た。この作品は「秋の童話」に比べて、格段に「冬のソナタ」に似ている。
脚本家が同じだからかもしれないが、人間関係のとり方などあまりにも似ているので驚いた。これが「冬のソナタ」の前に作られていれば、「夏の香り」は冬ソナの練習作だったと考えるところだが実際は違う。冬ソナを終えてこの夏の香りにユンさんは取り組んだ。最後まで見ないと何とも言えないが、ユン監督はなぜ冬ソナと同列の作品を作ったのだろうか。

 「夏の香り」は「秋の童話」に比して悪意が少なく見ていて後味が悪くない。主役二人を取り巻く人々も底意地が悪いわけでもない。運命のいたずらで二人は翻弄されるとしかいいようがない。美しい自然の中で二人の思いや他の人の思惑がさまざまに交錯するのだ。
 「美しい日々」にしても「天国の階段」にしても、評判の韓国ドラマは韓国の海浜や山林を借景にして撮ってもいるが、ユン監督作品のように存在感があるわけではない。あらためてユン監督の力量に感心する。
画面を見た途端、その世界に引きずり込まれてしまうのだ。なぜだろう、韓流でたくさんの韓国ドラマが今紹介されているが、ユン監督作品ほどの磁力はない。意表をつくカットの繋ぎや回想を軸にした話の転換など見ているうちにユンさんのパターンが見えてくるものの、分かっていてもその世界にはまっていく。
 観客は単に見るのでなくその世界に入りこみ登場人物と喜びや悩みを共に味わうのだ。

人気blogランキング
[PR]
# by yamato-y | 2005-02-26 18:38 | 夏の香りチェック | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧