人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

秋日和

秋日和

昨日今日と秋晴れだ。昨日は31841歩、249キロ歩いた。目黒→高輪ゲートウェイ、両国→本所松坂町、両国から隅田川を渡り浅草橋、神田。そこから東京駅とほっこりするほど歩いた。

 両国は墓参だ。新人時代にお世話になったAさんのお墓に行った。去年から家電話にかけていたが繋がらず、高齢なので心配していた。4日前、手紙を書いたところ奥様から速達で返事が届いた。嫌な予感がして封を切ると、案の定ご本人は712日に昇天していた。コロナ大流行のなか、家族だけの密葬を行ったという報告であった。享年92,まあ大往生かもしれない。

 Aさんは下町出身の江戸っ子で洒脱でお洒落だった。口数は少なく、人の話をよく聴く人だった。噂では父上は三味奏者だったようで、自身も爪弾くことがあった。とにかく酒の飲み方は美しく、笑みを絶やさず盃をゆったり口にしていた。幼児のための音楽番組のチーフだったので、好きな歌は「雨の遊園地」と「北風小僧の勘太郎」。大人の歌は知らないし言わない。カラオケはいっさいやらない。好きな草花はエビネ蘭。

 結婚して大船に50年住んだ。鎌倉が好きで休日はいつもお寺回りをしていた。江戸文化に詳しく、愛読するのは三田村鳶魚だった。意外にも半村良のSFがお気に入りだった。

 お墓は回向院の裏手にある西光寺にあった。JRの駅から徒歩8分。浄土宗の由緒あるお寺で演劇関係のお墓が多い。大きな銀杏があってすっかり黄葉していた。手を合わせて、「Aさん、長い間本当にお世話になりました」とお礼を申し上げた。

 「深誉勇覚信士」という新しい戒名が彫り込まれた墓石をそっと撫でた。Aさんが笑った気がした。

帰路、隅田川を渡るとき、都鳥を数羽見た。空はどこまでも高く川面はどこまでも青かった。

 秋日和ひしめく青の隅田川


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 


# by yamato-y | 2021-11-14 11:51 | Comments(0)

「僕とオトウト」の監督さん

 晩秋か初冬か、早朝のウォーキングで考えていたこと

あまり、ブログをこういう形で使わないほうがいいと思うが、小生パソコンのやり方が不得意で、頂いたコメントに簡単に返事することができないので、10月20日の欄をそれにあてたいと思う。
 ★   ★
 大学院生の方がドキュメンタリーを作ったということ。手仕事で上映するほどのクオリティを持つ作品ということであれば見てみたい。2年前に完全にフリーになってほとんど作品を作る機会がなくなった。今は40年間作ってきた作品の取材ノートを、文章化する作業にもっぱら力を入れている。でもやはり映像が恋しい。
 この方は民生用のカメラを使ったのかな、それともスマホかな。今のスマホの能力はとても高い。私の新人時代の2インチのカメラなどをはるかに上回る映像解度があるから。カメラはよくなっているが、音声がまだ簡便に録れる機材がないと思う。そこをどうやって工夫したのか、知りたい。
 でも何より主題と内容がもっとも知りたい点だ。
どうしたら、この監督と繋がることができるかなあ。

 ★   ★
秋の花にずっと惹かれている。百日紅、萩、朝顔、木槿。ずっと花が夏の終わりからあったが、週末の寒波でいっきに花が消えていく。それでも百日紅、萩は萎れても花として残っている。分かったよ、もういいよ。楽になりなよと声をかけてやりたい。
 
 ★   ★
早朝ウォーキングの定番コース、白金ラビリンス。今朝、エリア内に6つお寺が並ぶ寺町であることに気づいた。江戸の大火事で下町にあった寺がこの白金の地に遷ってきたという。その一つ清岸寺に樹齢250年の桜があった。人工育成の染井吉野ではない。染井吉野であれば樹齢はせいぜい150年ほどだ。この古木がどんな花を咲かすのか、来春が楽しみになった。

 ★   ★
大江文学は分かりにくいと言われる。たしかにそういう面はあるが、短編に定評を裏切るような切れ味のよい作品がいくつもある。私は短編作家の大江が好きだ。お勧めは、「新しい人よ眼ざめよ」、「『雨の木』を聴く女たち」。

# by yamato-y | 2021-10-20 13:13 | Comments(1)

ねむの木

ねむの木


夕方、残暑きびしいなか白金ラビリンスを縫って五反田に向かった。白金ラビリンスとは朝のウォーキングコースのひとつで、白金台の西端の崖線から五反田高台池田山の間にある谷間を指す。ここは5年前まで通った明治学院大学までの近道として入り込んだことがあって、方角である程度予想して分け入ったのだが、坂道と路地がいくつもあり完全に道を失ったことがある。谷間にはNTT関東病院の巨大な建物や池田山公園など目印となるものは少なくないのだが、いったん入り込むとまったく土地勘が効かない。そこで白金ラビリンス(迷宮)と私は名付けた。一か月前に痴呆の疑いが出たとき、医者から朝の30分運動を進められ、6つのコースを定めて実践してきたが、白金ラビリンスコースがその白眉のコースになっている。朝6時半、この谷間におりていくとき対面から朝日がある。遠く東京タワーが見える。右手の崖に池田山公園の緑が濃い。降りきるとNTT病院がある。そこから反対側の崖にあがり、やがて白金通りの裏道に入るというコースだ。住宅地で商店がなく朝は人っ子が見当たらず実に快適だ。実践して30日になろうとしているが、3回に1回はこのコースにしている。

そのコースを使って、夕方五反田の東急ストアに焼き鳥を買いに出かけた。5本入り380円のめちゃお得なつまみなのだ。大崎図書館の帰りにこのネタを見つけた。それが無性に食べたくなり、自宅から五反田駅までの最短を調べると、どうやら池田山越えだということが分かった。万歩計をセットして歩いた。1200歩、あるいて5分ほどで、お屋敷町に入る。たった800mの距離だ。その突き当りにオープンガーデン「ねむの木の庭」があった。閉園間際にすべりこんだ。庭の中央に大きな木がある。庭の係の人にこの木がねむですかと聞いた。そうだという。6月頃に花が咲くらしい。どんな花ですかと尋ねると、枝の先に薄赤く金色に光る羽のような花を指して、「これです」と言って教えてくれた。いつもの夏ならとっくに花は終わっているのだが、今年の長雨で花が残ったらしい。頭上2mの花を詳しくは見ることはできないが、その穏やかな薄紅色が夕日に映えて美しかった。

 この庭は美智子妃の実家の跡地だ。思ったほど広くない敷地の中央にそのねむの木はゆったりと葉を茂らせていた。

今、若き日の美智子妃の相談相手であった神谷美恵子のことを考えている最中だったので、この庭に出会ったのは僥倖であった。秋分の日の出来事である。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか

人気blogランキング 


# by yamato-y | 2021-09-23 22:05 | Comments(2)

白金ラビリンスコース

白金ラビリンスコース

7月下旬から早朝ウォーキングを始めた。6時半起床しておよそ340分ほど自宅周辺を歩く。歩数にして4200から4400。それまで夕方に90分ほど続けて歩くウォーキングで12000歩を目指していた方法を変えた。東邦大学物忘れ外来のH先生の指導による。規則正しく早い起床をすることは認知症予防の基本と言われた。もう一つ大事なことは昼寝30分をとることで、必ずしも毎日励行というわけにはいかないが、出来るかぎり実行している。ということで一日1回のウォーキングを朝夕2回のウォーキングに改善した。合計で10000歩超えを目指す。

 毎日同じ道を歩いてもつまらないのでコースを変えている。1,白金ラビリンスコース

2,高輪越え三田コース 3,目黒川沿い中目黒コース 4,広尾・有栖川公園コース。4つのコースで4000から4500歩。時間にして30から40分である。気に入っているのが1の白金ラビリンスコースで、自宅から200㍍のところに広がる白金台の裏庭にあたる窪地を周回するコースだ。白金台の谷底をさ迷うのだ。最初この道に迷い込んでなかなか脱出が出来なかった。坂と路地が複雑に入り組んでおり、すぐ傍に五反田駅前とか白金プラチナロードとかがあるとは思えないほど人気の少ない住宅街の道である。

 自宅を出て首都高2号線の高速を越えて、崖線を下る。左手に池田山公園があり、右手には遠く東京タワーまでの眺望が広がる。家並みがきれいだ。この坂は日の出と向き合っており気持ちがいい。窪地のなかほどに大きな寺院の森がふたつあるが、アプローチの道が分からずまだそこまでたどり着いたことはない。公園の隣の谷底にNTT 関東病院の巨大な施設がある。病院の端にこの窪地の対岸の崖線があり、そこを登っていく。崖の中腹にある細道に立つと再び家並みが朝日を浴びて光っている。このコースは起伏が激しく坂道が10個以上ある。道はやがて白金の裏通りに入り、萩、さるすべり、木槿の花が咲き誇る生け垣の道を進む。ここまででおよそ25分。裏通りをつきっきると目黒通りに出る。目の前に自然教育園の森が広がっている。再び首都高を越えて目黒駅西口を目指す。駅でウォーキング304500歩となる。

8月の朝は朝顔、萩、木槿、百日紅の花が美しかった。9月になりここ数日の冷たい雨で萩が散り、今朝はとうとう百日紅の紅い花も散り落ちていた。木槿は予想以上に花持ちがいい。こうしたことに気づくのも白金ラビリンスコースの余得だ。


# by yamato-y | 2021-09-03 13:02 | Comments(2)

コロナの夕べ、傘の陰干し

昨日、大手町の大規模接種センターで新型コロナワクチンの一回目を打ってきた(打たれてきた)。午前9時半のグループだったが、会場入りから退場するまで45分。地下鉄の駅を降りたところから接種会場まで、角に道案内が立っていて、実に有り難かった。まず氏名、年齢、住所を確かめることから始まり、予診でこれまでの既往歴をチェックがあったあと、即注射。一瞬痛いと声をあげたが、すぐ終わった。あっけなかった。周囲を見回すと、70以上の男女の白い頭ばかり。あらためて高齢者の分類にはいることを実感。

打った左の二の腕がずきずきする。

一夜明けて、注射を打った左の二の腕だが、ずきずきして少し熱を持っているような感じ。この痛みは終日続いた。老人に血栓症が多いと聞かされていたので、用心する。午後から大きな歯の手術を予定していたが、取りやめた。大事をとった。

64年のオリンピックは今考えると、ずいぶんのんびりしていた。あのときは秋の10月開催だった。ちょうど中間テストの最中だったが、テレビに齧り付いていた。開会式で最終聖火ランナーの坂井義則さんが長い階段を一つ一つ上っていく光景が今も眼裏にある。コロナもなければ、温暖化もなく、冷戦はあったものの今の中国のようなアカラサマナ覇権主義もなかった。私はすっかりオリンピック少年だった。

 3年後に、大学のキャンパスで、勧誘にくる女性が、「東京オリンピックなんて、安保問題を逸らせるための『策動』よ」と署名を迫ってきたことは忘れられない。

 コロナの厄がまだ残っているのに、本当にオリンピックをやるのかなあ。私と同年の首相の答弁を聞いているとあまりにノーアイディアで頭をかかえたくなる。そうだ。忘れないうちにデジタル大臣の平井某のことを書いておこう。この人は何様。麻生や丸川やなぜこんな人物がキャビネットに入るの。

話は飛ぶが、昨夜の「プレバト」森口瑤子の句には脱帽。うまい。小生はこういう句は作らないが、夏間近の佳句だった。

 ジェラシーを折ってたたんで白日傘


# by yamato-y | 2021-06-18 22:06 | Comments(1)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧