定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

早春の松本

c0048132_23353266.jpeg
早春の信濃路

昨日から松本に来ていた。春から始めたオリンピアンの取材のひとつとしてだ。
今から80年も前の、ロサンゼルスオリンピックに出場した選手の遺族を追ったのだ。その人物は水泳1500㍍のTさんだが、むろん本人は現存しない。太平洋戦争末期の南方の作戦で戦死したということになっている。その遺児が松本に住んでいると聞いて私は足を運んだ。
春3月に信州を訪れるのは20年ぶりではないだろうか。大月から列車が谷を登って行くにつれ久しぶりに心が轟いた。山々の峰に純白の雪渓が輝くのを見たからだ。まさに「白きたおやかな峰」だった。何か遠い昔にした忘れ物を取り戻しに行くような錯覚をもった。

 お目当てのTYさんとは長時間にわたり話を聞いた。昭和16年生まれのその人は3歳のときに父が出征したのだからむろん記憶などない。だが母から聞いた父の肖像をその人はいきいきと語ってくれた。むしろ、父が戦死したあと、女手ひとつで二人の男子を育てた母親のポルトレに時間が多く割かれたと言っていいかもしれない。詳しくはまた別稿で語ることにしよう。

今朝、信濃毎日新聞の縮刷版を読もうと思って、縣の森の図書館へ行った。そこは旧制松本高校の校舎をそのまま保存した施設で、建物の一部は旧制高校の資料館展示館となっていた。あいにく図書館は休館だったので、その資料を見学して帰ることにした。それぐらいの気持ちであったが展示された種々の展示を見るうちに、何か青春の迸るようなものを感じて呆然とした。
あの北杜夫が松本高校に在籍していた、そのことは知っていたが、彼の在校時代に書いた寄せ書きなどを読むにつれ青春のほとばしりをじわじわと感じ入ったわけだ。
陳列のなかに、旧制高校のナンバースクールの校歌、寮歌を聴かせるコーナーがあった。思わず、私の出た学校の前身四校の「北の都に秋たけて」のボタンを押して、その曲に聞き入ってしまった。気がつくと誰もいない展示室でひとり聞きふける七十の男というのもおぞましいが、そうは言っていられないほどせっぱつまったものを、そのとき持った。
展示の終盤で、旧制高校を卒業した有名人というコーナーがあって、そこに井上靖の詩「流星」が掲げられていた。四高の先輩である井上が、その昔内灘砂丘に身を横たえて見た流星を叙述した作品で知ってはいたが、この場面でそれを目撃すると思いはひとしおとなった。

ほほを紅潮させて松本高校の門を出ると、正面に残雪の美しい常念岳が見えた。まさに、北杜夫が描く「白きたおやかな峰」。今口を開くと、この夢のような時間が消え入りそうで、私は黙したまま松本の駅までひたすら歩いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

[PR]
by yamato-y | 2018-03-31 23:22 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧