定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小トリップ5 白山から大塚、南長崎

小トリップ5 白山から大塚、南長崎

三田線で白山まで行ってA3の出口を出ると目の前に白山神社があった。東洋大学本部と隣接したこの神社が、地名の由来となっている。急な坂を上っていくと、立派な石碑に「白山」の文字が刻まれていた。あいにくの寒さで訪れる人は少なく大きな銀杏の木が寒々しく立っていた。こんな風情も悪くない。

 東京十社のひとつで由緒のある社だが、現在は境内の過半を駐車場となっている。本殿の脇に絵馬が奉納されていて読むとそれぞれの事情が垣間見えて面白い。家内安全と合格祈願が大半だが、いくつか復縁祈願が混じっていてすべて女名前だった。いまどきの女性がこんなおぼことは意外だ。

 神社の界隈は大正時代は花街だった名残か飲食店が多い。白山坂上まで上がって、大塚方向へ足を向ける。東洋大学本部、立派なキャンパスだがモダン過ぎて味がないなと呟く。

千石の地下鉄駅を左に見て、さらに奥へ。だらだらと商業地区が続くだけで何もない。速足で文京の北部の丘をぬけていく。坂が下り気味になって、町内地図看板を見ると左方向に小石川植物園とある。さっそく向かった。

 夕暮れて閉園間際の植物園。訪れる人はなく広大な日本庭園がひっそりとあった。私が入ったのは裏門でここからは入場できない。時刻を見ると4時半を過ぎており見物をすること断念。今度正門からゆっくり見ることにしよう。

 茜さすプラタナス通りを抜けて一路大塚駅へ。都電荒川線を横切ってJR大塚の駅舎でまず小用。およそ1時間半の小トリップだった。

 大塚から二駅、目白で下車。日没寸前の目白通りを南長崎に向かって歩く。私の好きな旧トキワ荘のある町を目指した。

520分。おめあての酒どころ「ぽん太」に着く。開店は5時半だが無理を言ってあけてもらい準備で忙しいカウンターに座る。俳句仲間のぽん太、鉄馬さんの店だ。この19年続いた店も3月で閉めるということで名残惜しく、木枯らし酒を飲みに来たのだ。およそ1時間高清水を2合飲んだ。まぐろとタコの刺身、スペイン風オムレツ、蕪の葉のおひたしなどを肴にして、俳句仲間の動静を噂した。

 目白の駅に戻ったのは午後740分。目黒まで戻った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2018-01-21 10:05 | Comments(0)

霜柱のたった日に

霜柱の立った日に(日曜日のことだ)

久しぶりに劇場で映画を見た。やはりDVD でモニター画面で見る「映画」とは違う。映画の持つ情感に触れた。目黒シネマは2番館の良さがあって2本立てである。この日見たのはハリウッドの「ラブアゲイン」と「ラ.ラ.ランド」ある。「ララ.ランド」がミュージカルであることは承知していたが、オスカーで6部門受賞した作品と聞いて見てみることにした。タカをくくっていた。

物語前半から躍動するエマ.ストーンは魅力的。ソバカスだらけのファニーな表情は純情田舎娘と思っていたら然にあらず、生意気で小賢しい。そこがいい。まさかラストでオトナになったエマがあんなに切ない芝居を見せてくれるとは予想もしなかった。でもさらにいいのが相手役のライアン.ゴズリングだ。「ラブアゲイン」では薄っぺらいナンパ男を演じていたが、この作品ではジャズを一途に愛する生一本のピアニストに扮して熱演していた。たった3ヶ月の特訓であれほどのピアノを弾きこなしたというのは信じられない。余程の練習を積んだのだろうと感動させた。だがライアンはそんなことを気振りにも見せない。

お話は売れない女優の玉子とウダツの上がらないピアニストの物語で、四季の移り変わりに合わせて恋が進展するが、突如運命が暗転する。お決まりの悲恋ストーリーとまとめることも出来るが、見ているうちになんとも言えない情感というか哀しみがフツフツと湧いてくる。脚本がいいのか演出が鋭いのか役者が上手いのか判然しないのだが、後半ドラマはがグーンとドライブがかかる。ハリウッドスタイルの醍醐味を久しぶりに堪能。この日は冬一番の寒さで、劇場が配るブランケットに身をくるんで鑑賞したが、2時間間然とするところがなかった。

帰りがけに映画のチラシを読むと、監督のデミアン.チャズルはまだ32歳と知ってたまげた。これから30代の才能がどんどん出てくるだろう。日本でも二人いることを私は知っている。

[PR]
by yamato-y | 2018-01-17 05:37 | Comments(2)

小トリップ4 小川町から芝公園まで

小トリップ4


現在のオフィシャルスケジュールは、大学の授業(週1)、クリニックでの定期検診(月1)、鍼灸治療(月1)、料理教室(月1)。本日は、神田小川町にあるメディカルクリニックで長尾先生の診察を朝8時半に受けてきた。そのクリニックはオフィス街にあって、周辺の企業の検診がメインなので、私のような「患者」の診察は営業開始早々に行なうことになっていて、朝一番の8時半となっている。診察の結果はいたって順調で、投薬の処方箋を書いていただいて、来月の予定を決めて終わった。


 近くの薬局で5種類のクスリを処方してもらったあと、小川町の交差点に立って行き暮れた。このまま神保町まで出て地下鉄で目黒まで帰るか、それとも小トリップに出るか。一日6000歩を義務にした私としては、本日の機会は今しかない。よし、いっそ芝公園まで歩こう。

吐く息が白くなる小川町を後にして一路大手町を目指した。早歩き。時速6キロ。内堀通りを足早に駆け抜ける。とにかく体を暖めなくてはと、大股で歩く。神田川を渡り、首都高速の高架をくぐって皇居エリアに入る。大手堀には黒い小ガモが数羽浮かんでいた。和田倉門で、左折して噴水公園に入り皇居広場のほうへ向かう。噴水の池で気がついたのだが、日陰では薄氷が張っていた。今年一番の寒い朝という気象庁の予想は当たっていたようだ。そこからまた内堀通りにもどり、東京駅を左に見、帝国劇場を右に見て、日比谷エリアに入る。

 広大な日比谷公園では尿意を催し、園内のトイレ使用。図書館の開館前の客の行列を眺めながら、内幸町に出る。私が入社した放送局はここにあった。たしか最終面接もこの町のビルで行なわれて、重役という人物が正面に座っていたなと思い出す。もし今でも渋谷に移転せずここに勤め先があったら、新橋、有楽町、銀座と遊里があちこちにあってずいぶん楽しい思いをしたはずだ。


 とにかく寒い。普段しないマフラーを持ってきて正解だ。二重巻にした。

 西新橋を越えると芝郵便局。いよいよ芝公園エリアだ。快調な左足を意識して右より大股で歩行。股のつけねが伸びてストレッチとなる。芝は広い。東京タワーが寒風のなかにすっくと立っている。御成門、増上寺、東照宮を抜けると、本日の終点の芝公園駅となる。延べの歩数は19840歩。次回はもうすこし寄り道しながら歩くことにしよう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2018-01-13 21:53 | Comments(0)

2018元旦

2018元旦


このところ2CHの不倫浮気記事ばかり漁って読むからかしら、「元旦」を元旦那とつい読む変えてしまう。気がついて、苦笑しながらパソコンのキイを変更したりする。相当アタマが与太っている。

 それにしてもどうってことのない正月だ。とりとめのない江戸随筆でも読むばかりの終日。年賀はがきを出すので郵便局まで出向いただけで、あとは飴をなめて雑誌のページを繰るだけ。日中テレビは一度も目にしない。


昨日は元住吉まで出かけたが、今日より寒かった。比べて今日はなんとも穏やかな元旦となった。昨夜は「紅白」を蛍の光まで一通り見て、「ゆく年くる年」の前半でテレビを消してベッドに入った。1時には白河夜船になっていた、はず。

 それにしても、昨夜の「紅白」で一番感動したのは、登美丘高校の女子高生のキレキレのダンス。郷ひろみの1ショットはいいから、もっと広い画を見せてほしい。彼女たちの一途な踊りを見たかった。この人たちの何が心を撃つのか、この1ヶ月気になって仕方がない。ひとつ分かったのは、ユーチューブに最初にアップされた映像の編集と楽曲の作りが見事だったということ。これはおそらく指導者のアカネさんの功績だろう。昨夏以降、メディアからモテモテのダンス部だが、昨日の郷ひろみの踊りも切れ味はやや物足りない。一昨日のレコード大賞の荻野目洋子とのコラボの振り付けはまだ良かったのだが、NHKホールはそれほど良かったとはいえないが、それでも他の演目に比べたらはるかに感動を与えるものだったな。


とうとう大台にのった。矩をこえずの年齢となったのだ。先日、駅で時計を落として、若者から注意を受けたが、そのとき「オジさん、オジさん」と呼ばれてぎょっとしたが、「お爺さん」と呼ばれないだけましか。

まもなく誕生日が来て、免許証の書き換えとなる予定だが、今回はもう放棄しようと考えている。どうせペーパードライバーなのだから、これからも使うことはほぼないだろう。


それにしても、今年はどんな年になるのやらーー。

 そこで思い出すのが、吉屋信子女史の新年句。

 初暦知らぬ月日は美しく

本当に知らないうちが華だよね。いいことばかりじゃないだろうし、かといって嫌なことだけでもあるまい。まあ当たって砕けろでやってみるか。

 占いをやってみたら、今の状況はけっこう厳しいと出た。平和な進み行きとならず不和が続くかもしれない。だが、そんなときに大切なのがユーモアだと占いは指示していた。ちょっと心がけよう。まずはダジャレでも吹聴するか。

景気づけに松の内が明けたら、ふぐでも食いに鴬谷に行きたいね。ひれ酒。

 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2018-01-01 18:30 | Comments(2)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧