定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2017年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

波の音

波の音


クリスマスの日だが、赤坂でちょっとした仕事があって出かけた。この半年ずっと関わっているヴァイオリニスト若林暢の録音版の確認作業だ。乃木坂のレコード会社の立派なスタジオで、1986年に暢さんが録音したカセット、6ミリテープの作品を試聴した。え演奏はとてつもなく理知的で情感あふれたもので、素人の私でもその音楽に魅了された。




 長年、テレビでメシを食って来たから、今のテレビ番組のテイタラクが口惜しい。なんとかならないのだろうか。


 一昨日、敬愛する先輩から電話をもらった。先日、久しぶりに自由が丘で飲んだときに先輩がふともらした話題のその後について報告してくれたのだ。

先輩は40年前にテレビ聾唖教室のような番組を担当したことがある。その時の交流が今も残っているのだが、ある日、その仲間から連絡が入った。

 その女の子は3歳のときに病気で聴力をなくした。利発な子で、すぐに手話や口話でコミニュケーションができるようになった。それで生きてきた。

 ところが近年テクノロジーの発達で、耳に手術を施せば聴力が甦ることも可能になった。そこで、彼女の周囲が手術を薦めることもあって、そのことに臨んだのだ。

 手術は無事終わったものの、最初の2、3ヶ月は不安と緊張のなかにあったという。彼女は飛び込んで来る音に戸惑って、「こんな分けの分からない何かにかき乱されるのは嫌だ」とつよく拒否したそうだ。しかし、時間とともにその「ノイズ」にも少しずつ馴れた。

12月の初め、彼女は用事があって鎌倉森戸海岸へ出かけた。用件をすませた後、海を見ることにした。季節外れの浜辺には人はまばらで彼女の目の前には大きな太平洋が広がっていた。そこで、波の音と初めて接触した。最初は、うるさいノイズでしかなかったが、しばらく立つと音の「規則性」のようなものに耳を集中していく。すると、波が雑音でなく何か懐かしいような響きに変わっていったことを自覚したというのだ。

 この彼女の心の動きを、映像化したい。表現したい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2017-12-25 22:44 | Comments(0)

忘れぬうちに

忘れぬうちに

 北海道から千島にかけての一帯で、マグニチュード8以上の巨大地震が起きるかもしれないと報じられて今話題になっている。ここはこれまでも400年周期で巨大地震が発生してきていて、前の地震からそろそろ400年になろうとしていて、何時起きてもおかしくない状況にあるということだ。もしこれが起きたら東北大震災並みの大被害が出ることは必至だ。

 川柳「武玉川」を読んでいたら、こんな句に出会った。
「津波の町のそろふ命日」
 墓地に行けば、命日がみんな同じ日にそろっているというのだ。江戸時代というのに観察が鋭い。人類はとりわけ日本人は巨大な災害にずっと遭遇してきたのだろう。この認識が古今を通底しているのじゃないか。

 この句の光景は何も天災だけとは限らない。今から35年前、私は長崎のコーランバ墓地でそういう光景を目にした。そこでは、墓石にずらりと昭和20年8月9日という命日が並んでいた。長崎に原爆が投下された日である。




来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 

[PR]
by yamato-y | 2017-12-20 23:54 | Comments(0)

小トリップ3

新橋から銀座にかけてーー年の暮れ

銀座線の虎ノ門で降りて、新橋まで歩く。西新橋の路地に踏み込むと広がる異界。密集する飲み屋、食い物屋の家並みが昼の光にさらされて寝ぼけたように櫛比する。チープな風情がたまらない。ぶらぶら歩き、烏森の廃校パークで一休み。

 小腹が空いたので、立ち食いソバ丹波屋にもぐり込んで、春菊天ソバを食す。カツオだしが効いて汁がうまい。駅前のニュー新橋ビルを探検。

 日が暮れて、ぽつぽつ灯りがともる頃、銀座を目指した。晴海通りを抜けて銀座8丁目。ここから1丁目までいっきに直進。歳末ということで人の出が多い。だがよく耳を澄ますとほとんど中国語。銀座4丁目、ハットリ時計店でオメガのコーナーをひやかす。名物の山野楽器のクリスマスツリー、今年は青基調だ。外国人観光客が群がって写真を撮っている。4丁目は昔は尾張町といった。古い人は今でもタクシーに乗ると「尾張町へ」というそうだ。この地を開墾というか埋め立てというか工事を行なったのが尾張藩。名前の由来はそこから来ている。

 待ち合わせの6時半。1丁目を折り返し、来た道を戻る。7丁目のやす幸の暖簾をくぐる。一品料理がめっぽううまい店、創業50年の老舗。待ち人はまだ来ていない。熱燗を所望したいがガマンする。ここの熱燗はチンなんかじゃないから酒がまろやかで喉越しがいいのだ。
ここまで歩数7800。




来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 

[PR]
by yamato-y | 2017-12-20 23:21 | Comments(0)

小トリップ2

小トリップ2 泉岳寺/高輪界隈

17日、討ち入りの日から3日遅れて、泉岳寺詣でに出た。
午後2時というのに風は冷たく、空も鈍色の曇天。けっして散歩日和ではないが、ダウンコートにニューバランスのスニーカーを履いて、目黒から港区高輪を目指して歩いた。目黒通りを白金に向かって歩き、八芳園を右に折れて高輪台まで。高輪署の角を左折して伊皿子坂まで出ると、そこから数百mで泉岳寺に出る。

 14日は屋台が沢山出て。義士祭で賑わうが、たった3日遅れると何もない。
観光バスから降り立った客が数名いるぐらいの境内。
 はじめて義士の墓に参った。47士の過半の名前は知っているが、なかに不明が4名ほどあった。名前のそばに享年があって、大石主税16歳、矢藤右衛門七18歳と記されているのを見ると感慨深いものがある。寒風吹きすさぶ墓地、線香の煙が激しく揺れていた。
 名も知らぬ義士の享年討ち入り忌

帰路は、いったんJR品川駅に出る。そこから高輪道を登って、尾根伝いに高輪署の前に出て、明治学院大学の前を抜けて、目黒までもどった。歩数14000。
1日半経って、句を詠むと、あまりの稚拙に愕然。でも消さずに恥をかこう。そのほうがいいと直感するので。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 

[PR]
by yamato-y | 2017-12-18 22:24 | Comments(0)

小トリップ

神楽坂から高田馬場まで


歩くと地形が体感できる。

今日は神楽坂の尾根筋を歩いた。

地下鉄で飯田橋まで出て、地上に出てとぼとぼ歩いた。出来るだけ悲劇的に。

別にネガティブなことがあったわけでない。やつして尾羽打ち枯らした風情で歩いてみたかった。できれば荷風もどきで。なーんて、愚行愚行。


小旅のはじまりは筑土八幡神社から。周りがすっかり近代化されたなかで、この社はさびた風情がエモイエナイ。境内には、若い女が一人ヨーガを営んでいた。

坂を上がりきると神楽坂上。ここはパスして、さきの矢来町へ。新潮社の本社がある。由緒伝統深き出版社、一度見てみたいと願っていた。社屋が道を挟んで3つほどあったが、シブい社屋は書籍同様こ洒落ていた。都会的なんだろうが、田舎者の私としてはやや業腹だ。まだ講談社や小学館のような中身うつろのハコモノのほうが好き、というのは僻みか。


その社屋の隣の隣に建つ新潮社の新しいファッションビル「ラ カグ」は、めっぽうカッコ良かった。2Fのイベントコーナーは3方壁がめぐらされ、その壁には古今東西の名詩がずらりと記されている。その中に懐かしい作品を見つけた。大学3年のときにエグチから教えてもらったフランシス.ジャムの詩だ。

「あなたの白い腕が、私の地平線のすべてであった」


このショップで老眼鏡を買った。鼈甲風のステキなフレーム、衝動で買った。


そこから早稲田まで尾根をだらだらと歩いた。

4時半、早大正門前到着。門前の古本屋数件に引きずり込まれてしまう。なんとここで慶応三田文学の同人たちのしょせきを3冊も購入。今月分のコヅカイが逼迫する。


5時半、JR高田馬場駅。日は暮れた。いざ帰りなむ目黒へ。


[PR]
by yamato-y | 2017-12-13 22:05 | Comments(0)

とにかく歩くこと

22804歩

天気予報では本日から寒い日ということであったが、東京は暖かい日差しのある日となった。朝、8時半にスポーツジムへ向かったときは冷え込みがきつかったが、ジムから上がって帰って来る頃はすっかり大地はぬくまっていた。ジムでは27分間で3600歩歩いた。そのあとストレッチで体を整えて、家に戻ったのが11時。

12時半過ぎ、目黒の上大崎の交差点から出発して広尾から渋谷東を目指して歩いた。外苑西通りの脇の道は人通りが少なく歩きやすい。広尾病院の角を左に折れて、恵比寿から渋谷駅南口へと脚を向けた。
渋谷駅では地下の新しいプロムナードを抜けてハチ公前の交差点に出る。目の前のツタヤに入って、先週レンタルしたDVD4本を返却。さすがにすこしくたびれた。ここまでで12000歩ほど。

DVDを返却し終わって、奥渋の代々木八幡へ向かった。午後3時前のことだ。
代々木八幡の小田急に乗って、祖師谷大蔵まで行く。
祖師谷大蔵の駅を降りてから、世田谷通りを目指してどんどん歩いた。仙川の橋まで出ると、そこは成城の東宝撮影所前だった。世田谷通りを渋谷方向に10分ほど歩くと、マゴが生まれた国立成育センターの病院がある。3日ぶりに赤ん坊の顔を見るために19000歩と小田急を活用したのだ。

マゴの名前はまだ決まっていないので、おいとしか言いようがない。そのおいは生まれたてのときと違ってすっかり「赤ん坊」になっていた。他の赤ちゃんに比べても体は大きいとのこと。太い元気な泣き声が頼もしい。手足が長いと聞いて、大きくなったらリトルリーグに入れなくてはとチャチャを入れると、マゴの父親は返事もしない。何か他のプランでもあるのかなあ。

夕方5時半を回ると、日もとっぷり暮れた。町のちらほら灯りがつき始めたので、目黒に帰ることにした。世田谷の砧にある病院からタクシーで二子玉川まで出て大井線で大岡山乗り換えの目黒まで。
家に帰ったのが7時前で、万歩計を見ると22804歩になっていた。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 

[PR]
by yamato-y | 2017-12-11 21:42 | Comments(0)

命授かる

命授かる

 昨日の午後1時過ぎにマゴが生まれた。69歳にして、やっと一人誕生だ。
夕方、取材を終えたあと、世田谷の病院に駆けつけて顔を見た。体重3000を越えて骨格もしっかりした男の子は元気な泣き声を聞かせてくれた。抱いてみろと言われたが、なんだか壊れそうで「まだいい」と遠慮した。
 不意に金子光晴の「若葉よ」を思い出した。金子のメッセージのようなものが腑に落ちた。ところで、父親である息子はマゴにどういう名前をつけるのだろうか。
 息子は30年以上前の12月1日に生まれた。その子供は12月6日。

 私が顔を見たのは午後6時を回っていた。病院の玄関は閉まって、救急出入り口から入った。病院といっても産院だからなんとなく暖かい空気が漂っている。おなかの大きい妊婦たちがケータイを手にしてせっせと歩いていた。ユーモラスな光景だ。

 マゴの顔は父親似か母親似かと話題になったが、どっちも似ているということで落着。どっちでもいい。元気であればそれでいい。男の子だけあって、泣き声が太い。
 午後8時、マゴの母親つまり嫁の親御さんが名古屋から駆けつけた。そちらも初めてのマゴということで嬉しそうだ。みんな笑顔になっている。真ん中の籠にバンザイしたマゴが眠っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング
 

[PR]
by yamato-y | 2017-12-07 21:17 | Comments(2)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧