定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

生みの苦しみ

生みの苦しみ

なかなか企画がうまく立ち上がらない。主題は決めたのだが、それをどんな切り口でどんな構成で見せるかという具体的な提案がうまく切り出せない。

ひとつはマチスとピカソの応答の主題。この二人の巨匠の間に、作品上の大きな対話があったことを明かす内容を構想している。取り扱う作品も決めてある。この物語の根拠となったアメリカ美術関係者の論文もしっかり読み込んだ。だが、実際のロケを考えるとインタビューと作品しかない。番組を構成する要素はあと資料映像ぐらいだ。これではテレビの番組としては面白くない。いわゆる演出がないのだ。ゴールは見えているのだが、そこへ行くまでの方策が見つからない。

もうひとつは速水御舟。近代日本画の巨匠。今でも人気は高い。代表作「炎舞」を所蔵する広尾の山種美術館は連日おおぜいの観客が訪れている。先日訪問して、客の多さに驚いた。中高年の男女が押しかけている。これほど人気のある画家だから、やりがいがあると分かっているのだが、どう切り込んでいいのかが見えない。
これまでも、御舟の番組は日曜美術館を中心に数本ある。いずれも見ごたえのある作品だ。それと違う切り口でかつそれ以上に面白いものをという要求に、なかなか応えることができない。

番組を制作してきて40年弱。いつもぶち当たる壁だ。企画がうまく立ち上がらない。仮に企画でうまくいっても取材撮影で脱線したり、編集仕上げで暗礁に乗り上げたりで、楽をして作れる番組はない。それは肝に命じているのだが、いざ出会うとへこむ。

それにしても御舟という人物は面白い。電車に足を切断されたときも、尋常でない胆力を発揮している。浅草の実家を訪ねたとき、電車道で両側から電車が来て挟まれた。このままでは頭をやられてしまう。まずいと考え咄嗟に足を投げ出して、一命を取り留めた。左の足首を切断することになるが。電車は緊急停止して野次馬で大騒ぎとなったとき、御舟は早く電車を動かしたほうがいいと冷静に指示したという。

以来、彼は義足をつける。負けん気の強い御舟は足が不自由という理由で同情されたくないと、人一倍よく歩いた。いっしょに居る者も普段は彼の不自由な足などということに思いが行かず靴を脱いだときに片足切断の事実をあらためて知るほどだった。

その彼が、関東大震災に遭遇したのは、上野の美術館。ちょうど初日をむかえた院展が開かれていた。正午前、ぐらぐらっと来て大騒ぎとなった。上野から浅草あたりまでの下町の被害は甚大だった。彼は同行していた義兄と目黒の本宅を目指して歩く。
この話を聞いたとき、私は自分の3・11の体験を想起した。あの日、2時40分過ぎ、私は上野の隣の御徒町にいた。長い揺れが収まったとき交通機関はすべて停まった。仕方がないので、私は目黒まで歩くことになる。途中銀座で1時間寄り道したが、目黒にたどり着いたときは午後8時を回っていた。疲れきった。

この体験があるから、御舟が義足で同じ経路を歩きとおしたと知って驚きを隠せない。しかも、御舟の場合、そのあとも現場をスケッチして歩いたとあるから、その胆力、体力は計り知れない。

気になるのは、この未曾有の災害に遭遇した御舟が、いかなることを感じたか。それが作品に反映されたか否か。なにか大事なことを忘れているのではないか。企画書を前に、今うんうん唸っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-10 11:38 | Comments(0)

おひさまに涙

おひさまに涙

今朝の朝ドラが終わって、アサイチに切り替わったとき、司会の有働アナがうるうるしていた。最前のドラマの別れの場面を見ていて感情移入したのだろう。今週の朝ドラはヒロインが一夜だけのお嫁さんになるという、夫の出征の物語。そこに出てくる男女の健気で悲しい愛に全国のファンが涙しているのだろう。

 先日ブログに書いた茨木のりこの詩「わたしが一番きれいだったとき」にも、そういう場面が出てくる。

わたしがいちばんきれいだったとき
だれもやさしい贈り物を捧げてくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆発っていった

朝ドラのヒロインの夫カズナリもきれいな眼差しを残して征った。おそらく彼は帰って来ない運命になると私は予想する。
死んだ人はみな美しい
こんな言葉をどこかで読んだ。

たった一晩しか嫁でいられなかった存在。とりあえず一夜 (ひとよ)嫁としておく。
一夜 (ひとよ) 妻というそしる言葉がある。一晩かぎりの関係ということから転じて遊女、娼婦を指すので、貶める意味で使われる。それと混同されやすいから、この言葉は適切でないかもしれないが、戦時中は一夜とはいわないが、数日しか嫁で居ることができなかった女性がいた。そのことが今はほとんど忘れ去られているのだということに、今回のドラマを見ていて気づいた。

 いつもしゃきしゃきしてナマイキな現代の娘たちも、今週の別れの章は食い入るように見て、心を奪われている。時には目に光るものさえある。驚いた。こんなストーリーはかつてメロドラマで多用されていて平板だと思っていたが、ヒロインの演技に魅せられているともにその苛烈な境遇に驚いているのだ。

今から28年前、「おしん」が放送された頃は、少女が奉公に出されて、親と別れていく場面で人々は涙した。1980年代当時には昭和初年の不況は忘れ去られていたのだ。今の時代は戦争の銃後の暮らしや人生が見えなくなっている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-09 11:22 | Comments(0)

ほくそ笑むというわけでもなく独り笑いというのでもなく

ほくそ笑むというわけでもなく独り笑いというのでもなく

ふと気がつくとにやにやしていた。まだ正式に公開はできないが、朗報が入ったからだ。
去年初頭の胃がんの手術以来、なかなか晴れやかなことがなかった。その前に母が昇天したこともあって、一昨年の夏からずっと憂鬱な気分だった。

しかも、今年の3月に信じがたい災害が日本を襲い、かつ原発事故という致命的な遭難となった。私だけではないのだが、やはり個人としても苦しい状況が続いていた。

そんななかで、番組を制作することはやはり私の大きな生きがいでもあった。去年1年間のなかで、一番自信があった番組が「清元、ながれひと元」。小さな取材チームで半年以上にわたって撮影を続け、細々と編集して作り上げたのだが、ナレーションに加賀美さんに加わっていただいたり、局のポジティブなプロデューサーのアドバイスをいただいたりしてかなり良い作品に仕上がった。自分としては満足していたが、ハイビジョンという枠の都合もあって、どうしても話題になりにくい。それほど評判にもならなかった。

だが、作品を生み出した者として、誕生した「わが子」になんとか陽の目をあてたいと切望はしていた。そのためにはコンクールに出品することだと考えて、今年の初めから狙ってはいたが、なかなかチャンスがなかった。
そんななかでの福音。良きおとずれが昨日来た。

嬉しい。ふと気がついたらにやにやしていたのだ。
ここに至るまでの、あれこれがあったことを思い出したら、よくたどり着いたものだと呆れる。同時に笑いがこみ上げてくる。ここで笑っている心境は単純なものでない。呵呵大笑の気分ではむろんなく、ほくそ笑むといった卑屈姑息な気分でもない。もちろん泣き笑いでもない。どちらかといえば微苦笑に近いかもしれないが、もう少し晴れやかだ。何かに感謝したい気分を含みこんだ、独り笑い。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-08 14:17 | Comments(0)

草の花

大名跡 延寿太夫

三田完の新作『草の花』。昭和10年に大連に赴任した女医、新進の科学者と結婚したが流産した新妻、6代目菊五郎の妾となった芸者。この3人の人生が戦禍と複雑にからむ物語。この3人の趣味は俳句。同じ句会に参加している。つまり、これは俳句小説の趣向なのだ。作者自身、知水という俳名をもち、結社にも属しているだけあって、小説内俳句もよく練られている。タイトルにもなった草の花の一句、
うれひなき地蔵のおはす草の花
自注がついていることもあるが、気張らずにはんなりとした味わいの佳句だ。

作中でドキッとしたのが 延寿太夫という名前。大正から昭和の始めまで一世を風靡した五世のことが句に詠まれているのだ。
松の花 延壽太夫の 声ぞ佳き
寿は本当は壽と表記。ここでは略字にしているが、今の延寿太夫の祖父にあたる人物のことを句にしているのだ。

この五世はなかなかの教養人であったようだ。速水御舟の蒐集家でもあった。あの有名な屏風図の「菊花之図」を所有していたという。今回、取材していて知った。

 ところで、この『草の花』の作者の来歴を見ると、テレビのディレクター・プロデューサーとして活躍とある。どんな番組を作ってきた人なのだろう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-08 09:20 | Comments(1)

広い曠野にぽつんと

案山子

保険会社に入った教え子が会社にやって来た。新人だから付き添いとして上司もいた。そんな約束じゃなかったけどと、一瞬断ろうかなと思ったが、まあ仕方ないかと受け入れて、見たことがないというので二人をスタジオなどに案内した。
教え子とは京都の大学の卒業生。今年社会人になったばかり。スーツが身についていない。彼は東京に人脈も土地勘もないので付き添っていますと、その女性上司はにこやかに語った。けど目は笑っておらず。
別れ際、とても楽しい体験でしたと礼を言いながら、誰か他の人を紹介いただけないかと、教え子が切り出した。やはりなと思った。お昼にお会いしてあれこれ雑談をしたいという用件だったはずだが、最後には本音を吐いた。生命保険の営業活動だった。よほど一人か二人紹介してやろうかなと思ったが、そばにいる付き添いが癪にさわったので断った。

 自席に戻ってきて、教え子の緊張して心細そうな表情を思い出して、いささか後悔している。どんなに辛い思いをしていることかと、彼の身の上を案じてしまう。さだまさしの「案山子」の一節を思い出す。

♪山の麓煙吐いて列車が走る凩が雑木林を転げ落ちて来る
銀色の毛布つけた田圃にぽつり
置き去られて雪をかぶった案山子がひとり
お前も都会の雪景色の中で丁度あの案山子の様に
寂しい思いしてはいないか 体をこわしてはいないか

彼は私と別れた後、上司からいろいろ注意されたり指導されたりしたのだろう。もっと、積極的に会話して、保険の成約に結びつくように誘導するべきだなんてことを、あの女上司から説教されたにちがいない。
私はといえば、彼の親の心境となり、「案山子」のような胸中となる。都会という曠野にぽつんと立っている案山子のような彼の姿・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-07 15:02 | Comments(0)

ヒューマンドキュメント

ヒューマンドキュメント・人間を描く

今話題になっている後藤正治の『清冽』(中央公論社)を手にした。寝しなに読み始めて2時過ぎに読了した。巧みな構成でするすると読めた。詩人、茨木のり子の律儀にして爽やかな人生に引き込まれた。

 茨木といえば、「わたしが一番きれいだったとき」の詩が有名だ。戦争が終わったときの若い女の心境を描いた詩で、
「わたしがいちばんきれいだったとき
だれもやさしい贈り物を捧げてくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆発っていった」
というスタンザ(連)が好きだ。戦争で奪われた青春をこんなにも平易な言葉で、静かに怒りを表していることに感動した。
この詩を読むたびに、ニシオカ先生を思い出す。戦争がなければきっと結婚したにちがいない国語教師。口さがない生徒どもは“オールドミス”と陰で悪口を言ったりした。厳しい人だったが、韻文特に詩のテキストを読解するときは少女のような顔になったことを思い出す。きっと、先生の心に秘めた人もきれいな眼差しを残して発っていったにちがいないと、私は勝手に想像したものだ。

 「わたしが一番きれいだったとき」は曲もついている。シンガーソングライターの吉岡しげ美さんが20年以上前に作曲している。実は、茨木のり子という名前を私が知ったのも吉岡さんを通じてだ。当時、この歌を聞いて、現代詩に音楽をつけるのかと驚いた。吉岡さんは金子みすずや与謝野晶子にも曲をつけている。
吉岡さんのコンサートではいつも大団円でこの「わたしが一番きれいだったとき」が歌われた。

『清冽』の著者の後藤さんは私と同世代。かつてはスポーツドキュメンタリーの名手として名をはせた人だ。私たちが著した『もう一度投げたかった 炎のストッパー津田恒美の直球人生』を評価していただいたと聞いたことがある。その後藤さんは、ここ数年、画家や詩人の人生を描くことに集中していることは興味深い。どんな心境の変化があったのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-07 12:31 | Comments(0)

けつバット

ケツバット

「鶴瓶の家族に乾杯」を見ていたら、朝ドラで活躍するK君がゲストで登場していた。さわやかな笑顔で、今、朝ドラでも人気もので絶好調だ。

今から5年ほど前に、まだそれほど有名でなかった彼といっしょに仕事をしたことがある。ヒロシマの平和公園を訪ね歩くドキュメンタリーだ。
題して「ぼくはヒロシマを知らなかった」。修学旅行でちょこっと行っただけの広島平和公園を、再度確認の旅に出るというノンフィクションの番組で、90分の長いリポートを彼がひとりで行った。

 彼をリポーターに起用したのは、その前年に読書の番組で、それほど売れていない役者の卵といわれる人たちを中心にスタジオ番組を作ったときのことだ。20歳前後の役者、タレントたちのなかで初々しくすれっからしでないK君の感じがよかった。その素朴な振る舞いが気に入ったディレクターが、8月の戦争関連番組のひとつに彼を主役に使いたいと声をあげたのだ。まあ、変な俳優意識も持たないK君ならいいだろうと、私も即座に賛成した。
 春から初夏にかけて、ちょっと長いロケに入った。

 7月の末だったか、番組の編集も終わり、最後のナレーション取りがやってきた。この番組は、平和公園のいろいろなモニュメントの歴史をK君が訪ね歩くことになっているから、彼の語り(ボイスオーバー)がかなりの部分を占めていた。

 本番の日。朝から私もディレクターはもちろん、ミキサーやアシスタントミキサー、音響効果マンなどがスタジオに詰めていた。
10時から作業を開始することになっているが、肝心のK君が来ない。30分ほど経ったときに遅刻しているなと悟った。

 11時前、K君が息を切らして慌てて飛び込んで来た。「すみませーん」と大きな声で謝った。
私の息子とほぼ同世代のK君を見ていたら、腹の底からむくむくと叱り飛ばしたいというオヤジ心が湧いてきた。だが、怒鳴って終わりでは、待たされた他のスタッフにも申し訳ない。役者だからといって甘い顔をすれば、そんなものかとスタッフの信頼も失う。だいいち、このままではK君自身も針のムシロ状態でやりにくいだろう。

 私はどやした。「今、何時だと思っている。約束の時間からかれこれ1時間近く遅れたのだぞ。みんな、君のために10時前から来て準備をしていたのだ。
ここは、一発罰ゲームだ。」と大声でどなると、K君は不安そうな顔をした。
 その日は雨で、傘をスタジオの隅に立てかけておいていた。それを手にもった。
「よーし、後ろを向いて」と指示。私はもっていた傘で、彼のケツを2回ポコーンと蹴っ飛ばした。
「すみませんでしたー」とK君はぺこりと頭を下げ、大きな声でみんなに謝った。スタッフは目を丸くしていた。やがて、全員にやにやしてスタジオの雰囲気がなごんだ。まだ少年のような顔を紅潮させていたK君が、台本をもってアナブースに入った。真剣な顔でマイクに向かって読み始めた。たくさんあったコメントもほとんどミスすることなく朗読を終えることになった。

 収録が終わりに近づいた頃にやってきたK君のマネージャーにケツバットのことを正直に話した。すると、彼女は「ありがとうございます。あの子はまだ甘いところがあるので、それぐらいやっていただいてよかったと思います」と感謝された。意外な言葉にこちらが恐縮した。

その彼が、今では国民的ドラマの主要な配役にいるかと思うと、時代の流れを思ってしまう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-06 23:12 | Comments(1)

長者丸

長者丸

めったにテレビに出ない作家のMさんを取材したことがある。10年ぶりの新作を書いたということで、取材に応じてくれたようだ。
連絡をとったとき、自宅は目黒の三田という地名を告げられた。港区の間違いだろうと思って、訪ねて行ったら、本当に目黒に三田があった。目黒川の河岸段丘のてっぺんにあった。高級住宅街だ。山手線で恵比寿と目黒のなかほどに日の丸自動車学校がある。そのあたりが三田の町内となるのだが、戦前は長者丸と呼ばれた区域だ。

ぶらぶらと長者丸の一帯を散歩した。マンションの多い住宅街だが、戦前は10軒ほどの邸宅が並んでいたに過ぎなかった。なかでも、中心にある吉田家の敷地は広大なものであった。本宅以外に東屋や別宅があるばかりか、画家たちの長屋が並び、中央に能楽堂まであったという。当主吉田彌一郎は呉服屋として成功を収めた人物で、芸術にも理解を示し、数人の画家たちを屋敷内に住まわせていた。その面倒をみたのが次男の幸三郎。演劇を研究するため早稲田大学に入ったが、中退し画家たちを指導することになった。そこにいた数人の画家とは今村紫紅、速水御舟、小林古径など錚々たるメンバーで目黒派と呼ばれる。

速水御舟とは重要文化財「炎舞」で知られる近代日本画の巨匠である。今、この人物に関心がある。
昨日の昼過ぎ、御舟の孫吉田春彦さんから来ないかと誘いがあり、日曜だが茅ヶ崎へ飛んで行った。御舟は晩年ここの南湖でよく遊んだといわれる。子孫はそこにいたのだ。春彦さんは現在ギャラリーなどを経営しながら、美術研究家として知られる。うかがうと、ちょうど漆器の個展が開かれていて、作家を紹介していただいたりした。

 夕方、時間が空いたところで、御舟のことをあれこれ聞いた。春彦さんの母上が、御舟の次女和子さんである。吉田家では昭和10年に亡くなった御舟のエピソードが今でも語られている。巷間に知られていない面白い話をいくつも聞いた。
和子さんの母、御舟の妻は吉田彌一郎の娘。吉田幸三郎の妹になる。御舟と幸三郎は義理の兄弟であった。この二人は、大正12年9月1日に上野で関東大震災に遭遇する。そして、二人で自宅のある目黒を目指して歩いた。その事実に、私は今注目している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-06 10:05 | Comments(0)

暗闘

2つの原発の番組

日曜日には、9時からNHKスペシャル、10時からETV特集と2つのドキュメンタリーが並ぶが、最近ほとんどNスペを見なかった。今もっとも関心のある原発に対してこれといったものがない一方、E特は果敢に調査報道を重ねていたから、どうしてもE特視聴になっていた。

 今夜は両者とも福島原発のことであった。久しぶりにNスペの迫力は凄かった。かなり内部に食い込んで調査(インベスティゲイト)していた。ベントの問題、なぜ遅れたかが克明に描かれていた。総理が東電に飛んで行った理由が分かった。

最後に、危機的な状況に立ち至ったとき、東電は現場放棄を5回にわたって政府に表明したことを知って、怒りが湧いた。まったくの当事者性の放棄、無責任。保安院もひどいものだ。原子力行政に従事してきた科学者たちの顔。

しかし、東電の社長は当事者であったにもかかわらず登場しないのは解せない。辞任したことを理由に出演を拒んだのだろうか。それは許されない。いくら退任しても、事故がまだ収束しない以上、メディアの質問に応答する義務があるはずだ。さらに現場の最高責任者のフクシマ原発所長も出なかった。番組には現在の常務しか東電側は登場していない。東電は説明責任を果たしていない。
 そんななかで、取材チームは下請けの現場作業員の声をよく拾っていた。
 それにしても、メルトダウンのCGは心臓によくない。

今回の3月11日から15日までの顛末を詳細知ると、野党である自民党は偉そうなことを言って、民主党を責めることできるのか。もし今回自民党が政権にあったならどうなっていたか。アベやアソウのトップだったらどうなっていたか。もっと迷走していたと思われる。だいたい、これまでの原発政策および危機管理のシステムはすべて自民党が構築したものではないか。

このNHKスペシャルが今後に与える影響は大きいと思う。先日の放射線量測定のETV特集もかなりの反響があったと聞くが、それに劣らないものがあると思う。しかも、これはシリーズだ。今後も数回にわたりフクシマ原発事故の真相を探っていく。注視しておく必要があるだろう。

そして、今夜のETV特集は30分という異例のショートバージョンだった。前回の反響の大きさに応じるかたちで、その後の情報を報告するというスタイルだったから、ややトーンダウンしていたが、だがスタッフはよく健闘していた。

今、この国の水面下で原子力をめぐっての暗闘があると、私は感じた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-05 23:10 | Comments(0)

成城の薔薇

成城の薔薇

 ベランダから庭を見ると、大輪の薔薇の花が盛りを終えて枯れかかっていた。「今年の薔薇はよく咲きましてね」とゆかり夫人は楽しそうにかつ名残惜しげに言った。梅雨の晴れ間の日差しを浴びた庭は至るところに深い木下闇を作っていた。

 7月放送予定の番組のために、大江さん宅に撮影に入った。現在執筆中の小説について、話をうかがうこともあったが、メインの目的は「フクシマ」についてであった。書斎で2時間にわたって聞いた。77歳になられたとは思えないぐらい、若々しく情熱的に原発、原発政策について語った。担当のディレクターの質問は明晰で、思わせぶりなところがまったくない素晴らしいものだったから、両者の対話はスィングしていた。大江さんも気持ちがよかったらしく、インタビュー終了後、「これからも頑張ってください」とディレクターを励ました。

 光さんは今月で48歳になる。昔に比べてややスリムになって、まるで少年のようだ。お気に入りのFMクラシックにダイヤルを合わせて静かに耳を傾けていた。最近は、笑瓶ちゃんのきままにクラシック・ドンという超イントロクイズ番組が気にいっているみたいと、ゆかり夫人が解説してくれた。クラシック音楽のイントロ部分を聞かせて何の曲かあてる番組だが、光さんはたいてい最初の1音で正解するそうだ。「たったひとつの音なのに、ティンパニーが鳴っていたとか細かいんですよ」と再び夫人の解説。なんだか光さんの表情は得意げだ。言葉が少ない光さんだが、こちらの心の動きには敏感で、ぽつんと単語をヒントのようにして発してくれる。このときは言葉はなかったが、にこにこ笑っていた。

 玄関そばの階段の壁にかかった大きな絵。森のなかで執筆する若い作家が画面中央にいる。若い作家は大江さんがモデルであろう、黒縁の眼鏡をかけている。前髪が垂れて若い。周りを大きな深い森が取り囲んでいる。作家の机の上には鴫のような白い鳥が止まっている。森の奥には光が差し込み輝いている。いい絵だ。詳しいことを聞いたことはないが、司修さんの絵だと思う。

 夕方5時、作業を終えて辞去した。カメラマンも音声マンも充実した表情。緊張も解けて、ここちよい疲労が残った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-04 07:46 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧