定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

境涯

境涯

この間の日曜日、目白で句会が開かれた。今年に入って、新しいメンバーが増えて投句数も増えている。当季詠だけで70句にものぼる。俳句といえば年寄の慰みで安気なものともみえるが、時には人生の断面をずばっと切り取るような句に出会うこともある。

現実が喉を通らぬついりかな

葱男さんの句だ。ついりは梅雨入りだが、ここでは漢字をきらって平仮名にしてある。
喉を通らないほどの過酷な現実。息苦しいほどの張りつめたものが漂っている。

大震災以降の日本を覆う不況は至るところで人の暮らしを破壊している。不安を与えている。にもかかわらず政治は停滞している。愚かだ。人民大衆の痛みを本気で知ろうともしていない。与野党ともに権力争いに明け暮れている。愚劣だ。田沼意知がくらったようなことが起きないとも限らない。と文句の一言もいいたいがそんな政談などを書きたいわけではない。

俳句とはノー天気な叙情だけでなくディオニソス的抒情を運ぶメディウムでもあるということだ。たった17文字に境涯が反映される。

俳句は葱男さんのような苦悩とは違う境涯も見せてくれる。例えば鈴木真砂女の句だ。

とほのくは愛のみならず夕蛍

恋を人生の主題とした真砂女らしい句だ。逆にこの句は真砂女以外の俳人が詠めば陳腐になるのかもしれない。そうか、愛は遠のくものなのか。

サラリーマンの境涯を描かせば草間時彦以外にいない。サラリーマンはけっして気楽な稼業ではない。その現実をきちんと掬いとる技量に驚く。読むたびに共感するのが草間時彦。

冬薔薇や賞与劣りし一詩人
秋鯖や上司罵るために酔ふ

そうだ。酔って、上司の悪口を言うほどうまい酒はない。
なんてことを、夜中の3時に目が覚めて、この記事を新しいパソコンで作成した。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-22 08:44 | Comments(1)

文蔵にて

文蔵にて

局の資料室にこもって調べものをした。開架式だからあらゆる本の背表紙を眺めることができる。ついつい、本件と関係のない本のページを繰ることもしばしばだ。

外交官にして作家のポール・クローデル。彼が日本で外交官として活動している最中に、関東大震災と遭遇する。この事件は彼にさまざまなことを考えさせたに相違ない。関西にまで出かけて、懇意の日本画家を訪ね、あれこれ人生について問答したことが書かれた、彼の外交官日記。ちなみに、妹のカミーユは映画「美しい諍い女」の主人公にして、ロダンの愛人。そうか、ロダンが生きていた時代は明治末期から大正時代だったのか。白樺派にとって、ロダンは同時代人だったか。

マルグリット・ユルスナールの墓についてのエッセー。彼女の秘書と同じ墓地に眠る。その秘書は愛する人でもあった(らしい)。生涯独身であった彼女の伴侶だったといえるかもしれない。その秘書が先に死んだとき、彼女の嘆きは大きかった。が、聡明で沈着なこの人はけっして感情を露にしない。ただ、散歩の折にはその秘書の墓石をいつも静かに撫でていた。と伝記作者は伝えている。と、ここまで書いて、須賀敦子の「ユルスナールの靴」のなかに、この二人のことに触れていることを思い出した。

 ガートルード・スタイン。パリに根拠地を得て、画家たちと交流した女性詩人。というよりコレクター。マチスやピカソの才能をいち早く見抜いた。この新進の画家たちをアメリカに紹介したのもガートルードの功績だ。この人も生涯独身であった。
最期が近づいたとき、最新の車を購入して、ピカソに会いに行った。そして、二人は公園のベンチに腰掛けて静かに対話した。ピカソは、「あなたも、長い人生で、人には言えない苦しいこともあっただろうね」とねぎらった。ガートルードは何も言わず、ピカソの顔を穏やかに見ながらにこにこしていた。それから間もなく死去。

 最後に車を買ったということで、去年死んだ佐野洋子を思う。彼女も、癌と告知された帰りがけに、外車専門店に行って、ジャガーを買った。私の知っている佐野は、絵本作家というより布施明の好きなジャガーおばさんだ。

馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に
昔、教科書で覚えた短歌。木下利玄か伊藤左千夫あたりと思っていたら、啄木の歌だった。

 
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-21 16:40 | Comments(0)

新しいパソコン

新しいパソコン

これは、昨日山田電機で買ったパソコンで打っている。
前から使っていたパソコンはとうとう耐用年数を超えた。このところ誤打ちが多かった。
京都へ持っていくのも重かった。

そこで富士通の小さなパソコンを購入した。初期設定を今行っている。
これから、メモ代わりに使っていこうと考えている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-20 21:56 | Comments(0)

梅雨寒だから雪の映画も実感できる

梅雨寒だから雪の映画も実感できる

 浅田次郎という人の小説は読んだことがない。なんだかいかにも作り物じみていてわざとらしさが目につくから。読んだことがなくても題材を見れば分かる。「鉄道員ぽっぽや」「昴」など、およそ作者の経歴からかけ離れていて、感動を与えようとする作為の目立つものだ。私と同じ世代だが、自衛隊に入隊したあとテーラーになったりとか”複雑”な経歴になにか胡散臭さを感じてしまう。別に実職についたことを喋々するわけではない。理容師という立場から世の中を見てきた石川桂郎のような人物に対して、私は尊敬しているから。

 所詮、小説とは作り物だから作家の経歴や出自を問う必要はないのだが、浅田の場合、あのインチキくさいちょびひげの風体から文士きどりの発言まで、どこか信用できない気がしてならない。
同じ中間小説でも久世光彦、島田荘司、三浦哲郎、江國香織などはまったく気にならないのだが、浅田次郎、なかにし礼、西木正明、伊集院静の系譜には違和感が先に立って読む気がおこらない。なかにし礼なんかは作詞のほうはすごく好きで、「別れの朝」の訳詩などはぜっぴんだと思っているのだが。

 前置きが長くなった。小説の話ではない。映画のことだ。昨夜遅くまで、浅田原作の映画「鉄道員ぽっぽや」を見た。最後まで飽きずに見たが、なにか物足りなさを感じてしまったのは原作のせいかと疑ってもみたが、それだけでもなさそうだ。

 さきほどのわざとらしさを感じる小説家と同様、わざとらしさをかんじさせる役者というのもいる。小林稔侍がその一人。広末涼子、安藤輝信、大竹しのぶ、などもその流れだ。総じて、実物とかけ離れた演技、つまり嫌な人格とはうらはらに好人物を演ずる役者たちだ。いや少し言い過ぎかもしれない。大竹しのぶなんて夏目雅子みたいに早世していれば、良い役者と思えたかもしれないし、安藤なんかも「キッズリターン」の名演技は忘れられない。小林稔侍もわざとらしさが目につくのだがただ本作について言えば、小林の芝居は悪くない。やはり尊敬する健さんと共演したから、本気になったのだろうか。
その高倉健もまたワンパターンのわざとらしい芝居(大根)なのだが、不思議なのはトータルで見ると共感する人格を作り上げていく。最後の最後で胸がしめつけられるという得難い才能がある。一徹な個性だけは演技でなく本性だからだろうし、誠実ということもこの人の実質ではないかと思わせるからだ。この映画でも、「幸せの黄色いハンカチ」のときと同じ感動を覚えた。

 キャスティングで最も違和感をもって、最後まで映画に没入できなかったのは広末涼子のせいだ。彼女が雪の精とはとても思えない。薄幸で健気で親思いの少女が彼女?あんなにいけずで我がままな女をヒロインにもってくる配役が分からない。これが「古都」の時代の山口百恵だったら文句なく物語に没入できたであろう。ただ、この映画が撮られた時期には広末はアイドルだった。

 一方、奈良岡朋子とか志村けんなどはいい。木村大作の雪の撮影は最高だ。だるま食堂の外観、駅舎のセットも美幌の駅構内も素晴らしい。雪の炭坑の街はいい。とくに夜道の場面は、風景だけで心に染みて来る。気動車が1両だけで雪原を走るカットは独特の抒情をかもしている。健さんの鉄道員の外套はかっこいい、良すぎる。死ぬ間際の大竹が電車で去って行く場面、窓越しの大竹のさみしげな笑みがよかった。

 ところで読んでいないから分からないが全編に「テネシーワルツ」が流れるのは、原作にあるのだろうか。映画にだけ付加されたものだろうか。妻である大竹しのぶが劇中何度も口ずさむ。耳に残る。いわずと知れた、この歌は高倉の元妻江利ちえみのヒット曲だったから気になるのだ。この歌の扱いを、撮影の間、高倉はどんなふうに聞いていたのだろうか。

降旗康男という監督の作品は、浅田次郎と同じわざとらしさの匂いを感じて、これまでも見てこなかった。この映画も川本三郎のエッセーに導かれて見ることになったが、ちょっと見直した。「居酒屋兆治」ぐらいは見てみようか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-19 08:56 | Comments(0)

夜をはしる鼠のごとく

夜をはしる鼠のごとく

朝寝をしていたら、突然サイレンが鳴り、「津波警報、訓練です」という大音響が流れた。
大磯は太平洋に面しているから津波は要注意地帯。海岸に大きな護岸壁があるが、3・11でまったく役に立たないことは証明ずみだから、逃げるしかない。

有り難いことに我が家は紅葉山の頂にあるから逃げなくて良い。普段は山の家は不便だとかしんどいとか評判が悪いのだが、大地震以降、安全地帯として家人から見直されるようになった。遅い鶯が鳴いているのを聞きながら、亦寝した。

 昼過ぎ、東京へ向かう。途中大船で下車。駅中の立ち食い寿司に寄る。ここのおまかせ寿司は7カン650円。値段も手頃で酢メシが美味しい。いつ行っても行列が出来ている。だが、立ち食いだから客の回転が早くすぐ席につける。

 明日は6月の句会。今日中に投句しておかなくてはならない。当季雑詠4句、課題詠4句。課題は梅雨、動物園(植物園、水族館)、笛・琴・尺八。半月の間、頭の隅でごちゃごちゃ考えているのを、締め切り前日に一気に吐き出すのだ。夜をはしる鼠のごとく。この文言は木俣修か誰かの短歌の一節だが、なんとなく気にいった。だが俳句には長過ぎて使いにくい。

 ちょっと気取って作りこんでみるか。
  雨知らに夜更けの薔薇のささめごと
 薔薇が夏の季語と知って詠んでみた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
  
[PR]
by yamato-y | 2011-06-18 22:29 | Comments(0)

焼きそば

麗郷の焼きそば

気に入るとずっと食べ続ける。今、気にいっているのが東急本店通りの代々木八幡側にある麗郷の焼きそば。
麗郷の本店は渋谷恋文横丁にあるが、数年前に支店が出来た。ランチタイムは定食997円が出るが、私はいつも単品の焼きそば。945円。
太めの麺に、五目あんかけ。熱々の焼きそばに酢を垂らすのがオレ流の食べ方だ。これは、長崎の皿うどんの食べ方を真似した。
このところ、1週間に3日は食べている。胃の手術以来、食が細くなったのだが、ここの分量はキャパの範囲内。台湾料理の店なので、厨房もウェイトレスもみな中国の人たちだ。片言で注文を聞きにくるのだが、最近では顔を覚えられていて、何も言わずに焼きそばが出て来る。

 ここ以外では、1コインのスパゲッティ。1050円の寿司定食。大菊の盛りそば。

昔は遠出して昼飯を探した。公園通りの天ぷらや、青山のピッツア、道玄坂のチャンポン、東急文化会館ぼてじゅうのイカ焼きそば、など。どうも、弁当を買ってきて食べるのは性にあわない。

これまでの転勤生活のなかで、ランチでよかったのは、長崎局の裏山にあった天寳閣の皿うどんだった。この店は閉店したからもう食べられないのだが、夏の暑い日にふうふう言いながら食べた皿うどんが忘れられない。

それからお昼となり、ぼてじゅうに行った。午後2時だ。ミックス焼きそばには目玉焼きが乗って美味しそうなので注文した。うまかったが、1200円とちと高い昼食となった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-16 09:53 | Comments(0)

核をめぐる対話

核をめぐる対話

先日、夢の島の第五福竜丸展示館で収録した対談が、今作品になりつつある。
7月3日(日)の放送予定のETV特集である。出演は大江健三郎と大石又七。大江さんはご存知のようにノーベル賞作家。大石さんは第五福竜丸に乗務していてビキニの水爆実験で被爆した人物である。この二人が、今起きている原発事故を念頭に、日本人と核の問題について話し合った。
大江さん78歳。大石さん79歳。二人は同世代。新制中学校の最初の入学生という戦後体験をもっている。

1954年、ビキニの海でマグロ漁を行っていた第五福竜丸(ラッキードラゴン)は、アメリカの水爆実験に遭遇し、乗員23名が被爆する。半年後、久保山愛吉さんが死去。だがアメリカ側は水爆との因果関係を否定し、あくまで輸血による肝炎と主張。大石さんたちも健康不安をかかえながら世間に押し出されていく。それからおよそ20年大石さんは沈黙する。が、やがて自分たちの体験が隠されていること自体が問題ではないかと考えるようになり、子供たちに向かって被爆体験を語るようになっていった。

ビキニ事件の1年前、ソ連が核兵器開発でアメリカを追い抜いて、水爆の開発に成功した。これによって核戦争の危機が高まる。対抗してアメリカも水爆を開発。それがビキニの実験。日本では反米意識が高まり、原水爆禁止運動が広がっていく。そのときに、日本工作をアメリカは行う。実際に活動をしたワトソンが7年前にその証言を行っている。
その工作とは、原子力の平和利用の意識を作ること。その動きに呼応したのが正力松太郎であった。新聞やテレビが原子力の平和利用を喧伝していく。ビキニ事件決着の1955年の後半、日米は原子力協定に調印し、やがて原子力ブームがやってくる。その2年後、東海村の原子炉に火がともって、日本の原子力開発が動きだしていく。
このように、ビキニ事件と原子力発電所開発は深くつながっていた。このことをめぐって、大江、大石の二人は長時間にわたって語り合う。その大きな流れを本日一本化したのだ。
ぜひ、ご覧いただきたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-15 16:30 | Comments(0)

傘雨

青葉冷え

 お世話になった方面に挨拶を一通り終えて受賞騒ぎも一段落した。昨夜はテング酒場でいつもの升酒とイカ刺しで一杯ひっかけて帰った。久しぶりに映画でも見ようと思って、メル・ギブソンの「リーサルウェポン」を見始めたが眠くてたまらない。10時過ぎには寝た。

 6時過ぎに目が覚めた。ある人から送ってもらった木村東介の『女坂界隈』『不忍界隈』を読み始めた。上野で民族美術商を営んだという木村の言動は度外れで痛快そのもの。民族というのは右側のという意味らしい。

 ジョン・レノンに白隠の達磨の図を売ったという話が面白い。暮れの押し迫ったときに、ジョンはヨーコといっしょに木村の店を訪れた。店でなく自宅に架かっていた白隠が気にいってその場で買った。言い値の200万。それだけでない。曽我簫白に仙涯もだ。最後に積んである箱にジョンは目をつけた。「コレは何だ」と聞くから、芭蕉の短冊だと応えた。広げて軸を掛けると、ジョンの目が変わった。200万という値段にいとめをつけず即購入。帰りのタクシーのなかでもジョンはその短冊を大事に抱えて去ったという。ちなみに、短冊の句は「古池や」だ。
 ジョンが店に来たときから木村は売る気がなかった。心ある日本人のコレクターに秘蔵してもらいたいと集めた品ばかりだから、外人(木村の表現)には売りたくないと民族派らしい魂胆があった。だが、ジョンのひたむきな心にうたれて、次々に秘蔵の品を売ったのだ。
世の中には不思議な人たちが、まだまだいるものだ。

 この木村は久保田万太郎びいきらしい。彼の句をいくつも紹介しているが、なかで初めて目にするのがあった。
ひとづてにうわさきくだけ花曇り
きくだけ、という措辞にまいった。さすが傘雨。

木村東介という画商の美意識は独特の鋭さ。日本の5大芸術として、1に円空、2に二天、3に写楽、4に詠士、5に利行。5はなんとなく見当がついたが、2と4はまったく知らない。なおも本文を読み進めると、二天とは宮本武蔵のことのようだ。たしかに武蔵は絵を描いたが、それほど高い評価とは思いがけなかった。詠士とは宮島大八のこと。その書を木村は高く評価している。どんな書だろうか。ちょっと見たくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-15 08:23 | Comments(0)

レッドカーペット

衛星放送協会オリジナル番組アワード
c0048132_13251835.jpg


新見を朝9時半に出て東京へ向かった。雨上がりの伯備線は美しい。高梁川の流れに沿って中国山地を降っていく。日曜日から鮎が解禁となり、川の処々で釣り人が竿を垂れている。雨季だから水量も多く、波頭が白く光っている。

東京へ到着したのが2時半。会社へ直行し、上着を着てエントリーシートも携行して会場の平河町の都市センターホテルへ向かった。
4時半までに受賞者は集まれということであったが、予想どおり受賞の際の段取りリハーサルだった。

衛星放送協会の20回目の年次総会が昼間開かれて6時からパーティとなる。コスモホールの広い会場には400人ほどのメンバーやゲストたちが懇談する。コンパニオンが酒を勧めてくるが断る。数人の顔見知りがいたので挨拶したが、気持ちは上の空。というのは、7時から始まる表彰式でトップがドキュメンタリーの授賞なので、私はすぐスピーチをしなくてはならない。もっと質素な式だと思っていたので、会場の晴れがましさにいささか緊張したのだ。

テレビの時代も半世紀となる。そのなかで、今年久しぶりにテレビの新しい賞が生まれた。衛星放送協会オリジナル番組アワード。衛星放送で生まれた番組のなかから顕彰する賞だ。第1回だからすべて新らし尽くし。7つほどのジャンルがあって、トップがドキュメンタリーでラストがドラマという順番で表彰される。30のノミネートされたドキュメンタリー作品のなかから、わが「若き宗家と至高の三味線」が最優秀賞に選ばれた。

名前を呼ばれ、壇上に向かう。赤い絨毯の上を、いっしょに仕事をしたディレクターと局のプロデューサーの3人で登壇。審査員の石井彰氏から講評。石井さんはこの番組の優れている点を熱く語ってくれた。地上波の番組を入れてもこの番組の評価は下がらないだろうと高く評価してくれた。有難い。
そして、賞状とクリスタルガラスのトロフィが石井さんによって授与された。受け取った私の手にトロフィがずしりと重い。
そして、受賞の弁。1分ほどの持ち時間に、お礼と番組の概要と盛り込んだ慌しい話だったにちがいない。あまり覚えていない。正面からのスポットライトが眩しかった。

任務を終えて気がゆるみ、水割りを続けて3杯飲む。審査員の鴨下信一さんに挨拶に行く。鴨下さんは往年のテレビドラマの神様だ。だが古典芸能にも詳しく、本番組の音の良さを高く評価していただいたと聞いた。頭を下げると、「良かったね」と温顔に笑み。隣にいた審査員長の吉岡忍さんもレベルが高かったですよと褒めてくれた。スタッフ全員感激。

8時からの記者発表も無事終え、私たち3人は赤坂の町へ繰り出した。といっても、居酒屋での打ち上げ。焼酎を片手に番組談義は10時まで続いた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
c0048132_1323496.jpg

[PR]
by yamato-y | 2011-06-14 12:29 | Comments(1)

雨の旅立ち

雨の旅立ち

雨の土曜日。朝7時。出発前の慌ただしいなかで、これを記している。
本日は正午までに京都駅に行く。駅前のホテルのロビーで出演者、スタッフと待ち合わせている。

いよいよ、小早川秋聲の番組が始まった。彼の活躍した京都からロケは始まる。番組の報告者には高名なアニメ監督に入ってもらった。
まだ名前は明かさないが、その人は美術に造詣が深く、小早川の作品についてもエッセーを書いている。しかも、その推察はかなり深い。ということもあって、小早川の知られざる人生と作品を今日からその人に旅してもらうことになっている。撮影スタッフは昨日から京都入りしていていくつかのシーンは撮りはじめている。

本日は夕刻まで京都で撮影をし、夜に山陰の日南町まで車移動。そちらで宿泊の予定。明日の朝は、当地の美術館で朝早くから大掛かりな撮影を予定しているからだ。
これらの日程に、私は同行し、月曜日朝一番、列車で東京へ向かう。夕方、平河町で受賞式があるので、それに間に合わせなくてはならない。

期間は短いが久しぶりのロケ。おまけに車の長時間移動。少し不安があるが、思い切って飛び込む。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
 
[PR]
by yamato-y | 2011-06-11 07:37 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧