定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

<   2007年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧

終わりなき芸の世界

人間国宝、竹本住大夫
c0048132_198505.jpg
終わりなき芸の世界

文楽三味線の第1人者、鶴澤清治の特集を作りたいと願っている。
その参考にと数年前放送されたNHKスペシャル「人間国宝ふたり」を見た。大阪の局が制作しておりディレクターはかつて一緒に仕事をしたU君の作品だ。放送当時、彼から連絡をもらって視聴しており、今回は2度目の視聴となる。

最初の放送を見たときも、深い取材、しっかり刻まれた人物像といい、よく出来た作品だと感心した覚えがある。今回も見て緻密な編集に完成度の高さを感じた。

主人公は文楽の二人の第一人者を追っている。人形遣いの吉田玉男、浄瑠璃の竹本住大夫、二人の人間国宝だ。80歳を越える玉男が「心中天網島」を3時間にわたり舞台をつとめあげる芸の“強さ”には圧倒される。この人は先年亡くなった。このドキュメンタリーは素晴らしい玉男の芸を記録することとなった。

もう一人の主人公、竹本住大夫(83)が実に魅力的だ。若い弟子に稽古をつけるのだが、悪口雑言で弟子を罵倒する。カメラが回っているのにいいのかしらと不安にさせるほどの悪態なのだ。ところが稽古を終えて感想を聞く段になると、この師匠のしごきに耐えてこそ一人前になってゆけるのだということを、自分の体験をふまえて穏やかに語る。そのときの柔和な表情がいい。この番組のすばらしいのは、竹本住大夫のえげつないしごきでとどまらないところだ。つまり、巨匠の巨匠たるところだけで取材を終わらせていないということだ。

実は住大夫の稽古量はこの世界でも人一倍多いことで知られる。本人の弁によれば「生来の声の悪さと不器用のせいで稽古するしかなかった」というのだが。その陰の努力が垣間見える場面が、このドキュメンタリーに出てくるのだ。

京都に引退した兄弟子の竹本越路大夫を訪ねるシーンだ。そこで住大夫が自分の芸のチェックを受けるのだ。人間国宝が、である。弟子に対してあれほど尊大だった師匠が、兄弟子の注意に畏まって耳を傾ける。芸の厳しさを見る者に訴える圧巻の場面だ。この番組の副題「終わりなき芸の世界」を見事に表している。

実は、今私が構想する番組は、文楽の語りでもなく人形遣いでもないもう一人の名人を主役とするものだ。文楽太棹三味線の鶴澤清治。
文楽では、語り、三味線、人形という流れというか格がある。どうしても人形の華やかさに目を奪われがちだが、実は三味線がきわめて大切な存在である。三味線は単なる伴奏音楽ではないのだ。登場人物のせりふ、心象、人柄、場面の情景、など舞台全般を包む大きな能力(ちから)となるのだ。それを三味線一本で表す――その芸。
5月に鶴澤は国立劇場の大舞台で、その芸の真髄を披露する。そのときに、語りのゲストに竹本住大夫が参加している。名人と名人のぶつかり合いをぜひ番組にしたい、そう願っている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-03 19:08 | ブロギニストのDJ | Comments(0)

世の中不便になっている

世の中不便になっている

ADSLの回線が利用もしていないのに繋がったままになっていることを、昨夜知った。解約しようとネットのその欄を開くと、いろいろな項目に入力しないと解約出来ないことになっている。何度か試みたがうまく入れない。おかしい。解約するのになぜ利用者がこれほどの負担を負わなくてはならないのだ。電話をかけてやめたいということを通告する方法はとれないのかと、画面を動かして連絡先を探すが、いっこうに電話番号が現れてこない。

申し込みなどはすぐ連絡先が出てくるのに解約となると手続きが面倒になるのは、これは出来るだけ解約させない、しにくくなるという企業の策略ではないか。

私のようにコンピュータ弱者では簡単に入れてなかなか抜け出せないという、契約蟻地獄に落ちてしまうのだ。消費者センターにでも訴えてやろうかしらむ。

最近、飛行機の予約および解約が昔に比べてずいぶん不便になっている。以前であれば電話で全国にある予約センターに連絡通告すればすんだものだが、今はそうはいかない。まず電話は一箇所しかない。待たされる。かかったと思うと録音で指示が出る。○○の場合は1を、××の場合は2を押してくださいと、選択に誘導される。その間、時間はどんどん経過する。そのうちにやり直しを命じられるなんて羽目にも陥る。これって、会社の都合で利用者に迷惑をかけているだけではないか。

20年前、電車の切符が自動販売になったとき、知的障害の人たちが困っているというリポートを作ったことがある。それまでは窓口に行って行き先を告げれば切符が買えたものだが、自動化したことによって知的操作を自力で要請されるようになり外出が遠のいたという話を聞いたからだ。これとて輸送業者にとっては合理化できたかもしれないが、利用者特に弱者には犠牲を強いたことだ。

最新式のビデオカメラを預かり、梱包を解いて操作をしようと思って「取り扱い説明書」を読んだがさっぱり分からない。高度な技法なんか必要ないから簡単に撮影できる操作はないかと調べたが、カメラはいっこうに動かない。やっているうちにだんだん腹がたってきた。これって利用するもののことをまったく考慮していない。

ネットの世界ではそういうことがどんどん進んでいる。やりかたが分からないまま置いてけぼりを食らっている。いまだにケータイは電話をかけるだけでメールなどうてない。ゲームなんてやりかたも分からない。ああ腹がたつ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-03 11:54 | Comments(0)

早春のスケッチ

早春のスケッチ
c0048132_12411241.jpg
c0048132_12412418.jpg



今年は陽気がいいせいか、2月初めだというのに早春の気候となっている。
久しぶりにツヴァイクの道を下りながら、早春の風景をスケッチすることにした。
風は冷たいが日差しはきつく、太陽に顔を向ければ耳のほかは暖かい。粒だって落ちて来る光に手のひらを向けて日を浴びる。

向山の峰には、葉を落として枝だけになっている雑木林が少し赤みを帯びている。まもなく芽吹きになるのだろうか。
足元の笹薮からちっちっと鳥の声がする。まさか鶯の笹鳴きではあるまいから、おおかた群雀だろう。

さらに下ると大きな欅が倒れていた。今年の冬は大きな風も吹いてはいないが、根こそぎひっくり返っているのを見ると、斜面に樹の重みを支えきれなくなって倒木となったようだ。この倒木が朽ちやがて別の新しい樹の芽がここに吹くのであろう。山は人知れず流転を重ねる。たしか倒木更新といったのではないか。

海が光っている。波のない穏やかな光る海を山から眺めると、風景の上方にあるのがおかしい。沖はかすんでいるが上空には雲一つない。

麓まで行くと枯れススキが無風の中にぼーっと立っている。かたわらの古井戸に金網の蓋が新しく取り付けてあった。10年来ずっと裸のままだったのに、誰かが落ちたのだろうか。

駅への坂道を登る。改札口に急ぐ人の群は黙々としているが、どこか弾むように見える。陽気がいいせいだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


c0048132_12413682.jpg
c0048132_12414853.jpg

[PR]
by yamato-y | 2007-02-02 12:30 | 登羊亭日乗 | Comments(0)

夏目金やん、鬼難の相

夏目金やん、鬼難の相

以前、夏目漱石の録音について書いたことがある。
漱石の弟子、鈴木三重吉が蝋管の録音機を持ち込んで、漱石の声を記録したという話だ。
残念ながら蝋が変化していたため、音声を取り出すことはできなかったが、漱石のような気難しい人物にそういう洒落っ気を引き出すとは、三重吉という人はなかなかだなと思ったことがある。

その三重吉が漱石の知遇を得たのは、学友の中川芳太郎が三重吉のことを漱石に話したことからだ。そのとき中川は、三重吉が漱石を金やんと呼んでいると語り、それを漱石が面白がったという。漱石夏目金之助、金やんということである。以降、中川宛の手紙の最後に漱石は金やんと署名した。東大教授が一書生にそう書いて送るとは、さすが落語好きの漱石ではないか。

もう一つ、漱石の赤ん坊の頃の話もこのブログで書いた。乳児で籠の中で育てられた頃に、その生家に国定忠治の息子が泥棒で入ったという話だ。山田風太郎はこのエピソードを使ってさらに物語を作った。その押し込み強盗が帰り際に、そこに眠っていた赤ん坊の籠を蹴っ飛ばすとギャーと泣いたと書いたのだ。風太郎って、ホントに面白い。

さて、この押し込みは事実であったが、漱石は後年もう一度泥棒に入られていることを、本日三重吉の書簡を読んで知った。明治39年9月、漱石宅に泥棒が入り、来客の帽子や雨具などを盗んで行った。その際、三重吉の「金やん」の手紙も持って行った。いや、持っては行かない、使った。泥棒はそこで脱糞していき、その手紙で尻をふいたのだ。
後で、その話を聞いた三重吉はいやーな顔をしたそうだ。

明治の漱石、三重吉、子規、らの交友はおおらかでで楽しそうだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-01 17:43 | Comments(1)

マルキュー(109)

マルキュー(109)
c0048132_13414263.jpg


朝、出社するとき久しぶりに109ビルの前を通り写真を撮った。
今や渋谷に来る女の子のファッションの震源地になっている。
街にも栄枯盛衰があるようで、数年前まではこのビルはダサイと思われていたが、2000年を越えたあたりから、派手な格好の女の子が出入りするようになった。反対に公園通りの入り口にあるマルイなどは影が薄くなった、と思う。

このマルキューに入っている店はいわゆるブランドのような高価な品物でなく、普通の女の子が手ごろな価格で手に入れられる可愛い商品が置いてあって、人気となっているそうだ。田舎からここを目指してやってくる人も多いと聞く。いわゆるカリスマ店員なんていう存在もここが発祥だったようだ。

噂で聞いたが、ここに入っている店は相当もうけたらしい。品物はバングラディッシュのような低賃金の国で縫製させて安く売るのだから、儲かるというのだ。若い女の子の人気スポットでも甘い汁を吸うのは、したたかなオジサンということか。

 このビルに入ったのは数回しかない。5階にある回転すしが安くて美味しいということで出かけたが、いつ行っても客が行列をしていて入ったことがまだない。それ以外にそこへ足を踏み入れることはないのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-02-01 13:36 | 登羊亭日乗 | Comments(0)


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧