人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

北国の影の毛深き

北国の影の毛深き

昨夜は冷え込んだ。冬近いことを感じる。
10月第3日曜日。ぬけるような青空が広がっている。微風が椎の梢をわたる。
隣家の雨戸を繰る音がする。目が覚めても布団のなかでじっとしていた。

夢をみた。金沢の夢だ。教室のなかというか研究室のなかだから学生時代の夢だ。卒業近くの慌しい日々の出来事だった。またしても過去へのとらわれか。今年の春先に、この北国の町のことが気になってしかたがなくなったことがあった。
そして訪ねることがあって、知ったのは知人の二人が急逝していたことだった。まだ60の坂を越えてまもない人たちの死はこたえた。
その折に、長く消息を知らなかった友人が浜松に在住することを知り連絡をとった。長い手紙が来て、二人の知人の死は悲しいが、これからまだ続く人生を互いにがんばろうと書いてあった。若い頃は難しい性格と思われた人の思いがけない温情の言葉だった。

50を半ば過ぎた頃からやたら懐旧の情が湧くようになった。半年とか1年とかで、その思いにとりつかれる。帰っていけないどうしようもないことだけにそこに留まりたくないと思っていても、漏水のようにちょろちょろと心の池に注ぎ込む。

半年以上、そういう気分がなくやってきたのだが、今朝来た。
布団の上で20分瞑想をする。雑念の中から、ふと北国の大学が浮かび上がってくる。

大学のキャンパスは金沢城の城内にあったから、エスケープは十間長屋の上にある植物園が格好だった。薬学部の薬草畑で、畑をうっそうとした木が取り囲んでいた。人影はほとんどなく、晩秋ともなれば落葉を踏む音しか聞こえなかった。そこで寝転がって流れる雲を見ていたことを思い出した。

その気分と必ずしもマッチしないが、鷹羽狩行の句集でみた北国の句が気になった。
北国の影の毛深き鶏頭花
丈の高い鶏頭がひょろひょろと立っている心細いさまが見えた。こんなことを書いても仕方がないと思っても書いておかずにいられない。時折襲ってくるこの懐旧の情をなんとか押し止めることができないものだろうか。

瞑想の終りに「諦念」という言葉が浮かんだ。定年は諦念か。
北国の影の毛深き_c0048132_122624.jpg


追伸:山道で青いどんぐりを見つけた。初々しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-10-19 12:02 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 深夜作業 それ以前それ以後 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧