人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大磯/鎌倉幻想

大磯/鎌倉幻想

江戸から西に向かえば東海道の戸塚で左に折れれば鎌倉、まっすぐ行けば大磯へ出る。二つの里は相模灘を挟んで向き合っている。波は荒いが船を使えば鎌倉時代も江戸時代もそれほど遠くなかっただろう。離れているようで存外近い。

私も一度大磯から船で鎌倉に入りたいと願っている。こゆるぎの浜を出て平塚のかぶと岩、茅ヶ崎のえぼし岩を見ながら江ノ島に向かい、そこからゆっくりと材木座の海岸に船を乗り入れることが出来たらと夢想する。
十年(ととせ)あまり五年(いつとせ)までに住み馴れてなほ忘られぬ鎌倉の里
と中世の貴人が歌にまで詠んだ鎌倉の里という地に憧れる。

水路ということで思い出した。
鎌倉に東慶寺という縁切り寺がある。ここの寺域に入れば俗世間の縁が断たれるという。
江戸の廓を抜け出す遊女は、この寺を目指す事が多かった。江戸を出て六郷の渡しを越えて東海道を西下すれば、女の足ではすぐ追っ手につかまる。知恵を誰かが授けたのか、ある遊女は江戸から千葉に向かう船に乗り込んだという。そして、千葉で船を乗り換えて鎌倉をめざして、東慶寺に駆け込んだ。この水路の利便性が足抜けという快挙を生んだとか。


鎌倉から大磯まで陸路を馬で駆けつけた男が、曽我十郎だ。仇討ち曽我兄弟の兄である。鎌倉武士として出仕していた十郎は大磯の里の廓に恋人がいた。虎御前だ。彼女に会いたさに馬を飛ばして通ったとか。虎のいた里は大磯高来寺山の麓にある。ここは現在高麗(こま)という地名になっている。朝鮮半島からの渡来人の里であり遊里があった地だ。化粧(けわい)坂などという地名も残っている。

―と書いてきたものの、はたと迷った。十郎は鎌倉幕府に出仕していたっけ。ひょっとすると、小田原の下曽我の里から大磯へ通ったのだったか。調べもしないで書いているから、このあたりいい加減だ。ただ、鎌倉時代から江戸時代の頃をぼんやり想像していると楽しい。ついつい筆が滑った。

鎌倉へ西行は出かけて頼朝に会っている。その旅の途中であったのか、それとも別の旅かはっきりしないが、大磯で有名な歌を詠んでいる。
心なき身にもあわれは知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ
大磯のあたりは湿地帯でそこに鴫がいた風景だ。
ところが昨夜読んだ小説「いのちなりけり」に面白い説があった。大磯の鴫(しぎ)立つ沢は死木立つ沢だというのだ。その辺りは死者を弔う場であったから墓標が並んでいたというのだ。後から語呂合わせしたのではないかと思われるが、それでも面白い合わせ方ではあるな。

西行という人はよく東国を旅している。彼の歌のなかに、旅の途中で見た富士山が白い煙をあげているというのがあった。鎌倉時代は富士が活動していたのだ。当時の東海道を思い浮かべてみるだけで楽しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-10-18 10:04 | Comments(1)
Commented by さいれんと at 2008-11-04 08:43 x
いのちなりけり と 実朝の首 という
同じ著者の作品読みました。実朝が大磯か伊豆の海で詠んだという 歌を思い浮かべました。大磯の鴫立沢辺りは昔、水灌頂や死木立光景があったようですね.大磯から鎌倉迄馬で往くのは現在は不可能ですね。海を櫓の舟で行くのは素敵ですね。大磯の漁師さんで大磯から小田原沖迄櫓の舟で親子で漕いだ時代がついこの間だったと聞きました。
<< 継子の尻拭い ピクニック >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧