人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ソナチアンの力

 講演会「映像というテキスト」



 3月4日、朝から大雪だった。夕方池袋で講演することになっていたのでこれでは聴衆の足も遠のくなあと少し落胆したが、昼には雪もあがって薄日すらさした。
 6時半、会場には60名の人が来てくれた。講演会は大学の公開講座の一環で、メディアの現状を考察することになっていたので、私は「冬のソナタ」現象について報告した。
 2003年に私は「最期のひばり」という番組を制作した。美空ひばりさんが間質性肺炎で亡くなるまでの半年間を付き人の看護記録から読み解いた作品だ。これはその年のNHKスペシャルの最高視聴率を記録した。ところが放送後の反響は今ひとつ芳しいとはいえなかった。
主人公がビッグなだけに関心は高かったのだろうが、波乱万丈のドラマがあるわけでもなく、示された事実は未発表でもひばり伝説を大きく変えるものでもなければ彼女の歌声が流れるわけでもない。一人の末期癌の患者を丁寧に紹介しただけだ。どちらかといえば制作者が「美空ひばりはこういう生き方をした」ということを知らせたいとこだわって作った作品である。作者主導の番組だ。
 2004年に総合テレビで放送された韓国ドラマ「冬のソナタ」は、2003年に衛星第②で2回放送されたにもかかわらず、高い視聴率をマークし社会的に大きな話題となっていった。このドラマの放送形態こそ作者主導の番組から観客中心の番組へ替わったことを示し、新しい時代の到来を告げるものだった。
 2003年春に連続ドラマ「冬のソナタ」の最初の放送が始まった。日を追って中高年の女性たちから問い合わせが多くなっていく。放送の声が高まり、NHKはその年の暮れに10日間連続再放送をすることを決める。再放送をしたにもかかわらず、また見たいという声が局に押し寄せる。明けて2004年春、総合テレビで再再放送をすることになった。ソナチアンの声が高まり大きなうねりとなって、放送の編成を動かしたのだ。
 総合テレビでの放送は、深夜帯、外国もの、再再再放送という三重のハンディを背負いながら、放送を開始すると20㌫近い視聴率を弾き出した。この頃から韓流という社会現象が起こっていく。
 ソナチアンの声はとどまらない。日本で放送されたバージョンではない、オリジナルのノーカット版の「冬のソナタ」が見たいという声が局に押し寄せてきたのだ。ノーカットは時間が不定で日本のテレビ編成にはなじまないし、このドラマは3回も放送している。従来の放送形態であれば実現はありえないのだが、ソナチアンの声は放送局の厚い壁をこわしていく。2004年暮れ、完全版「冬のソナタ」が一挙放映された。 こうして「冬のソナタ」は2400億とも2700億ともいわれる経済効果を生み出し、日韓の文化交流に多大な意義をもたらしていく。
 番組は、作者の支配を離れて視聴者の側に移り、その観客によって育てられるといことになったのだ。

 よかったらランキングをクリックして行ってください
人気blogランキング
by yamato-y | 2005-03-06 20:21 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< 冬のソナタと音楽 夏の香りチェック③ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧