人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

外交官

一等書記官

冬至が近づいてだんだん日が短くなる。この時期になると思い出すスウェーデンの人がいる。
かつてスウェーデン日本大使館の一等書記官だったカイさんだ。私より5歳ほど年少だが、40代にして髪はすっかり後退していた。

出会ったのは14年前のノーベル賞の大騒ぎのときだった。大江さんが1994年のノーベル文学賞を獲得したとき、スウェーデン本国と大江家の間に入ってあれこれ世話をしたのがカイさんだった。当時、カイさんは本国の外務省にいた。日本語がとても流暢で私は驚いた。後で聞いてみると、奥様が日本人のトヨ子さんだった。2人の間に可愛い女の子が一人いた。

11月の授賞式に向かうと北欧は長い夜の時期に入っていた。午後3時で日が暮れるのだ。
ノーベル賞授賞式の式典は午後3時半から始まり、午後8時過ぎに終了するのだが、実感としては深夜2時過ぎといった感じだった。だから日が短くなると、あのとき一生懸命大江一家の世話をしていたカイ書記官夫妻のことを思い出す。

 ストックホルムで式典が終わった後、大江一家はスウェーデン南部まで旅行して帰国の途についた。その南部旅行のある夜、聖ルシア祭のイベントが大江さんとその家族をなぐさめるために行われた。カイさんたちが企画していた。
これは本来12月13日に行われる冬至のお祭り。ルシアは、光の聖女と呼ばれるイタリアの女性の名前に由来する。この祭りは長く暗い夜が去って、光よこーいと呼びかける趣旨だ。そのお祭りの再現がディナーの席で行われた。少女がアタマにローソクを立てて白い衣装(聖女ルシアの扮装)で歩き、その後ろに聖女ルシア行列が連なる。北欧の幻想的な夜の出来事だった。

それから2年ほどしてカイさんは日本へ赴任してきた。何度かスウェーデン大使館で開かれたパーティに招かれたことがあり、そのとき私の家族もいっしょに行って、すっかり友達になった。特に、奥様のトヨ子さんは楽しい人だった。気取りがなく、出身の信州弁をまじえた楽しい話をする人だった。

4年前に本国へカイさんは戻った。たくさんいたカイさんのファンたちは残念がった。だが、きっと戻って来ると私は確信している。そのときはきっと大使になってくるのじゃないだろうか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-10-12 21:12 | Comments(0)
<< 物語を作ること 朝のうちに一仕事 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧