人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

一朝の夢

一朝の夢

忙しいとぶつぶつ言いながら、それでも一冊の本を合間に読んでいた。
今年の松本清張賞を受賞した梶ようこの『一朝の夢』だ。朝顔同心という不思議な侍の話だ。背は高いが剣術はまったくだめで、奉行所の事務方を長く勤める中根興三郎、同心だ。
彼の趣味は朝顔の交雑を重ねて、美しい花を咲かすことである。朝顔の育成というのは幕末にブームになったそうだ。浦賀に黒船が現れて大騒ぎした頃から安政にかけてのこと。

この朝顔をきっかけにさえない同心が、鍋島家に出向くことになり、そこで宗観という身分の高い武士と会う。どうやら茶をたしなむようで、「一期一会」を座右の銘にしている。
と、ここまで読んで、この武士は井伊直弼だとメボシがついた。井伊が茶人であったことは有名だ。この身分を越えた関係がこの小説の第一の主題である。

第2は国政をめぐっての井伊の苦悩とその道の歩み方である。開国をするにあたり、国内の混乱を消したうえであたろうと考える井伊にとって、跳ね上がる水戸の動きは抑えるしかないと考え、安政の大獄を図っていく。その井伊はいつか命を奪われるかもしれないと覚悟のうえでのことであったと、小説は描く。

ここで浮かんだのが、ここ数年続いた3人のわが国の宰相たちのことだ。同じ派閥の中でたらい回しした首相の座を2人は途中で投げ出し放り出した。とても井伊の覚悟にはおよばない。まったく政治に関心をもたない家人ですら、「出来ないって辞めた人がなんでまだ国会議員の席に座っているの。首相を放り出したのなら国政に物言う立場じゃないでしょ。第一、このヒトたちの議員報酬を支払われているのは納得いかない」

さらに、浮かぶのが2期続けて、この国の在り様をぐらぐらにした、あの御仁だ。今問題になっている年金の混乱にしろ後期高齢者医療の問題にしろ、元はといえば、この人の時代に起きていたことじゃないか。織田信長のような生き方が好きだといって、ポピュリズムを煽った人物は、そ知らぬ顔をして引退するという。しかも、自分の子どもを後釜にすえて。
あのニュースペーパーとかいう風刺コント劇団が、この元首相のことを皮肉った劇は秀逸だ。「チルドレン(議員)の面倒はみないが、私のチルドレン(次男)の面倒はしっかりみます」
この人物を国民は改革者として讃えてきたのだよ。

井伊直弼が長く部屋住みで苦労を重ねた人物で、茶人としても一級だったという話は知っているが、実相がどうであったかは詳しく知らないから迂闊なことはいえないが、少なくとも、今の世襲代議士たちのドタバタより、ずっとスケールが大きな人物だったのではないかと思う。

ふと考えると、1989年にソ連が崩壊してからの20年。じつに危なっかしい舵取りで世界は動いてきたものだと、ため息が出る。2000年以降ですら、日米ともに世襲の権力者が立ってきたのだ。「正義」というものがグラグラしてきた。
明治学院大学のハラさんという人が最近著した『正義篇』という書を、局内の書店で見つけた。読もう。

梶ようこの『一朝の夢』にもどる。久しぶりに武家小説の面白さを味わった。もっとミステリーの仕掛けを高めて、劇性を高めていけば、藤沢周平の後を襲えると思う。やっと、人材が出てきたという気がする。当面、もっと短いもので下級武士の活躍するものを書いてくれないかなあ。梶ようこ、この名前を覚えておこう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-10-07 14:34 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 朝のうちに一仕事 寒太郎やーい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧