人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人生の鮮やかな場面

人生の鮮やかな場面

久しぶりに忙しい一日をもった。
昨日は普段より2時間早く家を出た。12時から2回目の局試写がある。その2時間前に、番組を通しで見てコメントのチェックをしておこうと考えた。赤坂のオフィスに入ったのが10時過ぎ、さっそくディレクターのIさんと読み合わせにかかる。
おおよそのアタリをつけて、試写に臨んだ。結果は、まず悪くなかった。これで、いよいよ「日本の現場」の制作は最後の仕上げの段階に入っていく。
10月11日の番組のタイトルを少し変えた。新しいのは次のとおりだ。
日本の現場「ちばてつや 再びの”マンガ魂”~ありがとうトキワ荘の仲間~」

午後は試写で指摘された、視聴者にとって判りづらい部分の工夫やコメントの直しをチョコチョコやる。この試写には音響効果のSさんも参加した。彼はベテランの音効マンで、これまでも「向田邦子」「美空ひばり」のドキュメントでいっしょに作品を作っている。そのSさんは初めてこの「日本の現場」という作品を見て、面白いと言ってくれた。心強い。そのSさんとも打ち合わせをし、編集マンのS君とも相談して、作品をさらにブラッシュアップさせた。
その作業が終わったのが夜7時半。

フィギュアの取材をしているチームから連絡が入り、今、渋谷パルコで伝説の原型師ボーメの展覧会の前夜祭が行われているという。駆けつけた。パーティ会場には、海洋堂の宮脇社長を筆頭にボーメさんや業界関係者が多数参加していた。やがて、世界の村上隆さんも登場。今、海外でもっとも知られる日本人アーチストだ。先頃、彼が制作した作品が16億円で取引されて話題になった。会場にはそういう美術関係者、オタクの情報誌のライターやパルコの関係者が集まっているようだ。会場で、懐かしい顔を3、4人見かける。今年の冬に六本木で「ウルトラ大博覧会」をいっしょにやった人たちだ。また、いっしょに何かやりましょうよと、有り難い言葉をもらう。
立食パーティなので、腹ぺこの私は並んでいたイタリア料理を口に頬張る。パルコのダイニングだけあってうまい。このパーティは9時半まで続いた。

10時、渋谷駅まで風に吹かれながら帰る。
帰宅して風呂に入ったあと、小説を読みたくなり、白石一文の『不自由な心』を鞄から出して読む。白石は最近売れている若手の作家で、恋愛小説の名手と言われている。2、3冊これまでにも読んだことがあり、結構好きな作家だ。彼の父が白石一郎と知ったときは驚いた。白石は博多在住の海洋時代小説の作家で、直木賞を受賞したとき、私は福岡まで出向いたことがあったからだ。あの朴訥とした作家の子息がこんなシティ派の小説を書くとは思いもよらなかった。

「天気雨」という短編に、あった一言が心に残る。52歳の胃がんを患った初老の男が、いささか自分の人生を悔いて言うセリフだ。
「結婚には失敗しましたが、仕事や子育てはそこそこでしょうか。そんなもんです。無理に思い出せばたくさんあるのですが、自然に湧き起こってくる人生の鮮やかな場面というものが、どうも私にはない。淋しいものです。」

人生の鮮やかな場面―私にはあるか。あるといいたい。口にするとシャボン玉のように消えてしまいそうだから言わないが、あるよな。
そう思えるぐらい、昨日は楽しかった。やはり、仕事をしているときが楽しい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by YAMATO-Y | 2008-10-03 07:56 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 誇張するこころ 軽いショック >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧