人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

軽いショック

軽いショック

昨日は、荒編集した「ちばてつや最後の連載に挑む」を局のプロデューサーたちに見てもらった。局試写だ。先週からちょこちょこと繋いできて、1昨日には私も参加してカタチにして作り上げたものを見せたのだ。ちばさんが69歳という年齢、網膜はく離の不安を押して、最後の連載漫画に挑む日常をそれなりに描出していると、確認をして、昨日提示したが、講評は厳しいものであった。

日本の現場というドキュメンタリーのスタイルはできるだけ起きている事実系で勝負してほしい。今の編集バージョンはコメントで番組を転がすスタイルになっている。いささか古いスタイルだと批評された。私もディレクターも編集マンも黙って俯くしかなかった。再度、試写をして、出来上がりをチェックすることになった。期日は10月1日、すぐだ。それまでにもう一度しゃかりきに編集しなくてはならない。

局のプロデューサーたちが帰った後、チームで今後の方針やスケジュールを確認した。現在のバージョンはあまりに内容が内部に留まっている。もっと外部に向かって開かなくてはなるまいということで、スタッフの意見は一致。その方針に従って、編集やり直しが昨夜から始まった。今夕、私は再び試写をする。そこで、だいたいの「上がり」を見る。もしうまくいっていなかったら、今夜は徹夜の作業となるだろう。

毎度のことだが、楽に番組が出来上がることはまずない。取材がうまくいっても編集で、編集がうまくいっても対出演者との関係で、など必ず問題点が浮上するものだ。この蹉跌を乗り越えて、初めて作品として生まれるのだ。頭では分かっているのだが、やはりダメだしを食らうとショックではある。
ただ、これが嫌なら現場を離れるしかない。このショックに耐えて、先にいくことができる者だけ、表現という行為が許されているはずだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-09-30 11:15 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 人生の鮮やかな場面 天空の星から帰ってきたのかい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧