人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

天空の星から帰ってきたのかい

天空の星から帰ってきたのかい

今日1日、大伴昌司の世界だった。
午前10時、池上の駅で京大のS先生と院生のK君とまちあわせをする。
3人で大伴昌司の仕事部屋を撮影することにした。99歳の大伴のお母さんは元気よく我々を迎えてくれた。応接室に入るなり、お母さんが嬉しそうに報告する。
「今朝、不思議なことがあったのですよ。誰もいないあのアトリエに行ってみたら、あの子が使っていた机のライトがともっていたのですよ」
また、大伴さんが舞い降りて来たようだ。彼の「霊」がイタズラっぽくやって来ることは、故内田勝少年マガジン元編集長から何度も聞かされていたからだ。私自身も25年前に彼の番組を制作するときにいくつか経験している。

正午までアトリエ撮影をして、午後から鎌倉に移動した。大伴さんのお墓の撮影をするためだ。25年前に、私は大伴さんのウルトラ星のお墓は詣でているが、もう一つ、新しく出来た個人の墓は知らない。その個人墓とウルトラ墓の二つとも鎌倉にあるということで、撮影も兼ねて墓参することにした。

鎌倉の駅には知人で鎌倉在住のMさんが待っていてくれた。地元の案内をかってでてくれたのだ。4人で、まず妙本寺にある個人墓を訪ねた。駅から7、8分の場所に妙本寺はある。街中とは思えないほど森閑とした寺域だ。ここは比企一族が滅ぼされた歴史的に有名な地でもる。
大伴さんのお墓は墓地の奥、佐竹矢倉と呼ばれる洞穴の隣にあった。私ですらこの個人墓の存在は数年前に知ったのだが、どうやって知ったのだろうか、おおぜいの大伴ファンが墓参に訪れているらしい。墓前に怪獣やウルトラマンのフィギュアがいくつも並べられてあった。さぞ、大伴さんは喜んでいるだろう。

その寺から逗子のほうへタクシーで移動。鎌倉と逗子の境にある鎌倉霊園に行った。ここは西武が開発した広大な墓地。その19区画に大伴さんのウルトラ墓がある。1973年の4月、大伴の死後3ヵ月後に建てられたこの墓には墓碑銘が刻んである。
「大伴昌司 怪獣生みの親大伴昌司は 1973年1月27日 天空の彼方ウルトラ星に旅立つ」
どんより空は曇っていたが、塩梅よく雨に降られることはなかった。鎌倉小町通りにもどったのは午後3時を回っていた。京都から来たS先生とK君は今夜の新幹線で戻る。

私は分かれてから、東海道線で大磯に戻り、夕闇のなかを帰ってきた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 

天空の星から帰ってきたのかい_c0048132_12263042.jpg
天空の星から帰ってきたのかい_c0048132_12264230.jpg

by yamato-y | 2008-09-28 21:43 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 軽いショック なんとか現象 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧