人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

なんとか現象

なんとか現象

土曜の朝の布団のなか、窓から朝日が差し込んで来る。光の直進する部分だけほこりが立つ。極小の糸くずがゆらゆらと舞い上がる。
たしか、チンダル現象といったのではなかっただろうか。いや、光のことを指すので、このほこりはコロイドとかいったのではなかったかな。

昔、聞いたある文豪のエピソードを思い出す。明治から大正にかけて活躍した作家だったと思うが、名前は思い出せない。

彼が朝の都電に乗った。車内に光が差し込んで、彼の座席にも光があたった。目の前に無数のほこりがゆらゆら立つ。思わず息を止めた。そして、横の暗がりのほうへずれた。そこで深々と彼は息を吸った。

バカだよなあと嘲笑できない。私もときどきそうするから。

詩人の石原吉郎が一時期俳句に熱中していたと聞いてうれしくなった。「断念の海から」とか「望郷と海」などという書名から、てっきり石原は短歌好みかと思っていた。なんとなく塚本邦雄のような言葉遣いだと思っていたのだ。

石原は30歳のときにシベリアに抑留される。反ソ行為で重労働25年の刑を処せられた。ひどい暮らしを強いられた。38歳のとき特赦で日本に帰って来る。当然、この体験は彼を苛むことになった。

彼の混乱が、3冊のノートに残されている。
《生きて行くことは、どうしてこんなに難しいのだろうと、ため息をつきたくなる。》
《酔って自分がどうしたらいいだろうということばかり考えるようになった。酔えば酔うほど自分が不自然でたまらないのだ。》
42歳の石原のつぶやきである。人生論的な側面においてのみ、60歳の私が直面していることと同じだ。
むろん、石原には実存の深い亀裂のなかから発しているのであって、柔な還暦が愚痴るのとは違うのではあるが。

石原は酒におぼれていった。「世界がほろびる日に かぜをひくな」と記して、62歳で死去した。
む、今の私と2つしか違わない。

今朝、パソコンを付けたら、昨日までデスクトップにあったアイコンが消えていたが、一瞬そこにあるかのように見えた。残像のように。蕪村の句を思い出し、ふざけてバレ句を作った。
アイコン昨日の画面の在りどころ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2008-09-27 09:27 | Comments(0)
<< 天空の星から帰ってきたのかい 津田プレート >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧