人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

月のこと

月のこと

ここ数日は月が大きかった。一昨日あたりは山吹色がかってやや赤味を帯びて、見るからに暑苦しい月の色だった。
昨夜は遅くなって一雨来た。それから涼しくなった。月は消えたかもしれない。
昨夜の雨は台風の影響かもしれないが、しぐれのような雨にも思えた。しぐれは冬の初めのものだが。・・・安住敦の句を思う。
しぐるるや駅に西口東口
この句は田園調布の駅らしい。今は地下駅になってこの風情はないが、昔はこの句どおりだった。上掲の句は、私にはいつも池袋を連想させる。西口に東武百貨店があって、東口に西武百貨店があるというテレコの位置取りが面白いので。

俳句を読んだりするのは老いの遊(すさ)びだけではない。古人の思いも重ねて、自分の気持ちを量ろうとしているところもある。
歳時記を繰れば、秋は月が大きな位置を占めている。月のことを思った。
日本の歌謡曲に「月がとっても青いから」というのがある。青い月の光というのは古今東西普遍だと思っていた。ところが違うらしい。

英語で青い月(bluemoon)は嘘という意味をもつということを昔聞いたことがある。月は青いと思ってよく見ても、けっして青くはない。どこまでも黄色い月だ。だから青い月というのはありえないこと、嘘のことという意味合いだという。
この話を聞いたとき、日本人と欧米人の認知はやはり違うものなのだと、自分なりに勝手に納得理解した。
昨夜、bluemoonをネットの辞書で引いてみたが、嘘という意味合いはなかった。ただ単に青い月としかない。私が聞いた話はでたらめだったのだろうか。
この辞書を見て回っていたらmoonblindという言葉を見つけた。月盲とある。馬の病気の一つらしい。症状は分からないが、細菌がついてかかる馬の病気なのだ。月盲症という語は英語の直訳らしいが、ずいぶん美しい言葉だと思った。

秋の夜。牧場に月盲症にかかった馬がいる。月の光があまりに青々と照らすので、馬はすっかり目をやられ見えなくなってしまった。突然のことで馬自身が驚いて、恐怖で高ぶってしまい、牧場の柵内をぐるぐる走り回っている。・・・と、こんな妄想を抱かせる言葉ではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-09-15 08:06 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 孫の句は最低 いじりという不快 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧