人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

汗滲む季節を終えて

汗滲む季節を終えて

今朝は大磯を早く出た。ラッシュアワーと重なっていたので、グリーン車に乗るという贅沢を自分に許す。駅まで家人の車で出た。ツヴァイク道を歩けなかったことが残念だ。今日のように光がまぶしい朝の森は木漏れ日がめっぽう美しいのだ。

ゆったりとしたグリーン車の座席で、書評誌「いける本・いけない本」の古いバックナンバーを読む。2007年冬の版で、「『星座』になった人」(天満ふさこ)という本が2箇所取り上げられている。芥川龍之介の次男・多加志の短い人生を描いた書だ。どうやら、彼は文学を志していたらしい。兄の比呂志が演劇、弟の也寸志が音楽と進むなかで、多加志は父と同じ道を歩んだようだ。その名前が兄弟に比べて残らなかったのは、ビルマで戦死をしているからだ。だから、彼が表した文学的営為は「回覧雑誌」のなかにしかない。その名前を「星座」という。あわれだ。資質や境遇はまったく異なるが、竹内浩三の「戦死やあわれ」を思う。多加志の生年は1922年。ドナルド・キーンや鶴見俊輔と同じと知るといっそうの感慨がある。多加志は満天のなかの名もない小さな星となった。こういう人生を発掘することが、私は好きだ。このことを記録しておこうとパソコンを辻堂あたりから引っ張り出す。

小島なおという20歳の歌人の歌集「乱反射」。引用されていた短歌に眼を奪われた。
かたつむりとつぶやくときのやさしさは腋下にかすか汗滲むごとし
こういう青春の日からどれほど遠くなっただろう。武田鉄矢の歌ではないが、「思えば遠くへ来たものだ」。
 唐突に先日行った宇都宮の情景を思い出した。宇都宮駅みどりの窓口に女性駅員が客を誘導するために立っていた。20代半ばの小太りの女性だ。笑顔がいい。その娘が移動したとき、下半身が不自由だということが分かった。懸命に足を引きずりながら客の相談に乗っている。その娘の額にうっすらと汗の小さな粒が浮かんでいた。

パソコンから顔を上げると、戸塚の山中だった。最後の緑が美しい。やがて晩秋が来て冬が来る。その前の実りの季節、最後の緑だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-09-12 10:36 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< いじりという不快 夢の時代 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧