人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

泣き虫の男が増えた

泣き虫の男が増えた

同世代の男女から同じ意見が出た。最近、男はよく泣くと。
女は言った。「やだね。北島康介だって女々しいよ。男はもっと凛々しくあってほしい」
男は言った。「この間、30年ぶりに別れた子供と会ったのだ。そのときを思うと…」と言いながら顔をタオルで覆った。女が指摘したとおり、男は泣く。

私は男が泣いてもいいじゃないかと思っているが、私と同世代の“古い”女たちは泣く男が許せないらしい。
私の体験で言うと、泣くと気持ちがいい。何か浄化される気分になる。

見たわけでないが、飯森山にたてこもった白虎隊は落城する鶴ケ城を見て落涙したというではないか。その少年達の涙なら、件の女も文句を言うまい。
還暦を過ぎた男が涙もろくなるのが許せないのだ。

やや酔っ払っているから支離滅裂かもしれないが、人生劇場に出てくる飛車角だったらけっして涙なんか見せないだろうなあ。泣きたいことがあっても涙を堪えて、ぐっと空を仰ぐのさ。私にとってのそういう男のイメージは母方の祖父だ。大津平野神社の秋祭りには氏子総代のようなポジションで晴れがましく先頭を歩いた祖父は、たしかに涙を見せない人だった。宮大工のようなことをしていたから、若い衆を相手にしてもけっして弱みを見せない人だった。
でも、そのじいさんが泣きそうな顔をしているのを、一度だけ見たことがある。見てはいけないものを見た気がした。
秋の夜長に、還暦の男が祖父を恋しく思っている。…

これも、女から見て許せないのだろうなあ。開き直って口上を述べますが、男のセンチメンタルの何が悪い、と。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-09-09 23:16 | Comments(0)
<< 道の口 甦った妹の名前 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧