人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

甦った妹の名前

甦った妹の名前

今年の秋は台風が少ない。私は喜んでいる。雨風の襲撃は大磯の山の上は辛いのだ。
大風が吹く度にぎくっとする。大雨が降る度に裏山をのぞく。なにより、我が家の様子を案じる。
それやこれやで、台風は出来るだけ遠ざけたいと思っている。

昨夜は涼しかった。戸を開けたまま寝たら、今朝少し喉が痛かった。少し冷え込んだようだ。やっと秋になった。

来週から京都で集中講義となる。4日間、ぶっ通しの講義のための準備をしておかなくてはならない。今週に入ってから教材として使用する映像のチェックを始めて居る。自分が昔作った作品を久しぶりに見ると、いろいろな思いがある。
長崎時代の「甦った妹の名前」という10分の短い作品を私は制作した。昨夜久しぶりに見た。

昭和20年8月9日、登校していた純心高女の女学生差方保子は原爆に被災して行方不明となった。
遺骨もみつからないまま40年経過していた。二人の姉たちは長く妹の行方を追っていた。遺骨がなくとも、せめて女学校に在籍していたことだけでも記録しておきたいと母校の純心高等学校に出向く。その様子を私は撮影した。

学校では当時を知る関係者や同学年の生存者にあたって聴取するが、差方という変わった名前にもかかわらず、在籍していたという事実がみつからない。
落胆した姉たちは、当時妹が語った学校の様子をぼそぼそと話しはじめた。シスターである校長はぎょっとした顔で耳を傾ける。というのは、保子が姉たちに語った様子は自分が昭和20年の夏に学校の前で見た光景だったからだ。

突然、校長は心当たりが一つあるといって東京へ電話する。保子と同学年の同窓生だ。彼女は戦後長崎を離れて東京で暮らしていたが、差方保子という人物を覚えていた。この学校に在籍していたということを証言してくれた。

この電話で校長が確認を取っている間、カメラはずっと二人の姉を撮っていた。姉たちは滂沱とする涙を押さえられなかった。

この画面を昨夜遅く見ていて、私も胸が熱くなった。
当時、私は30代。姉たちは60過ぎでずいぶん年寄りに思えた、が、今の私とほぼ同じなのだと知ったら、彼女たちの思いがよく分かった。
終戦から2、30年は生活に追われて、気にはなっていても、妹を探す時間も余力もなかったのだろう。子育てを終えて、自分の時間をとりもどしたとき、ようやく爆死した妹と向き合うことができたのだ。そして、憑かれたように、長崎市内の殉難碑、寺社を調べて回ったのだ。
60歳になって、やっと彼女たちの心境が分かった。

差方保子の名前が、その後、純心高女殉難の碑に刻まれた。その名前を見に長崎へ行きたいと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-09-09 08:25 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 泣き虫の男が増えた こめかみ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧