人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

内トラ

内トラ

しかし、よく降るよなあ。毎日、夕方になると雨模様になり、バケツをひっくり返したような大雨が降る。
昨夜は、その雨のなかを歩いてエスニック酒場で飲んだ。
座の中心は、円谷プロの満田かずほ監督。彼から、特撮映画のあれこれを聞き取りしたあとの打ち上げだ。

円谷プロ草創の頃の名作といえば、初期ウルトラシリーズ」でQマンセブンの3シリーズだ。つまり「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」。この初期の作品から満田さんは参加している。
仙台の高校を卒業後、早稲田大学に入学。学生時代からTBSでアシスタントディレクターとして働く。そのときに社員だった円谷一に可愛がられ、ドラマのあれこれを間接的に指導される。満田さんは円谷一を師匠と呼ぶ。一は円谷英二の長男で、円谷プロの最初のテレビ映画「ウルトラQ」を作ることになったとき、TBSから出向する。そのときに、満田は円谷プロに所属するよう、円谷一から勧められた。
最初はQの助監督だったが、シリーズの後半に第21話「宇宙指令M774」で最初の監督作品を担当する。円谷プロ生え抜き監督が誕生したのだ。その後、ウルトラマン、ウルトラセブンで活躍する。ドラマの本編部分と全体の統括を担当するのが監督で、特殊撮影のパートは専用の監督がいた。それ以外にポストプロダクションの光学処理を担当するものもいた。とにかく忙しかったそうだ。
監督をするのは必ず2本同時にスタートさせるカップリング製作を行っていたが、それでもスケジュールはぎりぎりということが相次いだ。

シリーズの1本目とか最終回を担当するのは監督にとって名誉なことだ。「ウルトラセブン」の最終回を担当したことは満田さんの誇りだ。モロボシ・ダンがアンヌ隊員に自らの正体を告白するというストーリーは1話では語れないと2回にわたって描いた。その告白の場面で見せた、逆光を使った演出は今でもファンの間で語りぐさとなっている。
ロケの苦労話を聞いた。現場は都心から車で30分ほどの生田が多かった。今では考えられない田畑や崖や林があった。毎朝、世田谷でロケバスに乗り込み現場に出かける。エキストラを集めておいても必ず2、3人来ないのがいる。そういうときは、身内のスタッフがエキストラ代行する。これを「内トラ」というんだよと、満田さんはいたずらっぽく微笑する。
そういえば、満田監督はよく画面に出ていることはファンの間では知られている。

後年、満田さんは熊本県荒尾市のウルトラマンランド初代館長に就任する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-31 12:54 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 野中と田中と鈴木 落合 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧