人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

落合

落合

一昨日のことだ。雨で濁流になっている妙正寺川のそばをぬけて、フジオプロに行った。
西武新宿線下落合駅から歩いて5分のあたりだ。番地をたよりにプロの建物を探して、川沿いでうろうろしていた。
橋がかかっていて、女の子とおばあさんらしい女性の二人がいた。何かを下の川に落としている。橋の柵の間から女の子が落としている。その背後でおばあさんが見ている。

突然、私の頭の上で大きな罵声が響いた。
「何をするんだああ。子供に悪いこと教えるやつがいるか」中年というか老年か、男性のだみ声の大音声だ。
女性は最初きょろきょろしていた。自分たちのことを言われているのではないと思っていたようだ。罵声がやまないので目をあげて声の主を確認したようだ。途端にそわそわして橋から離れようとする。女の子は怪訝な顔で女性を見上げるが、とっとと行こうとする女性のあとを追う。女性は目をそむけたまま女の子と手をつないで、反対岸のほうへ消えた。
おそらく、橋の上の二人は水かさを増した川に不法投棄していたのだろう。それを住民がみつけて叱ったというわけだ。女性の風貌はどこにでもいそうな穏やかなおばあちゃんという感じであったが、悪いことと見とがめられてから顔が歪んだ。

女の子の顔が心に残った。どこかで見たことがある。・・思い出した。
秋田連続児童殺害事件で、母親に殺害されたとするあの幼女に似ていたのだ。あの子とそっくりの女の子が橋の上でおろおろしているのを見て、胸が衝かれた。むろん、橋の上の二人がしていたことは悪いのだが、やらされていた女の子のあどけない表情に胸が痛んだ。

フジオプロの建物はすぐ分かった。入り口に黄金のバカボンパパの像があったのだ。
喪中とあって、事務所はひっそりと静まり人影が少なかった。担当のTさんと取材の内容についての打ち合わせを30分ほどした。2階にお骨を安置していますのでよかったらお線香をどうぞ、と誘っていただいたので、私はお参りした。簡素な机の上にお骨箱と写真が載せられ、周りには赤塚さんの生み出したキャラクターの図が所狭しと並べられていた。
私は生前の赤塚さんとは面識がない。こんな形でお目にかかるとは思わなかった。1本線香を手にとって火をろうそくから移し、台に立てた。ひとすじの青い煙が立ち上がっていく。合掌。

帰途、ふたたび濁流の妙正寺川のほとりを行く。落合という地名を思った。川の合流することを指すはずだ。後で調べたら、神田川との合流点だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-30 12:06 | Comments(0)
<< 内トラ ドキッ ヒヤリ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧