人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

直感はまんざら・・・

直感はまんざら・・・

今年の3月に出版された『韓流の社会学~ファンダム、家族、異文化交流』(イ・ヒャンジン、岩波書店)はとても優れた冬ソナの研究書だ。いくつも教えられる点がある。著者のイ・ヒャンジンさんは李香鎮と書くそうだが、イギリスの大学の準教授で、2005年から7年にかけて立教大学へ客員として招かれている。本書はその時期に研究されたものをベースに書かれたものではないだろうか。

冬のソナタを支持した人たち、私の言葉でいえばソナチアンという人たちはどういう存在だったかを明らかにし、冬のソナタという物語の優れた叙事構造をほどいている。これまで、保守的な男性を中心に偏見をもたれてきたこのドラマを見事に解放している。その知見の一々はいずれまた紹介するとして、冬のソナタのファンから始まってぺ・ヨンジュンのファンダムを形成している人たちについての分析にちょっと耳を傾けたい。

その主体は60年代70年代に青春を送った女性たち、つまり私と同世代かやや年長の世代とイは見ている。AVや漫画、アニメ、といった男性と若者にしか対象にしない日本のコンテンツの隙間にいた層だ。メディアは「韓流おばさん」と揶揄した。
このおばさんの日々とは――毎日、ス―パーで買った惣菜ばかりを食卓に並べても、文句を言わずに食べてくれる夫、子供たちと遊ぼうとせず、電球一つ取り替えないうえ、休日には野球中継を見ながらごろごろしている夫。部屋にこもりきりの子供、など妻として母として与えられたジェンダー的役割をこなしてきた女性たち。それが韓流に出会うまでの身の上だった。ところが、韓流ドラマに出会って、”文化的覗き見”をしてからは、その日常からしたたかに脱却していく「サイバーノマド」となっていったと、イはみている。

このおばさんたちはこれといった政治的な意図ももたない存在だが、韓流という大衆文化を通じて、性や階級や国家という境界を大胆に崩した。この現象を無視したり揶揄したりするのではすまないのではないかと、イ・ヒャンジンは説いている。

これは、2004年に私が冬ソナ特番を制作するにあたって取材を重ねているときに感じたことだ。たかがテレビドラマのファンというふうにソナチアンを見るのはミスリードになるのではないかと、私は周囲に語った。が、メディアの多くは当初タカをくくっていた。特に男性系メディアの新聞や保守的雑誌はこの現象を揶揄ばかりしていた。
そして、あれから4年。この書を手にして感慨をもつ。あのときの直感はまんざら外れてはいなかったのじゃないかと。

ところで、本書に私と高野悦子さんでコラボしたブックレットが参考文献として載っているのを見た時、この本によって教えられるところが多かった私としてはなんだか変な気がした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-21 11:19 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< スコールのような雨を浴びて 先輩の死 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧