人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ボーメさんの噂

ボーメさんの噂

わずか1週間ほど前の酷暑ではなくなった。明らかに朝夕には涼しさが暑さの縁にある。寝苦しさも一段薄れた気がする。同じことを60年も繰り返していながら、季節が変わって行く時自然の力というか大きさというか大きなものの作用を感じて不思議に思う。

昨日は2カ所の打ち合わせに出かけた。最初は曙橋にある漫画家協会、夜は品川のパシフィックホテルロビーだ。この2つのスケジュールの間に空き時間が2時間ほどあった。はじめの曙橋ミーティングでごいっしょしたiさんと新宿まで出てライオンに入ってあれこれと情報を交換した。iさんはイベントプロデューサーである。現在、秋に渋谷パルコで行われるフィギュアの展覧会を準備中。その主人公のフィギュア原型師ボーメさんの話題に話は集中した。

ボーメさんの氏名は不詳。少年時代から大阪守口の海洋堂に出入りし、その頃は町の模型屋だった海洋堂でプラモデルを組み立てるモデラーとして出発した人物だ。子供の頃から帽子に眼鏡のスタイルだったのを、海洋堂の現在の社長宮脇さんが「ボーメ」と呼んだことから現在の呼称となる。彼が10数年前に村上隆氏とコラボしたフィギュアが、世界のアート関係者に衝撃を与えたことはよく知られている。
40代半ばを過ぎたボーメさんは独身で、今もフィギュアの原型作りにしか関心をもたない。暇があればフィギュアのことばかり。宮脇さんの言を借りれば、「模型の疲れは模型でとる」ということらしい。ボーメさんの扱うフィギュアのジャンルはいわゆる美少女系だ。その実物を前にすると、フィギュアの凄みが伝わってくる。

ところで、フィギュアというのは原型師が作ったオリジナルなもの1体を指すのではない。原型から型をとって、その型からプラスティックの部品を作り出して組み立て品として”消費/愛好”される。つまり、作品は一個ではなく数十個から数百個ほどある。こういう在りようをシュミラークルと呼んで、アートとは違う造形物として評価されるのだ。

この考え方は浮世絵と似ている。浮世絵は北斎や広重が描いた肉筆画だけが尊重されるのでなく、版下を作る彫り師らの作業が加わって版画として生まれてきたものを”消費/愛好”するものだ。つまり、一枚のオリジナルだけではなく、オリジナルに限りなく近いコピーが作品として意味をもつ。コピーというと二次的でオリジナルに比べて劣るように聞こえるが、オリジナルとはまた違う味わいをもつ作品として複数在るという点がシュミラークルの特徴だ。

プラモデルの組み立てをするファンをモデラーという。ボーメさんも当初町のプラモ屋だった海洋堂にモデラーとして出入りする少年モデラーだった。その組み立てに熱中する少年たちが成長して、現在の原型師になっているというから、この世界は不思議だ。その造形がアートとしても高く評価されている現在でも、かれら原型師たちはアートとして作品をこしらえていない。あくまで、フィギュア愛好者の欲望に応えるような原型を日夜骨身を削って作り上げている。その無心の情熱に私は惹かれる。そこまで情熱が傾けられ、人々の心をとらえるフィギュアとは何か。それを探求するのが現在私が関わっている番組なのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-20 09:25 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 先輩の死 アオイの赤ちゃん >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧