人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

遊俳

遊俳

目白の俳句クラブへ行き、句会に参加した。そこに集まったのは8人、投稿者が4、5人いて、兼題と当季雑詠の2部門で選句する”遊び”である。宗匠は小山二六斎さん。レベルの高いクラブで、集められた句も磨かれておりなかなかの作品が並ぶ。

兼題は8月らしく、炎天、朝凪夕凪、砂漠。後で宗匠に聞くと、砂漠は季語ではないが暑さを表現する、炎天とは違うものを期待したとのこと。そこで「天」位をとった句だけ披露しておく
炎天もこれでいいのだ不二夫逝く

すっきりと立ち上がってくる良句だ。私も選んだ。
兼題だけで47の句があり、一つ一つ宗匠が丁寧に読みくだしていく。その説明の的確に驚いた。

メンバーの顔ぶれはほぼ私と同世代もしくは上と思われる。私を連れて行ってくれたのは職場の先輩Tさん。彼は退職して悠々自適の68歳。悠々組が3、4人で残りは五十代後半と思われた。

今回、私はオブザーバーの立場で自分の句をもっていかなかったが、次回は投稿するよう要請された。そろそろ人前にさらすことをしなくてはなるまい。一人で作句していると「野狐禅」のように独りよがりになりがちで、かつ言葉使いもマンネリ化しがちになる。他者の目にさらすことにより鍛えられるものがあるはずだ。精神を緊張させるつもりで、この要請に応じるつもりだ。

会場はメンバーの鉄馬さんの自宅だった。2階のリビングルームで行われ、句会の2次会は階下のお店「ぽんた」へ移動し、酒盛りとなった。奥さんのぽんたさんと鉄馬さんは長年にわたり、目白で居酒屋を営んでおられるのだ。このぽんたさんは毎月100ほど作句して、俳誌に投稿しているそうだ。角川春樹主宰の句誌ではいつも上位に入選している。

宗匠もこの目白に長年住んでいて、赤塚不二夫さんとも面識があったそうだ。宗匠夫人がブティックを営んでいて、その常連が不二夫さんの2番目の妻トモ子さんで、長年にわたり懇意にしていた。そういえば、この句会の開かれた場所から100メートルほどのところにトキワ荘があったはずだ。そういう事情も重なって、今回天の句になった「不二夫句」について宗匠は楽しそうにエピソードを語った。この人はかなり熱心な俳句研究者でもある。毎月、「めじろ遊俳クラブ」を発行しているが、その誌面は充実していた。そこで知った高橋比呂子の句。
佞武多また風となる日のかぜが吹く

このクラブは青森と縁が深そうだ。他にも寺山修司のこと、太宰治のことが記事としてあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-11 10:33 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ハモニカ吹かばや 夏休み >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧