人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬ソナの女性像②

オ・チェリン(パク・ソルミ)②

チェリンの生き方に共感する尾形教授の話を以前に記した。そこでの尾形教授の読み取りの深さに好感をもったが、実際にチェリンの思いを綴った本が今年になって発売された。2008年5月に出版された『新・冬のソナタ~サンヒョクとチェリンの純愛日記 上下』(講談社)だ。これは、本編のシナリオを書いたキム・ウニとユン・ウンギョンによって書かれてあるから、”正統”な外伝(スピンオフ)ということになる。

サンヒョクのことは別の機会に記すことにして、チェリンに言及しておこう。彼女はパリに3年間留学していたときに、ミニョンと出会った。留学できるほどの裕福な家庭の出身である。やはり、チェリンもユジン同様に高校時代にチュンサンと出会って恋をしていたが、実らずかつ不幸な喪失を体験していた。だから、よく似たミニョンをパリで見つけたとき、彼女はその「10年前のリベンジ」を計ろうとした。それが、母校で開かれたユジンとサンヒョクのお祝いの会に、ミニョンを連れて行くことにした大きな理由だ。だが、チェリンは自分の無意識にとった行動が何を意味しているか分かっていない。

ただ、自分とミニョンの間にちょっとしたイベントを作りたいという思いで、クラスメートを紹介するとチェリンは口を滑らしただけだ。なぜ、そんなことを言ったのだろうとチェリンはやや悔いている。もし、そこへミニョンを連れて行って、ユジンがミニョンを見たらどう反応することになるだろうか、自分で仕掛けておきながら得体の知れない不安にかすかにおののいている。

そして、実際に放送部の仲間にミニョンを会わせたことで、チェリンには不安の黒雲が広がっていく。仲間と別れて、帰りの車中でミニョンから疑問が発せられたのだ。「ぼくの顔を見ただけで、まじまじと見つめていた、なぜなのか。特にあの婚約したという女友達のことだけど。いったいどうしてそうなんだい?」
チェリンは、このときからミニョンの逃走、ユジンとの合流していくことへの予感をもつ。
だから、ユジンを貶めようと次々に策動していくが、それがかえってミニョンとの間を近づけることになり、かつチェリンからのミニョンの離反になっていくのだ。

そしてチェリンが一番怖れていたチュンサンの真実をチンスクがミニョンに話してしまう。このチンスクの告げ口もチェリンの身から出た錆なのだが、彼女としては納得できない。それにしても真相をミニョンに知られたため、ユジンとの接近をチェリンは密かに怖れる。だが、何としたことかミニョンをかばってユジンが負傷するという事故が起きる。この日は奇しくもチュンサンの命日である12月31日だと、シナリオ作家は書いている。つまり、ユジンとチュンサンは運命的な関係であると示唆している。

この日を境に、ミニョンはチェリンからどんどん離れていくことになる。チェリンにとってはこんなに割りの合わないことはないだろう。ふらふらしながら漕いでいる自転車が、ぶつかってはいけないという電信柱に吸い寄せられそうに向かっていく、あの姿にそっくりだから。

一方、ユジンが自分に亡くなったチュンサンを重ねて見ていたということを知ったミニョンは、それまでの違和感がすべて反対項へと転換する。不実に見えたユジンの態度はすべて誠実であると分かったうえは、恋心が深まっていくことになったのだ。
これで、ミニョンが疑惑をぬぐってからユジンへ惹かれていくことの「早さ」が分かった、というか納得できた。
第8話「疑惑」から9話「揺れる心」の1話を経るだけで、ミニョンはユジンに対して心が反対ベクトルに傾くのだ。原ドラマだけではあまりに早いとしか思えなかったが、チェリンと交わした会話を通して、ミニョンの心境が明らかになった。

ひとまず、チェリンの前半における葛藤をのぞいておいて、中盤、後半は記事を改める。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-08-02 17:34 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< ちょっと待ってください この時代を >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧