人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

長い夏休み

長い夏休み_c0048132_13173467.jpg

長い夏休み

土用の日差しが朝から照りつけている。だらだらと家を出て駅に向かう。
ツヴァイク道を下りながら、今の境遇は長い夏休みのようなものだと考える。子どもの頃、夏休みは長かった。親も忙しかったから行楽に子どもを連れて行くなんてことはなく、午前中は宿題をして昼から近所の川や野原で遊ぶだけだった。毎日、単調で退屈したが、いつか楽しい時間がやってくると漠然と期待していた。
あのときの気分に似ている。今の長い休みの果てに何かが待っているかもしれないと、日々の単調に耐えている。

山道を歩いていると汗が噴き出てくる。ミニタオルがすぐにぐしょぐしょになる。木漏れ日がこぼれるあたりを蝶が飛ぶ。黒揚羽だ。その蝶が私の側を通り抜けたとき、懐かしい気がした。さらにモンシロチョウが3羽4羽と飛んでくる。今朝はやけに蝶が多い。遠く江ノ島は霞んで見えない。

 今朝、ときわ荘の写真集を取り出して眺めた。巨匠たちの昭和30年代の若い日々だ。石ノ森章太郎、我孫子素雄、長谷邦雄、寺田ヒロオらは初々しい。貧しくとも夢に溢れた顔をしている。中学や高校を卒業後、漫画家になろうと上京して、このアパートで合宿のように過ごしたのだろう。親や地域からも解放され、貧しくても気にはならなかったろう。「共同体」という言葉がぴったりの光景が次々に現れる。

山中湖へハイキングに行ったときの写真があって、若い女が一人混じっている。石ノ森の姉だ。弟の面倒を見るために時々岩手から上京していた。美しい姉が石ノ森の自慢だった。その姉は23歳の若さで急死、その喪失は石ノ森に深い傷を与えたと思われる。その姉が炊事場で一人料理をしているスナップがある。後姿だ。このとき、彼女もときわ荘の仲間も楽しい夏休みだったのだが・・・。

ツヴァイク道の中ほどに周りを夏草が茂る楢の大木がある。その前まで来ると、風がさーっと渉った。夏草がさわさわと揺れて、木漏れ日が乱れる。まるで「羅生門」の場面のようではないか。風が収まると、再び蝉が鳴き始めた。すっかり亡失していたが、山道に入ったときからせみ時雨だったのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



長い夏休み_c0048132_13174479.jpg
長い夏休み_c0048132_13175350.jpg
長い夏休み_c0048132_1318217.jpg
長い夏休み_c0048132_13181260.jpg
長い夏休み_c0048132_13182260.jpg
長い夏休み_c0048132_13183436.jpg

by yamato-y | 2008-07-28 12:57 | Comments(0)
<< 烏(カラス)の声 ミリタリー趣味 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧