人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

物語の作られ方

物語の作られ方

「冬のソナタ」の作者とは誰だろうか。ユン監督かシナリオ作家か、役者か、カメラマンか。この問いに対して、一応フィルムメーカーというペルソナだという内田樹案を与えておいて、第6話の「忘却」のエピソードから以下のことを考えてみた。

まず、6話のあらすじを思い出そう。
ミニョンと衝撃の再会を果たしたあと、ユジンは彼がチュンサンかどうか分からないままでいた。そして、機会があって二人は酒を飲むことになる。ユジンは酔いつぶれた。
ミニョンは仕方なくユジンを自分のホテルの部屋に連れて帰る。そこで、ユジンが自分をチュンサンと呼ぶのを耳にし、ミニョンはユジンが2面性をもつ悪い女かと疑う。チェリンの言葉どおり、ユジンが汚い手を使って親友の彼氏を誘惑しようとしているのだと考えた。やがて、ミニョンの部屋にユジンが来たことを知ったチェリンは罠を仕掛ける。
ミニョンとユジンは車で一緒に仕事場であるスキー場に向かうことになったが、二人の間に冷たい空気が流れている。ぎくしゃくした関係が進行するものの、運命は二人を近づかせるほうへと導いていく。戯れのまま二人が引いたタロットカードは「運命の輪」を示していた・・・。

このタロットカードという「小道具」はキム・ウニ、ユン・ウンギョンのシナリオ作家たちが思いつきかつこだわった。カードやパズルといったメタファーを配置しておいて意味を暗示するという手法が好きだったのだが、監督はあまり乗り気ではない。彼はストレートに感情を示すほうがいいと考えたのだ。そこで、両者は議論してようやく一部取り込むことにした。

タロットカードの布石は、この6話の最後に起きる木材落下事件があって効力をもつのだが、エピソードが飽和していたのでユン監督は、この落下事件を省こうとした。が、作家たちが懇願して実現したと『もう一つの冬のソナタ』(キム・ウニ、ユン・ウンギョン著)に書かれてある。作家たちは撮影現場で必死で知恵をしぼって物語のコンテを考えて監督に提示して、やっと了承を得たと告白している。

ここから分かることは、このドラマの大きな仕掛けは予め監督と作家達との間で合意されているが、各論では作家たちが具体的なイメージを提出し、それを監督が吟味して採用するという方法をとっている。物語の大きな流れはあっても、目の前の出来事の展開はすべての人にとって未知であったのだ。予定調和の流れにはなっていない。だから、このドラマは「生きていた」のだ。

シナリオはロケの現場で書かれて、当日に使われるという離れ業が、このドラマ作りのなかで行われるようになった。「撮って出し」と揶揄される韓国式ドラマ作りだ。

だが、こういうことは40年前、日本映画全盛にもあった。プログラムピクチャーを10日で1本作るツワモノがいた。その熱気がドラマに吹き込まれていたことがあったことを、私たちは思い出しておかなくてはいけない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-07-27 10:57 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< ミリタリー趣味 避けられる恋なら運命ではない >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧