人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

避けられる恋なら運命ではない

ユジンの苦悩そして予感

秋から始める「冬ソナ講座」のために、もう一度シリーズを通して見ることにした。今夜は第7話「冬の嵐」までとりあえず見た。あらためて、このドラマの出来のよさに驚く。

 ユン監督の演出の卓抜さはこれまで何度となく言われているが、今回、映像編集の巧みさにも舌を巻いた。一言でいえば、「省略と余情」である。けっして映像が説明的に組み立てられていない。日本のドラマは文法通り、場面が変わるとそのシーンの場所性を示すロングショットを冒頭に置くものだ。ところがユンエディットはほとんど入れない。入れなくても場が変わったことが観客に理解できる。できるように撮影段階できちんと画に情報が書き込まれているのだ。この説明ロングを省略でどれほど内面の緊張が持続できているか。
余情はユンエディットの最大の見せ場だが、ここでは音楽のカットにまたがっていく手法が絶妙だ。しかも音楽は10足らずのパターンとなっているから、その音楽を聴けば、観客は自動的に悲喜が理解できる。

でも、そういう技術的なことに拘泥したくない。物語の語りのうまさに陶然とする。このドラマの主題は「運命の恋」。チュンサンとユジンは出会うべくして出会う関係であることが骨頂だ。内田樹氏も言う宿命の愛だ。それはシナリオにおいて、実に巧みに作りこまれている。二人のシナリオライター、キム・ウニとユン・ウンギョンさんの語っていることに耳を傾けたい。

その著『もうひとつの冬のソナタ』で、避けられる恋なら運命ではないという。
 ユジンは、仕事の相手がチュンサンそっくりのミニョンだと知っておののく。運命的なものが近づいていると直感で知ったユジンは避けようと、その仕事から降りようとするが、運命は二人を皮肉にもさらに引き付けさせていく。しかもチェリンの悪意によって、ユジンは苦境に立たされながら、そのことが返って二人を引き寄せることになるのだ。
その自分の運命の流れにユジンは大きな不安を抱く。運命の愛が近づいているとユジンは婚約者であるサンヒョクにはとうてい言えない。言えるはずもない。

だが、第4話「忘れえぬ恋」の最後に、二人の関係性を知ったサンヒョクは動揺する。
ユジンが嘘をついたことに腹を立てたわけではなく、これからやってくるだろう運命の非情さを予感して動揺したのだ。

そうだ。避けようと努力して避けることが出来るぐらいなら、運命の愛ではないのだ。一直線に繋がるのではなく、禍福があざなわれて、運命は少しずつ二人をからめとっていく。

このドラマの良さを挙げればキリがない。今夜はここまでにしておこう。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2008-07-27 01:09 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< 物語の作られ方 承認 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧