定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント

世界わが心の旅

 世界わが心の旅

「世界わが心の旅」というシリーズを作ったことがある。番組のテーマ音楽はむせび泣くようなヴァイオリンの切ない曲で、一度聞いたら忘れられない名曲だった。今も、衛星第2の午前中に再放送しているから、「名曲だった」と過去形で語るにはまだ早いかもしれない。
 著名人が世界の各地に飛び、その地にまつわる自分を語るという旅ドキュメンタリーだ。1993年に始まり2003年まであしかけ10年続いた、衛星放送の看板番組だった。私は後半の1年余りを担当した。実際に現地まで出かけて撮影し編集まで関わったものから、編集に関わっただけのものまでおよそ20本制作した。
 実際に旅に立ち会った作品は、オノヨーコとノルウェー、葉祥明とアッシジ、太田治子とオランダ、檀ふみとニューヨーク、堀江謙一とサンフランシスコ、などである。
 かつて海外渡航ブームで日本人が世界に出かけた頃、この番組は大いに受けた。この数年の不景気で海外熱もやや冷めた観がある。番組が終了したのも当然かもしれないが、この番組がもっていたエネルギーは、私自身にとっても大きな力を与えてくれた。作品回顧とは別に、折に触れて「世界わが心の旅」のエピソードを語っていこうと思う。

 檀ふみさんとニューヨークを訪ねたのは冬だった。かの地の寒さは東京に比べて圧倒的に厳しい。ダウンタウンを数分歩いただけでも寒気が体全体を包囲する、そんなかんじだった。ふみさんの旅はお父さんの足跡を辿る旅。父、檀一雄は「火宅の人」で知られる無頼派の作家。本当は太宰治らと文学を追求する真摯な作家だ。戦後流行作家として活躍する。実生活は文字通り火宅の人だった。というよりも人生を振り返ると、それは火宅――家がドタバタで混乱すること――以外なにものでもないと自己認識したのではないだろうか。
檀はある女優と恋に落ちる。ふみさんたち家族の元から愛人宅に通いつづけついには同棲するまでとなっていた。だが、ふみさんたち兄弟姉妹にはいい父だった。
 やがて檀は女と別れ、家族を残して世界旅行に旅立つ。最初がアメリカで、ニューヨークでは長い逗留となった。彼は自殺未遂を起こす。顛末は小説「火宅の人」に書いてある。番組はこの出来事をふみさんが現地でみつめる旅としたのだ。
 当初、檀一雄を世話したユダヤ人の秘書が出演してくれる予定であったが、高齢で体調がはかばかしくないという理由で断られた。予定が狂った。さあ困った。大事な証言者がいないのでは番組の骨格が崩れる。あれこれ考えジタバタ動いた。ますます混乱する。
 ディレクターと私は知恵を振り絞った。挙句、檀が自殺騒ぎを起こしたホテルの一室にふみさんを「押し込めて」自分と父檀一雄のことを深く見つめてくださいと、引導を渡した。ひどい話だ。さすがにふみさんも眉を少しひそめたが、わかりましたと言って「火宅の人」1冊をもって部屋に閉じこもった。
 翌日、部屋を訪れてカメラを向けたとき、ふみさんは実にすっきりした顔で、父の気持ちが少し分かった気がすると話し始めた。その話は感動的だった。むろん、この朝の撮影の数日前から檀の足跡をたどってニューヨークをふみさんが歩いたこともあって檀の動きを把握したからだろうか、ふみさんは檀の当時の苦悩をよく把握した。共感を示した。そして父と太宰の関係をてがかりに檀一雄の文学と正面から切りこんだのだ。
父のことを語るふみさんの表情は懐かしさにあふれていた。この時のサブタイトルは「父よ、ニューヨークの悲しみよ」。
今も時折ブラウン管で見るふみさんはケラケラ笑う明るい女優で、ニューヨークのあの表情とは格段に違う。でも父のことを語るふみさんは凛として美しかった。
私は檀一雄の最期の句を、今頃になると思い出す。もがり笛とは木枯らしのこと。花とはむろん桜のことだろう。
  もがり笛 いく夜もがらせ 花に逢わん
この句の碑は、檀一雄ゆかりの福岡の能古島に立っている。

人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2005-03-02 15:02 | シリーズ世界わが心の旅 | Comments(2)
Commented at 2005-03-10 21:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-03-11 21:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 冬のソナタクイズ③ 冬のソナタクイズ② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧