人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

渚にて

渚にて

今日が祝日ということを失念していた。8時半を廻っても家人たちが起きてこないので、一人でやきもきしていると、「休みなのに、なにバタバタしているの」と寝ぼけた声で問われた。
む。すっかり忘れていた。ベッドに戻って本を読むことにした。サリンジャーの「キャッチャーインザライ」村上春樹訳。読み始めたら止まらない。こんなに鋭い小説だったのかと改めて思う。初読のころは、ヴィックスが風邪薬なんてことを知らなかったから風俗が分からなかったように、それほどストーリーもスタイルもよく分かっていたとはいえない。今回読んでみると、筋がきっちり浮かび上がって来る。ホールデンの気持ちも共感できる。

主人公ホールデンが退校になるプレッピースクールはどうやらニュージャージーのプリンストン大学の近郊にあるという設定だ。この20年の間に私はプリンストン大へ4回訪問したから何となく土地勘が生まれ、この小説を読んでいると、風景が浮かんでくる気がする。

と昼過ぎまでだらだらしていたら、家人たちは午後になってそれぞれ東京へ帰って行った。
午後2時過ぎ。海水浴に行こうと思い立つ。家人がいればきっと反対するにきまっている。年寄りの冷や水とかみっともないとか言って、押し留めるだろう。だが、今は誰も反対しする者もいない。

大磯町立図書館に本を返した足で、大磯こゆるぎの浜に出た。海の家にはお笑いの舞台が作られていた。これほどまでお笑いがブームが広がっていると感心する。ばらばらとだが一応観客もいる。海には800人ほどの海水浴客。

大きな波が出ている。じりじりと焼けた砂浜に水虫の足を突っ込むと気持ちいい。
さっそく、一泳ぎ。10メートルほど出て、浜と平行に泳ぐ。時折大波が来て、体を揺する。一度だけ海水を飲む。ゲホゲホしながら、それでも平泳ぎ。

20分ほど泳いで、砂浜で休む。目の前の水際に2歳ぐらいの男の子と女の子が水遊びをしている。別々に来たらしいが、同年代の親しみを感じているらしく、二人はなんとなくいっしょに遊んでいるようだ。
やがて、女の子の母親らしい女性が連れに来る。その女の子は母といっしょに砂浜に上がる。そこには父親が待っていて、3人で仲良くパンやジュースを飲み食いしている。

残された男の子はその様子をじっと見ている。
やがて、母親が来た。40近い。看護師でもやっていそうな、きりっとしたスリムなお母さんだ。男の子の手を引いて、自分たちのパラソルの下へ行き、食べ物を取り出した。
男の子はお菓子を受け取って、口いっぱいに頬張りながら、さきほどの女の子の家族をじっと見ている。

勝手に想像してみる。
その子の母はシングルマザー。たまの休みということで、二人で海に来た。いつも保育所に預けっぱなしだから、せめて今日ぐらいはと張り切って連れて来たのだ。だから、子供用のサーフボードも大型パラソルも奮発して揃えてきた。
だけど、この男の子が一番欲しい、お父さんはいない。他所の子を羨む、わが子がせつないと、シングルマザーは思う――なんて、白日夢を見た。
ちょっとだけ、その男の子の頭を撫でてやりたくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

渚にて_c0048132_17551069.jpg

こゆるぎの浜で拾ってきた貝殻
by yamato-y | 2008-07-21 17:12 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2008-07-21 18:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< やっぱり 冬ソナは誰のもの >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧