人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

スケベ良

スケベ良

近頃、セクハラなんて言葉が生まれてから、ジジイがする猥談を耳にすることがとんとなくなった。ところが、ここに猥談の名人がいる。
朝から、池部良のエッセーを読んで一人で腹をかかえて笑い転げている。馬鹿馬鹿しいのと、オトナの男の幼稚さが入り混じった池部文体。ダッチョ、カンジタ、マラ何とかって病気つまりマラリヤ、痔と便秘、梅毒、お尻の残温、左ボクゼンの十・五.桜紙の押さえ,等等。よくまあ、こんなに卑猥語・表現が出てくるものだ。漱石の悪口雑言尽しに匹敵するのではないか。抱腹絶倒の猥談オンパレード。たいへんな「芸」だ。

そこに出てくる話はいずれもノンフィクションとは言い難い。それらしき話の種はあったのではあろうが、真実とは思えない。かなり針小棒大に脚色してあるとみた。なあんて、野暮なことは言わずに池部独特のサービス精神を味わえばいいのだ。おもてなしという本来の意味でのエンターテインメントに池部は徹している。それにしても、話がよく出来ていて飽かずに読ませる。中で、私のお気にいりの作品は「恥骨」。

そのエッセー、友人の娘の仲人を頼まれたときに、スピーチで語ったという設定になっている。新郎新婦を見ていたら、昔出演した「青い山脈」の撮影のことを思い出したのだと、池部は話のマクラを切り出す。そこで共演した美少女、杉葉子の話に及ぶ。当時としては珍しくモダンなグラマーな女性だったと、思わせぶりな口調。その杉が池部に水泳を教えてくれと千葉の海岸で“懇望”した。寒いから嫌だと一旦断ったが、懇望もだし難く池部は教えることを引き受けた。

《胸元まで浸かってから、杉君、僕の手の平に君のお腹を当てて、犬掻きをやってごらんと言いましたら、彼女はやりました。私は腕を差し出し、手のひらを開いているだけで動きませんでしたが、彼女がばちゃばちゃやる度に、彼女の身体が少しずつ前へ移動しまして、ついに私の手のひらに彼女の恥骨、つまり恥ずかしい骨と書きます、女性特有の下腹部で盛り上がっている骨ですが、そこが私の手のひらに、ぴたりと当たり、更に移動したら、次第に生暖かく、吸い付いてくる感じにな…》
と、ここで新婦の父が慌てて止めに入ったと、池部は残念そうに書いている。

後年、池部良はスケベ良と異名をとったという。私は納得。

しかし、「青い山脈」に、こんなエピソードがあるとは思いもよらなかった。新制女子高生新子と旧制高校生六助の恋物語。敗戦直後の虚脱した日本に青春の息吹を吹き込んだといわれた名作の裏に、かくもオクユカシイ話が隠されていたとは。さらに驚くのは、この高校生六助を演じたとき、池部は31歳だったというではないか。南方の戦場から帰還した兵隊がかくも瑞々しい演技を満天下に示すことができたのも、こういう池部のきわめて人間臭い生き方、人となりに由来していたにちがいない。

ところで、20代後半にあって高校生を演じたぺ・ヨンジュンらは、その裏側にどんなエピソードが秘められているのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-20 16:03 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< 冬ソナは誰のもの 朝の雲 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧