人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

現実への逃避

 現実への逃避

昨日起きたバスジャックの犯人は14歳の中学生だった。
名古屋駅から東京駅行きの高速バスに乗車し、バスが走り出した後、運転手の首に果物ナイフを突きつけ、「とにかく走れ」などと脅し、10人ほどの乗客を監禁したという。
その動機を新聞で読んで唖然とする。どうやら、同級生の女の子にふられて感情がもつれたらしい。その女子にふられた後も少年はからんだので、学校側からの注意が両親のもとにいき、それを受けて親子の話し合いのなかで、少年は親から叱られたようだ。少年は、父(42)と母(41)、妹の4人家族と報道されている。
 少年は逮捕された後の警察での取り調べに「親にしかられ腹いせにやった。家庭をぐちゃぐちゃにしたかった。世間を騒がせたかった」などと話したという。

この少年の親の気持ちを思う。失恋して素行が荒れていると学校から知らされ、子供を呼んで説教したのだろう。親としてはまず普通のことだ。
その叱られたことを逆恨みして、こんな事件を起こされるなんて、おそらく両親にとっても予想外だったにちがいない。親子喧嘩のはての子供の反抗といっても度を越している。

たしかに、思春期のとば口で失恋なんてことに遭遇すると、心が乱れ感情のコントロールができなくなることもあろう。いっそ、世の中が滅茶滅茶になったらと妄想することもある。事件を起こして自分が破滅したらと自虐的になることもあろう。
だが、たいていは頭のなかの妄想であって、実際に行動を起こすまでにはかなり大きな溝があるはずだが、この少年は一気に飛び越えている。

今読んでいる岩波新書『不可能性の時代」(大澤真幸)の一節が響く。我々は今、虚構の時代の終わりにあって、不可能性の時代へと移行しつつあるという。虚構の時代の欲望をさらに徹底化させた超虚構の時代にある。そこでは「現実への逃避」が行われると大澤は説く。「現実からの逃避」ではない、「現実への逃避」。現実以上の現実。〈極度に暴力的であったり、激しかったりする現実へと逃避している〉。
まさに、昨日のバスジャック事件は、その例としてあまりにぴったりではないかと大澤の指摘に慄然とする。

アイデンティティの喪失ということが、思春期に起きるとエリクソンが書いている。彼がこのことを書いたのは、第2次大戦から帰還した若い兵士のなかに心を病んだ人たちがいたことから探求したのだ。
アイデンティティとは、自分とは何か、自分はどう生きればいいのか、社会のなかでの役割は何か、というようなことだと、神谷美恵子はまとめていてくれる。
自分は何かということは、自分は社会でどう生きるかということと密接に関連している。だから、未開社会などで役割がはっきりしている場合、若者は迷うことは少なくなる。全体主義の時代、兵隊となって御国のために死ぬという、他者の欲望がはっきりしている場合、若者は悩むことはなくなる。

自由にしていいといわれると、若者は生きるのに苦しい。
どうやっていいのか分からないという追い詰められたことが起きる。学生たちに就職の悩みを聞くと、自分が何をしたいのか分からないから就職できないという。モラトリアムといって、ニートであったり非正規雇用であったりする若者たちを貶める論が、右派雑誌などで見かけるが、それって違うのではないか。

昨日の少年の衝動は、特別のことではなく、かなり多くの若者が同じような「現実への逃避」を胸中にかかえているのではないだろうか。



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

 
by yamato-y | 2008-07-17 07:42 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 漫画編集者 通勤快速、高崎線籠原行き >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧