人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

通勤快速、高崎線籠原行き

通勤快速、高崎線籠原行き

平塚発の通勤快速で都心に向かう。
平塚始発のこの電車は必ず座ることができる湘南ラインだ。80パーセントの乗車率で平塚を出て茅ヶ崎で満員になる。4人掛けの窓際に座ればパソコンをうつこともできる。

やはり湘南は都心に比べて2,3度気温が低いと思われる。窓を開け放しで寝ていると、明け方はかなり冷えこむことになり、夏風邪をひきやすい。

今朝はどんよりとした空で、ツヴァイク道も暗かった。冬の森に比べて夏は暗いものだ。
9時過ぎだというのに自動点灯の街灯も明かりをともしていた。

辻堂あたりから薄日がもれてきた。今日も暑くなりそうだわい。気分は「東京物語」の笠知衆となる。
昨夜はYoutubeで懐メロを探して、放歌放吟した。今お気に入りは「琵琶湖哀歌」だ。金沢の四高生のボート部員が琵琶湖で遭難したことを悼む歌で、15年戦争の勃発する直前に起きた事件を題材にしている。

この事件が起きたとき、娘時代を大津で過ごしていた母は、警察が捜索していることを覚えていると言っていた。加えて、四高生の事件となれば、満更私にも遠い事件とも思えない。歌は東海林太郎と女性歌手のデュエットになっている。歌いながら、青山テルマという若い歌い手もいいが、こういう沁みるような抹香くさい歌も聴きたいものだと、今の音楽状況に不満をもつ。

だが、考えたら新しい曲の出現にばかり期待しなくてもいいのだ。ネットの世界にはかなり古いかつマイナーな音楽が充満している。データベースという状態で音楽はフラットに遍くあるのだ。それを探し出して自分の「物語」として再編成すればいいのだ。それが、ポストモダンにおける音楽の楽しみ方ということかもしれないと、思い直した。

電車は多摩川を渡り、大井町を通過。まもなく大崎だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-16 15:28 | Comments(0)
<< 現実への逃避 懸命に考えているとき >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧