人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

海開き(2008)

海開き(2008)_c0048132_20181454.jpg
海開き(2008)
昨日は、紅葉山の大掃除だった。茂った雑草を刈ったり枝をはらったり、久しぶりに大汗をかいた。裏山の枝が道に張り出しているのを切ったほうがいいというので、この班の男手は私しかなく、鋸の柄を握ることになった。不器用な私だからなかなか枝が切れない。枝にまた別の蔓が絡んだりして厄介な姿になっている。ゴシゴシやっているうちに腕のあたりがむずむずしてきた。
向かいの奥さんが「このあたりは漆が久保という名前のように大きな漆が何本もありますね」と呟いた途端、むずむずする上腕は赤く腫れあがった。かぶれたらしい。昨夜はあまりの痒さに夜中目が覚めた。

そして、今朝は全山霧に包まれた。
昼過ぎ、パンパーンと景気のいい花火が上がる。海開きの合図だ。やや肌寒いが予定通りに大磯海開きが行われるようだ。図書館に本を返却しがてら海にでも行ってみようかと思った。

下界に降りると霧はなかった。こゆるぎの浜には1000人ほど出ていた。砂浜には茶屋が5つばかり建っていた。海開きにしてはややさびしいが、騒音や生演奏がないだけ落ち着いていて悪くない。
私は水際まで行って、鹽水(しおみず)をかぶれた左腕にかける。昔、こうやって汗疹を直したことがあるから、漆のかぶれもそのデンに習うのだ。
それにしても肌寒い。海には霧が流れていた。平塚方向から大磯に向けて白い霧が次々に流れ込んでいた。こんな夏は見たことがない。
海開き(2008)_c0048132_20182715.jpg
海開き(2008)_c0048132_20183823.jpg

帰途、大ガードを潜り、湘南平に向かう麓から、わが紅葉山を見上げるとすっぽり霧に隠れていた。ツヴァイク道はいつもと違って荒々しさに満ちていた。緑の魔窟と呼びたい。

家にもどってシャワーをあびる。
図書館で新たに借りた、池部良の『風クラシック』というエッセーを読み始めたら止まらない。不良老年の艶笑譚がこれでもかと言わんばかりにつまっていた。昔から、この人の漢詩交じりの「素養」解説付き小話は大好きだが、この集はナカンズク面白い。
櫛風沐雨・・風に髪をくしけずり、雨で体を洗い流すか。昔の人はうまい言葉を使うなあ。
海開き(2008)_c0048132_20184833.jpg

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-06 20:18 | Comments(0)
<< こんな生き方もある 霧降 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧