人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

待ちましょう

待ちましょう

ハリウッド映画「ボーイハント」を見たのは中学生の頃だから、今から40年以上前のことだ。男をハント(狩する)するという女たちの物語で、当時ずいぶん大胆な性典映画だと思われていたし、私も見るにあたりそう期待した。

ところが、実際に見てみると、悪い男に騙されて傷つく女子大生の話だった。期待は裏切られたが、内心ほっとしていたのはなぜだろう。フェミニストからは叱られそうな心情というか、女は弱く繊細なものだと思い込んでいたフシがある。

この映画の主題歌はコニー・フランシスが歌った。Where the boys areというリフレインが美しい。たしか、英語だけでなく日本語でも「待ちましょう、巡り合える その日を、静かに待ちましょう・・・」と歌ったはずだ。せつなくあまいメロディだった。日本人で歌うなら伊東ゆかりがよかったが、やはりオリジナルのコニーの「ボーイハント」のほうが心にしみた。
伊東ゆかりなら「バケーション」だった。V・A・C・A・TIONとパンチの効いた歌はよかった。この歌の歌詞で「マッシュポテトを水辺で、」という意味が分からなかった。潰したジャガイモって何だろうと首をかしげた。

湘南新宿ライナーに乗って大磯を目指している。漆黒の闇のなかを列車は轟轟と疾走する。窓の外に広がる暗闇を見つめながら、ボーイハントのメロディを口ずさむ。この映画の悲劇のヒロインはたしかイベット・ミメオだった。(週刊平凡ではミミューという表記もある) 妊娠が判明して呆然として雨の中をさ迷うシーンが忘れられない。あの女優は、その後「タイムマシン」などにも出ていたが、70年代に入ると見なくなった。どうなったのだろうか。
後にジャクリーン・ビセットが登場したときイベットが名前を変えたのかと思ったことがあるほど、二人はよく似ていたが。

この映画を見たのは、ある紡績工場の食堂だった。金の卵として集団就職していた女子工員の慰安のための映画会に私は友達といっしょに潜り込んだのだ。まわりはお姉さんたちばかりで、男は映写技師と私たちの3人だけだった。映画が終わって灯りがつくと私と友達はバツが悪くもじもじした。

あの頃アメリカは遠かった。フロリダなんて同じ地球にあるとは思えず、まさに地上の楽園に思えた。学生が休暇に友達同士で車で旅をするなんてことは夢のような話だった。あんな贅沢な暮らしが出来たらいいな、自分が運転する車で世界中を走り回ることが出来たらどんなに楽しいだろうと、帰り道友達と話し合った。
あのときの友達って誰だっけ。姿は覚えているが顔が思い浮かばない。つげ義春の漫画で顔が黒く塗りつぶしてある、あんな姿が浮かんでくるだけ。

♪ボーイハントを聴くと、そんな時代が甦ってくる。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-05 12:18 | Comments(0)
<< 霧に隠れて 星祭 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧