人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

立体テレビ

認知

立体テレビというものを初めて体験した。映画の大きなスクリーン画面では見たことがあるがブラウン管の走査線上の映像というのはこれまでなかった。
映画同様、赤と青の眼鏡をかけて見る。右と左の目の視差を利用して遠近感を味わわせるためだ。

スクリーンで見るときは、視野全部にその映像が入ってくる、というか巻き込まれているから、体全体で立体感を味わう。ところが
29インチのブラウン管では、視野の中央に映像があっても周囲の風景も視野のなかに入る。そうすると、奇妙なことが起きる。

立体映像を見ているのだが、ときどき認知が2次元になっている。自分が見ている画像は2Dではなく3Dであると、自己励起してやらないと画像が立体化しないのだ。画像はあくまで3Dで流れているのだが、放っておくと2Dの認知になっている。

どうやら人間の脳は遠近を必要としない場合は、外景を2Dで見ているらしい。脳が3Dにいつも合わせていると脳自身が疲れるからだ。
つまり、遠近が必要なときとは、モノを取ろうとするときとかモノが目に飛びこんでくるときとか、歩いているとき走っているときとかである。座ってじっと何もしないときは、主体には何の刺激も危険もなければ、見ることは2次元でとどまるらしい。

人間の脳のくせか。他の感覚器官でもそういう認知が下位で止まる方法はある。
例えば、聴覚。今私は寝床にいてこの文章をパソコンでカタカタ打っている。ベランダの向こうに聳えるケヤキが風に揺れてさわさわと葉ずれをたてている。遠くから犬がケンケンと細く鳴いている。さらに遠くから高速道路の車両音が鈍く響いてくる。パソコンに集中していると、すぐ車両音は無くなり犬も消え、葉ずれもしなくなる。間近のパソコンの音さえ忘れる。そして、音が消えていたと思った途端に音はすべて甦る。
嗅覚の場合はとくに自動的に麻痺しやすい。異臭があってもしばらく経つと慣れて気にならなくなることが多い。

人間は四六時中五官をすべて使っていたら脳は相当疲れることになるのだろう。省けるところは省いて認知するようになっているのかもしれない。これって、映像の圧縮技術とよく似た考え方だ。日本のアニメ技術もそうだった。動く必要があるモノだけ動かしてそれ以外は動かさないという方法だ。

ところで、私の見た立体テレビの映像制作経費はかなりのローコストである。映画で同様のものを製作しようとすればおそらく桁が2つから3つは違うだろう。なにせフィルムでなくビデオテープですむから,何度も撮影できるし、画像処理も簡単だ。なにより簡単なのはカメラだ。単眼ですむ。普通、立体撮影の場合、2つのレンズを使うものだが、私の昨日見た映像は1つのレンズで撮って立体化させるというすぐれものだ。
しかも、さきほどの私が見た29インチのブラウン管だけでなく、画面を拡大してスクリーンにも投影できる。だから、実際に観客に見せるときはスクリーンの大画面にして見せることにすればかなりの驚きを与えるに違いないと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-03 08:12 | Comments(1)
Commented at 2008-07-03 17:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< いろんな話 冬ソナの女性像① >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧