人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬ソナの女性像①

オ・チェリン(パク・ソルミ)①

「ジェンダーで読む〈韓流〉文化の現在」という面白い本がある。2005年、つまり「冬のソナタ」が放送された翌年に城西国際大学のジェンダー・女性学研究所の主催で開かれたシンポジウムの報告が基調になっている本で、そのテーマは「冬のソナタ」である。

いくつも興味ある発言があるので、これから順に取り上げるつもりだが、まずこのドラマの女性の人物像にこだわった部分を引用し、考えてみたい。発言者は東京女学館大学の尾形明子教授。専門は日本近代文学だが、この「冬のソナタ」にはかなり入れこんだと思われる発言が続々と出てくる。

まず「冬ソナ」には八人の女性が登場する。ユジン、チェリン、チンスク。この3人は高校の同級生。18歳の頃から10年後、その3年後が描かれる。つまり28歳、31歳の年齢の女性像が現われてくる。次ぎに、彼女等の母親世代、ユジンの母、チュンサンの母カン・ミヒ、サンヒョクの母と大体最初は40代でドラマの後半では50代になっているだろう。後の二人はユジンの妹ヒジンとユジンの会社の女上司チョンワさんだ。

この女性群で尾形さんはチェリンが好きだという。
まずチュンサンと出会ったときからあなたは私のことが好きでしょうと、背負ってる発言をすること自体が可愛いという。男の私から見ると、可愛いというより偉そうでウザイ女だと思うが、女性から見れば可愛いらしい。このチェリンを尾形さんは以下のように読み取る。そのイメージの膨らまし方は実に細かい。私も無意識に感じていたことを、尾形さんはしっかり顕在化してくれるので、拝聴したい。

《(チェリンは)おそらくは家も裕福で、美人で、頭もよくて。何しろ若いのにパリから帰ってくると自分でブティックを持って、バリバリ仕事をしているのですから、大変に才能があります。おそらくデザイナーとしてだけでなくて、経営者としても、実務家としてもすごい能力があるんだと思います。だってもしかしたらミニョンがチュンサンじゃないかと思ったときに、彼女は真っ先に興信所を使いますよね。そして、ちゃんときちっと調べ上げてしまう。》

尾形さんの洞察は深い。チェリンはきれいなだけでなく頭のいい娘なのだ。おそらくユジンに次いでクラスで2番目に成績のいい女子生徒だろう。1番のユジンに対してもあからさまなライバル意識をもっている。
実は、このドラマを見始めた頃、このチェリンが相当意地悪で恋仲の二人にいろいろあくどい嫌がらせを続けてゆく人物だと思った。ところが、10話あたりから彼女の犯す意地悪は減っていったのだ。サンヒョクがいつまでも二人にとって重荷になったのに比べて、チェリンはかなり早くに三角関係を諦めるのは意外だった。
尾形さんもチェリンは善意なのに、ユジンに比べられて損な役回りだと指摘している。ミニョン(チュンサン)を大事に思っているのに、その恋人が取られそうになれば、不安になりチェリン的行動をとるのは当然ではないかと、尾形さんはチェリンのカタを持つ。

そのチェリンが酔っ払って泣きながら叫ぶ場面は心に残る。「彼の心の中には私の居場所はどこにもないの。もうユジンの場所だけなの。なぜ私が好きな人は私を必要としてくれないの。なぜそばにいられないの」

こういう苦しみをかかえていることに、主役の二人は気がつかない。その鈍感ぶりを尾形さんは苛立つ。「幸福な恋人たちというのは、いつも大変鈍くて、これはもう二人の世界だけを信じていますから、痛みは感じながらも本当に鈍いですね。」(尾形)

ユン監督は、このチェリンの酔った場面で実に素晴らしい演技を彼女は見せてくれたと絶賛した。→続く。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-07-02 14:07 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 立体テレビ 飯島監督 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧