人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

奇遇というか

奇遇というか

大学では3つの主題のドキュメンタリーが制作されていて、4月に企画を立て5月に取材をし、6月は編集の段階に入っている。それぞれのネタはユニークだ。
学生が贔屓にしている食堂SAWARA。北白川のラーメン激戦区のラーメン店相互協力。先斗町の置屋さんお茶屋さんの内部潜入。

どれも、若者が感じ取った現象でそれなりに面白い。そのなかで先斗町チームは女子学生Aさんの発案でディレクターも彼女が行っている。
この企画は彼女が先斗町のラウンジでアルバイトしていることから生まれた。そのラウンジのママは、先斗町の有名なお茶屋の女将さんで、その伝手で今回取材が許されている。実際に舞妓さん芸妓さんの化粧や着付けなど、めったに撮影できない女性の聖域までカメラは深く潜入している。こういう撮影が可能になったのは、ディレクターAさん、カメラマンBさんともに女性という体勢だからかもしれない。

そのAさんが私に一枚の紙を渡してくれた。見ると、文楽三味線の鶴澤清治さんからのメモだった。それは私と鶴澤さんしか知らないある計画についての返事であった。驚いて、なぜこんなメモをあなたが持っているのかと聞くと、鶴澤さんは彼女のアルバイト先の常連で、店でたまたま今回の先斗町ドキュメンタリーの話が出たそうだ。そこに居合わせた鶴澤さんがぼくも去年テレビに3ヶ月密着されたことがあるよと話したことから、私の名前が出た。

その人が私の先生ですと、Aさんが話して、鶴澤さんは驚くやら喜ぶやらでメモを彼女に託した。
一方、私はそのメモに驚いたが、夕方三条大橋で打ち合わせがあったので、すぐには電話が出来なかった。私の好きなミンミンでギョーザ定食を食べながら、打ち合わせは意外に簡単に終わった。その後、鶴澤さんのケータイに電話をしたところ、同じ三条で夕食をとっているから店まで来ないかと呼びかけられた。

いそいそと、そのおばんざい屋へ私は出向いた。カウンターで鶴澤清治さんがすき焼き鍋を食べていた。「お久しぶりです」と声をかけると、鶴澤さんは嬉しそうに手招きする。
再会をおおいに互いに喜んだ。話は盛り上がって、そのAさんがアルバイトしている店に行ってみようということになった。

そのラウンジはお茶屋の一階にある。つまり、ラウンジの上はお茶屋のお座敷。だから女将は2階では女将さん、1階ではラウンジのママとなり、Aさんは一階のアシスタントとしてカウンターのなかに入っていた。
それからは、この奇遇を話の軸に、おおいに盛り上がり、先斗町の夜は更けるのであった。
by yamato-y | 2008-06-27 08:57 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< けなげな愛好者のために ベランダの雨露 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧