人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

かえり道

かえり道

吉本隆明が大庭みな子との対談で、「かえり道」という言葉を持ち出していた。
冷酷無惨の道をまっしぐらに駆け抜けたとして、そのかえり道にはセンチメンタルとナルシズムをかかえこむこともあるだろうと言う。
それが太宰治であり、詩人であれば中原中也だと吉本はみている。

このかえり道という表現が心に残る。

最近のテレビ番組はあまりにメッセージばかりが目につく。
サミットが近づいて、どこの局を見ても「エコロジー」のテーマが多くなっている。そこで語られるのは、環境を大切にしようというメッセージばかりが声高な番組だ。このエコのキャンペーンというのは、10数年前には「地球船宇宙号」というキャッチフレーズで語られたこととよく似ているなと思う。

地球というのは宇宙にぽつんと浮かぶ船のようなもので、そこにはすべての生命が乗り合わせている運命共同体だから、大切にしていこうというメッセージがこめられていた。
その趣旨は大事だと分かるが、なんでもかんでも、いつでも語られていると、なにか反発もしたくなったものだ。そんな”大きな”枠組みより、目の前で起きているコソボのような紛争や景気の衰退をどうするかが問題だろうといった感じで。

この誰も反論できないような立派なメッセージというものが、前に立ちはだかった番組というのはいささか憂っとおしい。
やはり、「かえり道」のような場面で、やや湿り気を帯びた感情的な表現というのが必要じゃないだろうか。

別にキャンペーン番組だけではない。昨今のお笑い番組の洪水にしてもそうだ。あまりに笑いにばかりテレビは向き合い過ぎてはいないだろうか。
深夜のチャンネルはほとんど同じ顔ぶれのお笑い芸人の世界だ。

お笑いも本来かえり道の芸だったと思うが、今は往き道からかえり道までずっととなっている。一本調子だ。

これは他人事ではない。私の作る番組もメッセージだらけで、しかも最初から終わりまで一本調子になっているという隘路にはまりがちだ。
自戒をこめて、かえり道の導入を考えねば。

追伸:夜7時になって間違えた表現に気づいた。「地球船宇宙号」ではなく「宇宙船地球号」だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-25 08:56 | Comments(0)
<< うたってゴーのこと 雨雲の切れ目から >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧