人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

センチネル(歩哨)のように

センチネル(歩哨)のように
センチネル(歩哨)のように_c0048132_19225624.jpg


村上春樹の評論を読んでいたら、サリンジャーを無性に読みたくなった。「ライ麦畑でつかまえて」を読んだのは今から30年以上前のことだろうか。ニューヨークのお坊ちゃまホールデンが親と喧嘩してくさくさした気分でニューヨークを歩き回る物語としか覚えていない。ホールデンはたしか妹のことをずいぶん気にかけていた。少年の心をずいぶんナイーブに細々と書いた小説だという印象しかない。なぜ、これが名作と呼ばれるのだろうと首をかしげて読んでいた。その後で、庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』が話題となりその小説の面白さを知ってから、なんとなく「ライ麦」の小説的テイストを理解した気にはなったが。

そのあやふやな記憶の「ライ麦」だが、そこに流れていた雨の休日の昼下がりの気分は私の脳の端っこにこびりついている。
ちょうど、今日の日のような雨季の日曜日だったはずだ。主人公のホールデンがカッパをまとって傘だけもって家を飛び出した――。


昼過ぎ、雨の中目黒を出て品川から東海道線で大磯に帰る。活発な梅雨前線による激しい雨が電車の窓をたたく。電車はいつもよりぐんと空いている。寒々しくヘビーな雨では誰も家から出られるまい。1号車のトイレの前の優先席に座ってウィスキーの水割り缶を片手に、内田樹を読む。

大磯に戻り、紅葉山に向かって歩く。雨はますます激しく。坂道を小川となって雨水が落ちてゆく。春夏秋冬この山のことを記録しておきたいと欲求が起きる。カメラをバッグから取り出し、傘とカバンを片手にもう一方の手にカメラという危なっかしい手つきでシャッターを押す。梅雨どきのもみじ山を本日は撮影しておく。人影のまったく絶えた山道に佇んで森の緑に目を凝らし、雨の日の森の匂いに鼻を利かせる。ツヴァイク道よ。

ホールデンがライ麦畑のキャッチャーになりたいのと同様に、私はもみじ山の「センチネル(歩哨)」になりたい。内田樹は「センチネル」の仕事とは、誰もやりたがらないけれど誰かがやらないとあとで困るような仕事を、黙って引き受けることと記している。
私は奉仕する精神が薄いほうだから、公共のためにセンチネルをやるつもりはない。もみじ山ツヴァイク道と時間が限られた我が家を守るための「センチネル」になりたい。
だから、今日もこの山に帰って来た。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
センチネル(歩哨)のように_c0048132_1922818.jpg
センチネル(歩哨)のように_c0048132_19222191.jpg
センチネル(歩哨)のように_c0048132_19223562.jpg

by yamato-y | 2008-06-22 19:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 雨雲の切れ目から 夢の遠近法 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧