人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

そして冷たい夏となり

そして冷たい夏となり

今朝も明けた。雨はないがどんよりとしている。
6月も下旬になろうとしているのに寒い日が続いている。去年であれば、今頃、毎日汗をかきっぱなしであったと記憶するが。

昨夜は2つの話を聞かされた。一つは20年前のあの忌まわしい出来事の決着であり、もう一つは敬愛する作家に襲った悲運である。二つに何の関連もないのだが、私のなかの「聴覚映像」は重なって響いてくる。

で、どうするのですかい、と自分で問うてみても途方にくれるばかりだが。
追い払っても、その聴覚映像は引き裂かれた寒天のように私のどこかに付着している。

思いなして、今日の予定を考える。
10時45分までに、品川駅新幹線ホームに行く。「のぞみ」に乗車して大阪へ。夕方に取材を始めて、今夜は大阪泊まりとなる。

だから、どうだと言うのだ、と暗い響きが聞こえる。

敬愛する人はパートナーを喪失した。私と同世代のはずだから、早すぎる死だ。
若い頃に遭遇した苦難をともに歩いて来た比翼の人であったろうから、その喪失はどれほど深いものとなっているのだろう。
文学の力はどれほどのものになってくれるのだろう。

枕元に置いた、古井由吉の『聖なるものを訪ねて』を手にとり、ページを繰る。
《死者の静けさということになるが、その静まりを感じているのは生者である。》
何とも意味深な言葉がそこにあった。

静まり、ということで昨日の昼に聞いた話を思い出す。ベトナム戦争末期にカンボジアとの国境沿いの密林を従軍したカメラマンから聞いた話だ。
ある草原まで来たときだ。一面夏草が生い茂っていて遠望できた。ところが草原は静まりかえっていた。あまりに静かであることに恐怖した。後から、ドイツの特派員たちが来てそこを越えて行くが、そのカメラマンは動くことができなかった。
「どうしてですか」と愚かな私は聞いた。

ベトナムの森は煩いほど鳥の声や虫の音がする。それがない。鳥も虫も何かを感じて息をひそめている。
何かとは。おそらく、その草原に夥しい人が潜んでいるのだ。すさまじく緊張した人々がいる。だから鳥も虫もなかない。
「あんなに怖かったことはなかった」
老いたカメラマンは言った。サイゴン陥落のときも留まって進駐してくる北ベトナム兵を撮影した人物で、亡くなった一ノ瀬泰造らと戦場を駆け回ったこともある。そのカメラマンが洩らした恐怖。

死者の静まりというのは欠落したものではなく充満したものかもしれない、とふと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-18 09:06 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< こんな日もあるさ サザンオールスターズ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧