人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

サザンオールスターズ

綺羅星のごとく

昨夜7時から新宿紀伊国屋サザンシアターで、「公共性とエリート主義」というセミナーが開かれた。NHK出版の『思想地図』発刊に際しての記念シンポジウムだ。
講師は東浩紀、北田暁大、姜尚中、宮台真司、鈴木謙介。旧知の姜尚中さんは私と同世代だが、他は若い論客ばかりだ。それでも、ブルセラ時代に寵児だった宮台さんも40過ぎてこのなかでは年長になろうとしているから、他の人たちはあまりに若い。
観客も若い。会場には600人ほどの若い男性たちでいっぱいだった。ほとんどが20代。30過ぎはおそらく学者かギョーカイの人たちであろう。フシギなのは女性の数が少なかったことだ。

国際化、グローバリズムで日本が溶解しつつあるなか、どのように社会システムを打ちたてたらいいのかという議論であった。このところ宮台はエリートというか前衛というか、目覚めた人間が中心になって社会の機軸を作っていくべきという考え方に立っているのだが、その立ち位置に若い鈴木謙介が挑発するという構図でフリーディスカッションが進んだ。相変わらず、宮台の話には現代の古典とでもいうような書物からの引用をしながら説得的、かつエスプリをきかせた話し振りは面白い。私は宮台の文章や話に出てくる書物を、後でチェックするのが趣味としているのだ、実は。

初めて知った鈴木は気鋭の社会学者らしく、今風の言葉遣いで「社会に愛を」と説くのも楽しかった。東は現代最高の若手論客と言われているが、昨夜はやや威勢が悪かった。説得的でないのだ。宮台の論に介入して揺さぶるつもりが、自分の論に絡め取られているような、「再帰的」思索とでもいいたい話となった。

当初の東の目論見は、この溶解状況に対して全体的でなくていいからパートタイム的でいいから考えていこうよという、ぬるいリベラリズムを提唱するつもりだったらしいが、その論を展開するまでに到らず、宮台がもつ社会のシステムの綻びに対する苛立ちのようなものが浮き彫りになる議論だった。といって、この議論が不快だったわけではない。むしろ共有したいと私は思った。あからさまではなかったが、このディスカッションの底流には先日のアキバ事件の加害者の問題があったことを、書きとめておこう。

宮台真司―東浩紀―鈴木謙介、と並ぶ日本の「思想地図」はなかなかワクワクするものがある。サザンオールスターズとでも呼んでおこうかな。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-17 08:54 | Comments(0)
<< そして冷たい夏となり ムッシューの問題提起を受けて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧