人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ムッシューの問題提起を受けて

冬ソナ物語論・補遺

冬ソナ論に、刺激的なアドバイスを受けた。公開的にここで考えることにしよう。さて、ムッシューの意見に耳を傾ける。
まず、私が冬ソナは物語であると規定したことで、ムッシューはこう問題提起をしてくれた。

《それにしても「出来事」は物語を盛り込むしかない、というのはそもそも何故なのでしょう?…もしかすると、「出来事」こそ、語りえない何か、つまりトラウマなのではないでしょうか。ロラン・バルトは、写真論の中で「プンクトゥム」という言葉を使って、主題には収まりきれない特異性のようなもの、何か見る主体を貫くようなものについて語っていますが、そういうものが「出来事」にはある気がします。》

このトラウマという概念が私にはまだ分からないが、出来事つまりわざわざ意識にのぼってくる出来事というのはあらゆる意味で、語りたがる主体にとって深い外傷のようなものであるとは思う。だが、傷はそのままでは他者には伝わらない。

《「それ」を「そのまま」表現するのは不可能です。言葉は、いつだってその「語りえないこと」の周りを逡巡しています。言い換えれば、その逡巡する運動のことを僕らは「物語」と言ってるのではないでしょうか。最近、僕はそんな風に考えております。ヒッチコックの言う「マクガフィン」も、それは、「出来事」を「代理」して被っているのではないでしょうか。その「代理=言葉」の移動こそが物語といえませんか。小さな子どもが「いないいない・ばあ」をやって喜ぶのは、そこに物語=言葉=代理の原初的な体験があるからではないでしょうか。》

だんだん難しくなる。さすがムッシューは若いのに現代思想に通暁しているが、当方は必死で食らいつくことにする。
出来事をできるだけ他者に分かるように形にしようとする営み(必ずしも他者ばかりではない。自分にもということもあろう)をムッシューは逡巡する運動と呼んでいるのではないだろうか。そうであれば、私も同意する。その「原・出来事」をそのまま取り出せないので言葉というものに仮託して表象するとムッシューは見ている。なるほど。言葉とはその本質において代理でしかないということを、まずムッシューは押さえてくれる。

《ところで、今「代理」と言いましたが、ドキュメンタリーもドラマも興味を持っておられるyamatoさんに伺ってみたいことがあります。yamatoさんは、representという言葉をどのように訳されますか?一つは、表象ですね。文化的に表象する、という意味です。それからもう一つは、代表、代弁ですね。政治的に(弱者の声などを)代弁する、という意味になります。ドラマは恐らく私たちの欲望を文化的に表象している、ということになると思うのですが、ドキュメンタリーは果たして文化の表象をしているのか、それとも、例えば「誰かの思いを代弁している」のか、テレビってそこが非常に曖昧な気がします。》

以前から表象という言葉はrepresentということが気になっていた。代表という意味もはらんでいる。そればかりか「再現」というのも含意している。面白いなあ。
この後は、ムッシューはドラマ論から離れてドキュメンタリーに移行しているので、その議論は別の機会にしたい。

この若い友人の助言を得て、再度「冬のソナタ」の物語性について考えてみる。冬のソナタの「原・出来事」とは何だろうか。いや、一言で言えないから物語というメディアを借用したわけだが、あえて大胆にくくるとすれば――

内田樹師であれば、「宿命の愛」ということだろうか。
私は、今ふと思い浮かべたのは、「初恋が再びあなたの前に現れたら、あなたはどうするでしょう」というユン命題だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-16 17:51 | 冬のソナタを考える | Comments(0)
<< サザンオールスターズ 燻製のにしん(red herr... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧