人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

燻製のにしん(red herring)

燻製のにしん(red herring)

ミステリ用語で、「燻製のにしん」というのがあるということを内田樹の著書で知った。偽おとりというかおとりというか、犯罪を追う人間(探偵とか刑事とか)の目を眩ませる偽の犯跡をいう。昔、猟犬を、燻製にしんを使って獲物の匂いと紛らわしくして訓練したことから、この言葉が生まれた。犯人が、自分が犯したとされることから追跡者の目を逸らそうと仕掛ける仕業をいうのだ。

ブログというのは日記だ。3年近くほぼ毎日書いてきたから今では2000件の記事となる。よく飽きないなあと自分でも感心しつつ、書かずにいられない。では、後になってこの記事を読めば、その当時の私の心境がストレートに分かるかといえば、そうはならない。むしろそこで書かれてないことのほうが意味がある。「不在」の意味だ。

週末、東西の二人の文学者の日記を読んだ。「トーマス・マン日記」と「野上弥生子日記」。
いずれも日記文学と呼びたいほど面白かった。野上は夫との諍いや性的不満をかなりはっきりと書いているし、マンは同性に対する関心を隠していなかったりするのだ。本心を曲げずに書いていると思ってしまう。

マンはこの日記の公開を彼の死後20年とした。そこに書かれた人物が生きていたら迷惑がかかると恐れたのだ。いつかは見られるかもしれないと予期して、日記をマンは書いていたと思われる。野上は記述のうえで、いつかは見られるということを前提にしていたのではないか。そうと思われる箇所がいくつもある。こうして書かれた日記文学とはいったい何か。事実として記述されたジャンルと言えるだろうか。

私のブログ体験から考えると、記事として書かれてあることより、むしろ書かなかったことのほうがより多くの私の「真実」がある。書かないと抑圧する感情のなかに、私が在る。

とすれば、マンも野上もその日記は「燻製のにしん」で、実は知られたくないことが別にあったとはいえないか。それは書かれないという不在で示されていることになる。

一国の歴史記述などであれば、「燻製のにしん」は確信犯的に使われているにちがいない。建国の正当性を語るに都合の悪いことは排除して、むしろそういうものから目を逸らさせる事実を馬鹿丁寧に記すというのが、権力者の欲望だから。

以前から、「古事記」をそういう目で読み解きたいと夢想している。たまたま「キトラ古墳発掘」の特集を制作したときに、天武天皇系という勝者は自分らにとって不都合なことをすべて消したと直感することがあった。だから、「古事記」は壮大な「燻製のにしん」かもしれない。

この「燻製のにしん」理論はいろいろな使い道がありそうだ。
以前から関心をもってきた向田邦子の不在の恋人についても、応用できるのじゃないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-16 11:24 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ムッシューの問題提起を受けて 冬のソナタは物語だ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧