人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

99歳の記憶

99歳の記憶

大伴昌司の母、四至本アイさんは1910年生まれ、数えで99歳になる。
ほぼ1世紀生きてこられたことになる。

昨日、四至本さんを訪ねた。先日亡くなった内田勝さんの葬儀の模様を報告するためだ。
大伴昌司晩年の友人は内田勝と作家の平井和正さんであろう。とりわけ、内田さんと大伴は少年マガジン全盛の時代を作り上げた戦友の間柄ともいえる。あの伝説的な巻頭図解の企画を大伴が300以上にわたって世に送り出すことに陰で尽力したのが内田さんだった。大伴のアトリエで明け方まで二人はあれこれ仕事の話や四方山話をしていた。アトリエの隣家に住んでいた母の四至本アイさんは内田さんのことをよく知っていたが、内田さんのほうは大伴が急死するまで四至本アイさんの存在を知らない。大伴の正体は、内田のような親しい者にも秘密にしていたのだ。

大伴死後、内田さんは四至本アイさんの存在を知るのだが、知ってからはこの母のためにいろいろと骨折ってきたこともあって、四至本さんにとって内田さんの死去に対する思いはひとしおのものがあるだろうと思い、私は葬儀に出席できなかった四至本アイさんに報告に参上したのだ。

先年、足を挫いて外出が不如意になったが、耳もはっきりしているし目はまだ近眼ということで、私の報告もすべて四至本アイさんはよく理解していた。それだけに内田さんという息子の同世代の死は辛いだろうと推測した。

四至本アイさんは3日前にやはり急死したSF研究家の野田昌宏のことも言及した。野田さんのことも大伴からよく聞かされていたという。生涯、独身だった野田さんだがそのプライバシーについても、大伴は四至本アイさんに語っていた。だから、相次ぐ死には、心穏やかでないものがあるだろう。

野田さんは日本SF作家クラブの創立メンバーの一人だ。SF第1世代が去っていくことに石川喬司さんも辛いでしょうねと、四至本アイさんは思いやっていた。たしかに、石川さんは内田、野田氏ともに長い付き合いがあった人だ。SF文化、キッズカルチャーの「布教」のために手を取り合ってきたはずだ。この連続の死は、石川さんにもこたえているに違いない。

四至本アイさんは日本SFの50年をすべて見てきた人だ。
だが、もっと凄いのは関東大震災から軍部台頭までの10年間の、日本文壇のことも体験してよく知っていることだ。竹久夢二の最後の恋人といわれる山田順子や、美女作家長谷川しぐれのことも、昨日、私は初めて聞いた。まさに歴史の生き証人だ。その記憶は驚異的なものだ。
昨日、四至本さんからあれこれ聞いたが、まったく知らない話ばかりだった。そこで、社に戻った後、資料室で調べたところ、その情報の確かさに驚く。そればかりか、語られた事実は当事者しか知らないものばかりだった。

長谷川しぐれの主宰する「女人芸術」に注目していたこともあって、そこで「放浪記」を林芙美子が発表したことも知っていた。彼女らの動静について、実によく知っていた。
本気で、四至本さんの聞き取りをやらなくてはいけない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-12 11:42 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 味あう 目となり耳となって >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧