人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

目となり耳となって

目となり耳となって

3D映像という次世代の映像がある。立体テレビのようなものだ。
私はまだ見たことがない。迫力のあることが予想される。

東北の介護施設で、体の不自由なお年寄りに東北3大祭を見せたとき、つよく反応したという話を聞いた。
気になる話だ。音響もドルビーで、見ている人にとってかなり臨場感があったのだろう。

この場合、この映像のソフトは主人公があったりストーリーがあったりするいわゆる番組とはスタイルが違う。いわゆる環境映像と称される。これまで、そういう映像に私は関心をもたなかった。

だが、先の介護施設のエピソードは私の意識を動かす。

13年前の入院生活を思い出した。ベッドに閉じ込められて身動きできない。痛みがある間は、それと闘うということに意識がいっていたが、
緩和されると、退屈というかむなしいというか無聊が私を襲い責めた。窓の外を眺めて、ああ広い場所へ行ってみたい、遠いところへ行きたいという
思いがつのったことを思い出した。

全国にそういう思いを持つ病人やお年寄りがどれほどいるだろう。
その人たちの目となり耳となる映像というものがあってもいいかもしれない。しかもメディアは、525映像からハイビジョンへ、さらに立体映像へと進化している。これは、単に見るということから「体験する」というスタイルに変化していることではないだろうか。

こういう映像を必要とする場とはどんなものがあるか。この3Dを見られる機器というのはどれほどのコストが必要か。何より、お年寄りや患者はどういう映像を欲しているか。このあたりのことを調べてみたい。
例えば、私が入院しているときに行きたいと思った場所は、岡山県の備後落合という山間の駅だった。島根県や広島県と境を接する中国山地の深いところにある駅。ひっそりと、人気のない夕暮れの駅頭に立ちたいと思った。それを、映像にするなら、どういうコンテになるかな。
今の私だったら、私が住む大磯のツヴァイクの道を撮ってもみたいが。

*この記事に間違いがあった。備後落合は広島県だそうだ。備後というのは広島岡山にまたがっていたのだ。思い出した。昔、のど自慢の中継に行くときに、この駅を通過し、そのたたずまいに深く心を奪われた。あれから15年、風景は今も同じだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2008-06-11 09:17 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 99歳の記憶 川崎のぼるさん >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧